「パニック障害を克服する!」絶対的な自信を持つ方法とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の完治・克服には


「完治・克服する!」


という自信を持つことの大切さを
何回かお話しました。


※参考 ⇒ パニック障害を再発させない心構えとは?


自分が目指す目標まで着実に進んでいれば
自信を持つことができます。


しかし、ちゃんと目標に向かえているのか?
わからない状態が続き、疑問も浮かんでいる
かもしれませんね。


そこで、あなたが自信を持つことが出来て、
なおかつ簡単に継続していける方法を
ご紹介します。


この方法は


アファメーション


と呼ばれる方法で、プラスの言葉を用いて
自分に落とし込んでいくというものです。


実際のやりかたですが、


1)自分の目標や願望を紙に書き出す

2)「私は」「僕は」という自分を指す言葉を使う

3)現在進行形もしくは断定的な言いかたをする

4)一つのアファメーションを10回唱える



ではそれぞれ説明していきますね。


1)自分の目標や願望を書き出す


パニック障害を完治した後にやってみたい
思い描く目標や願望がありますよね。


例えば、


「海外旅行に気軽に行きたい」

「好きなタイミングで美容室に行きたい」

「パニック発作に怯えず電車に乗りたい」


といった感じですね。


頭の中に思い浮かぶものをできれば3つから6つ
書き出してみてください。


2)「私は」「僕は」という言いかたをする


漠然と目標や願望を口に出しても、
自分の中に落とし込みはできません。


「私は」「僕は」という言葉で、あくまで
自分はこの目標が欲しいということを
意識しましょう。


3)現在進行形もしくは断定的な言いかたをする


「今〇〇に進んでいる」「〇〇を達成している」


といったような言いかたを心がけます。


「~になりたい」「~を希望している」「欲しい」
という言葉は使ってはいけません。あくまで
現在進行形か断定的な言いかたがルールです。


4)一つのアファメーションを10回唱える


まずは一つの目標を10回唱えるようにしましょう。
小さな声でも大きな声でも良いですが、
必ず言葉にする、ということを意識します。


では、実際の言いかたの例をあげてみます。


「私は海外旅行にいつでも行くことができる」

「私は好きな時に美容室で髪を切ることができる」

「私はパニック障害の完治・克服を達成した」

「私は今、着実にパニック障害の完治に向かっている」



というような言いかたになります。


アファメーションするときは自分の時間や
お部屋の中でもどこでもかまいません。


これを毎日のクセにしてみてください。


意識が変われば、それはパニック障害完治に
向けての自信となり大きな力となるでしょう。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg


【関連記事】
◆パニック障害完治へちょっとしたコツ
◆何をもってパニック障害完治とするか?の重要性
2013.03.05 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ自分で出来る改善方法「パニック障害を克服する!」絶対的な自信を持つ方法とは?












管理者にだけ表示