パニック障害を長引かせてしまう食生活とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


健やかな身体や健やかなこころを形成するのに、
食生活はとても大切な要素になります。


人間の身体を構築する、成長させる、命を維持させて
いくのは、食事からでしかありえません。


もし、あなたの食生活が乱れていて、それが
パニック障害の完治を長引かせていたとしたら・・・
どうしますか?


私三木が出会ってカウンセリングをした
クライアントさん達は、ほぼ例外なく
食生活の乱れがありました。


食生活の乱れとは、例えば極端に栄養価が
高すぎるものの継続した摂取であったり、
ビタミンやミネラルの不足であったりと
いったことです。


一日2回の食事をファーストフードで済ませる人、
または何日も食べ続ける人、お菓子をほぼ主食に
している人、野菜を一切摂らない人、脂肪や塩分、
香辛料や糖分など、特定のものの摂りすぎも目立ちました。


特定の栄養素の不足や過剰摂取は、身体に悪影響を
与え、脳という臓器にも悪影響を与えてしまいます。


様々な栄養素は身体に色々な影響を与えます。


また、心理的なストレスがバランスの悪い食生活の
原因になっている場合も多々あります。


ストレスを感じたら早めに対処・解消する方法を
身につければ、それだけ身体にもこころにも
負担が少なくてすみます。


ファーストフードや辛い物、お菓子を食べては
いけないということではありません。


大切なことは「バランス」なんですね。


今まで食べていたファーストフードに追加して
野菜サラダを食べる。


食事を摂る時間を決めて、お菓子を食べすぎない
ようにする。


出来るだけ薄味を心がけるなど、出来るところから
始めてみるのが良いですね。


食生活が改善されれば、パニック障害の完治に向けて
きっと加速することでしょう。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆アルコール依存もパニック障害と深い関わりがある
◆なぜパニック障害にカフェインは良くないのか?
◆気分を安定させるのに役立つ食べ物とは?
2013.07.01 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害を長引かせてしまう食生活とは?












管理者にだけ表示