アルコール依存もパニック障害と深い関わりがある。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


以前ですが、パニック障害はうつ病との
併発率が高いというお話をしました。


※参考
うつ病とパニック障害は高い確率で併発します。


うつ病の他にも併発する可能性があるものが
ありますが、その中でも、


アルコール依存症


というのも、かなり高い確率で
併発すると言われているんですね。


パニック障害が発症する以前からアルコール依存症
であったり、両方がほとんど同時に発症することも
もちろんあります


ですが、多く見られるものとしては、パニック障害に
伴う不安感や恐怖感をアルコールの力を借りて
紛らわせようとしているうちに、気がついたら
アルコール依存症になっていた・・・というケースです。


一般的にですが、女性は男性よりも短い期間で
依存症になりやすいと言われています。


本人は自覚もなく、何ら問題なくアルコールを
摂取しているつもりですが、周囲の人に気づかれ
ないうちに、アルコール依存症が現れている
ことがあるんですね。


これも言われることですが、パニック障害の
家系にはアルコール依存症の発症率が高い
という報告もあります。


これは元々が不安を感じやすい遺伝的な体質や、
本人を取り囲む環境によるものと考えられて
いるんですね。


もし、パニック障害とアルコール依存症を
併発した場合には、別々の治療に取り掛かる
必要があります。


お酒は上手に飲むと、リラックス効果や
楽しい気分にさせてくれる、素晴らしいものです。


お酒は適量、そして飲まない日を設けるなど
積極的に併発を防ぐことも大切ですね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆うつ病とパニック障害は高い確率で併発します
◆うつ病とパニック障害の意外な関係
◆あなたはパニック障害になりやすいのかもしれません
2013.06.29 10:00 | パニック障害に関わる他の病理 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害に関わる他の病理アルコール依存もパニック障害と深い関わりがある。












管理者にだけ表示