パニック障害は脳機能の異常によって起こります。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害はなぜ発生するのか?


前回は、少しノルアドレナリンと
セロトニンという神経伝達物質の
お話をしましたね。

※参考⇒ なぜあなたにパニック障害が発生したのか?


ノルアドレナリンというのは、生体に危険が迫った
ときに、脳幹の「橋(きょう)」にある「青斑核」
という部分から分泌されるものです。


パニック障害では、この青斑核が何かの理由により
エラーを起こしやすくなっており、危険な状況では
ないのにノルアドレナリンを分泌するため、
症状が現れてしまうと考えられています。


ノルアドレナリンが分泌をされると、大脳辺縁系と
呼ばれる部分にその興奮状況が伝わります。


大脳辺縁系という部分は、視床下部と呼ばれる
ところを司っており、視床下部には自律神経の
中枢があるんですね。


そして、発生した興奮状況によって自律神経の
バランスが崩れてしまい、自律神経の症状が
引き起こされると言われています。


自律神経の症状としては、動悸や息切れ、
めまいなどですね。


また、大脳辺縁系は感情にも大きく関与して
いるので、不安や恐怖などを湧き上がらせ、
予期不安につながっていくのではないか?
とも言われています。


このように現時点では、パニック障害は脳の
システム的なエラーにより、神経伝達物質の
分泌異常をきたして起こる、と考えられているんですね。


脳の機能や構造など、全世界の研究でも実はまだ
5%くらいしか解明されていないと言われています。


ですので、パニック障害の治療や完治に
向けてもじっくり取り組んでいくことが
必要なんですね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆なぜあなたにパニック障害が発生したのか?
◆あなたを苦しめる予期不安を無くすテクニックとは?
◆パニック障害の完治が100%になる考え方とは?
2013.06.12 10:00 | パニック障害の基礎知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の基礎知識パニック障害は脳機能の異常によって起こります。












管理者にだけ表示