なぜあなたにパニック障害が発生したのか?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


何かが起きたときというのは、
起こるための原因が必ずあります。


俗にいうところの「こころの病」というものは、
脳という臓器に何かしらの異変が生じてしまい、
そこから引き起こされることがほとんどです。


実は、パニック障害の原因についても
完全には解明されていません。


ある程度、こうかな?というのはわかってきて
いるのですが、まだまだわからないところが
多いというのが現状なんですね。


主流としては、脳内の神経伝達物質の機能に
異常が生じて起こる、と言われています。


人間に脳という臓器は、約140億個もの神経細胞
(ニューロン)があります。


それがとても複雑なネットワークを形成して
様々な情報伝達をしているんですね。


この情報を伝達するのも一クセありまして、実は
神経細胞(ニューロン)同士は直接つながって
いないため、他の物質の力を借りて情報を伝達
しています。


ようは、送る側から受け取り側へ運ぶ台車のような
役割を担っている物質があるんですね。


その物質は神経伝達物質と呼ばれており、
パニック障害に関係しているのは、
ノルアドレナリンとセロトニンと
言われています。


送り手側のニューロンが、先端のシナプスと
呼ばれるところから神経伝達物質を放出し、
受け取り側のニューロンが受容体の口を
開いて、それを受け止めるという構造です。


この神経伝達物質であるノルアドレナリンと
セロトニンの分泌過剰、もしくは分泌不足が
パニック障害に関係していると言われています。


次回はもう少し詳しく脳内で起こる
エラーについてお話しますね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害は果たして遺伝するのか?
◆どうして心因性精神障害になるのか?
◆あなたがパニック障害に陥っている決定的な原因とは?
2013.06.11 22:00 | パニック障害の基礎知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の基礎知識なぜあなたにパニック障害が発生したのか?












管理者にだけ表示