カウンセリングのメリットとデメリットとは? その2

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


前回はカウンセリングのメリットについて
お話をしましたね。


※参考
カウンセリングのメリットとデメリットとは?


適切なカウンセリングは大変効果が高いものですが、
全てが適切で万能であるとは限らないんですね。


最低限のことは気を付けながら、
カウンセリングを受ける必要があります。


カウンセリングのデメリットとはどういうものか?


それは、


●保険が適用されないことが多く料金が多少高い

●適切な心理療法を使われず傷つくことがある

●即効性が無く多少時間がかかる



ということがあげられます。


病院は保険が適用されますので、実際の
診療は安く感じるものです。


でも実は「国民保険」や「社会保険」を前倒しで
払っているので、安く感じるというのは
勘違いではあるのですが(^_^;)


中には一回のカウンセリングで5万や10万も
カウンセリング料を取るところもあります。


それで効果があればいいのですが、
うーん、難しいところですね(^_^;)


また、カウンセラーの中にはじっくりとお話を
聴くことをせず、いきなり自分が学んだ
心理療法を試みようとする者もいます。


心理療法というのは、カウンセラーと
クライアントの信頼関係があって、
はじめて効果や効力があるものです。


また、心理療法の中には確かに効果が高い
ものがあるのですが、もろ刃の剣のように
良い面、悪い面が混同しています。


カウンセラー自身がわかっていて尚且つ
そのクライアントに合ったものであれば
問題ありませんが、そうでなければ、
クライアントが傷ついてしまう可能性があります。


そのカウンセラーは話をしっかりじっくりと
聴いてくれるのか?で受ける受けないを判断
した方が無難でしょう。


あと、これは良く言われることですが、
カウンセリングには即効性がありません。


「え?せっかく1回受けたのに、こんなものなの?」


とカウンセリングを初めて受けて
感じることがあるかもしれません。


カウンセリングには魔法のような即効性は
無いんですね。


1回目のカウンセリングというのは、
お話を聴かせてもらうことだけで
終わってしまうことが多々あります。


稀に1回のカウンセリングで回復される
こともありますが、やはりそれは稀な
例ですね。


カウンセリングというのは2回目、3回目と
順を追って濃密になっていきます。


カウンセリングというのは、極論、
カウンセラーとクライアントの
人間関係を構築していく作業です。


やはりそれには時間がかかるもの
なんですね。


以上、代表的なデメリットをあげてみました。


全員が全員に当てはまるわけではありませんが、
何かあなたの参考になれば幸いです。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆カウンセリングのメリットとデメリットとは?
◆カウンセリングを受ける人は強い
◆パニック障害に適したカウンセリングがあります
2013.06.06 10:00 | パニックのカウンセリング | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニックのカウンセリングカウンセリングのメリットとデメリットとは? その2












管理者にだけ表示