来談者中心療法とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


前回はパニック障害に適したカウンセリング
のお話をしましたね。


たくさんの種類がある中でも、パニック障害に
適したカウンセリングは3つあるというお話でした。


3つ以外のカウンセリングはダメか?と言いますと
そんなことは一切ありません。


比較的効果が出やすいかな?と三木が
感じているのが3つの療法なんですね。


まずは3つの中の一つ、


来談者中心療法


をお話しします。


来談者中心療法は、カウンセリングの基盤を作った
とも言われるアメリカの臨床心理学者である


カール・ロジャーズ


が提唱しました。


来談者中心療法の考え方としては、
カウンセラーの態度が重要であると述べています。


カウンセラーの態度とは、クライアントさんに対して
肯定的に関心を寄せる、共感的に理解しようとする、
ということです。


「この人はこうだから」

「クライアントだから」


という条件的なものは一切なく、その人自身に
関心を寄せてお話を聞くことを重要視します。


目標としては、クライアントさんの中で起きている
ことをクライアントさん自身が拒否したり否定
したり歪曲するのではなくありのまま受け入れる
ことを中心目標としています。


また、クライアントさんに起きている様々な症状は
事実や経験していることをありのまま受け入れられず
否定したり歪曲することから生じている、と
カール・ロジャースは述べています。


来談者中心療法の方法としては、セラピストが
クライアントさんのお話を積極的に聴くことで
クライアントさんの中が整理されていき
明確になっていきます。


よく言われている「傾聴」というものですね。


クライアントさんがセラピストにこころを
開いていくほど、頭もこころも整理されて
いきます。


クライアントさんのお話をうなずいたり相づちを
しながら聴き、時には質問し時には言っている
ことをまとめて伝え返す。


シンプルですがカウンセリングの基礎であり
現在もよく用いられている療法です。


いかがですか?


次回は2つ目の療法のお話をしますね。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg
2013.03.02 10:00 | パニックのカウンセリング | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニックのカウンセリング来談者中心療法とは?












管理者にだけ表示