自律訓練法とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


自分で出来るパニック障害の改善法には
多くの種類があります。


その中でも、身体をリラックス状態に
持っていくのに最適なものがあります。


それは、


“自律訓練法”


と呼ばれるものです。


名前をどこかで聞いたことがあったり、
もしくは実践させているかもしれませんね。


この療法は、ドイツの精神科医であるシュルツ
という医師が体系化した一種の催眠療法
なんですね。


ある決められた公式を発していきながら、
身体感覚を感じながら自己暗示をかけて
いくものです。


一部の有名なスポーツ選手や音楽家なども
この療法を試合やコンサート前に用いる
ようです。


慣れていけば一瞬でリラックス状態に
持っていけるからでしょうね。


常にリラックス状態に持っていければ、
パニック発作の頻発を防ぐ効果が期待できます。


言葉に出す公式ですが、


1)手足が重たい

2)手足が温かい

3)心臓が静かに打っている

4)楽に呼吸している

5)お腹が温かい

6)額が心地よく涼しい


となっています。


できるだけ明るさを抑えたところで、ゆったりした
気分を感じつつ、リラックスした姿勢で椅子に
座り、両手はひさの上に置きます。


そして、1~6の公式をゆっくりと一つずつ口に
出しながら、発した身体の箇所を感じながら
進めていきます。


コツとしては、焦らずにゆっくりと
重たい、温かい、涼しいという感覚を
味わうことです。


急いで1~6を行う必要はありません。


最後の公式まで終わったら、ゆっくりと
伸びをしましょう。


そして、意識をしっかりとさせましょう。


この自律訓練法はリラックス状態になる、
身体の緊張を緩めるのが目的なんですね。


10分もあれば出来る方法なので、
いつでも緊張から脱出できるように
慣れておくと良いですね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害の完治が100%になる考え方とは?
◆パニック発作を無理なくコントロールする方法とは?
◆パニック発作が不安で外出が困難なあなたへ
2013.05.25 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ自分で出来る改善方法自律訓練法とは?












管理者にだけ表示