パニック障害「完治」の秘訣。2016年09月

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

2016年08月 | 2016年09月の記事一覧 | 2016年10月

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害に代表される感情は「不安」と「怖さ」です。


パニック障害を適切に完治、改善していくには、
この感情のコントロールも必要になっていきます。


しかし、実は「不安」と「怖さ」以外にも、
気を付けなければならない感情があるんですね。



多くは「不安」と「怖さ」に飲み込まれてしまい、
その他の感情はわからなくなってしまうものです。


ですが、今回お話する感情もパニック障害にとって
大きなキーワードでもあるものなんですね。


ではいったい、大きなキーワードでもある、
感情とはなにか?


それは、


“孤独感”


という感情です。


人間は孤独に多くさらされると、
精神が不安定になりやすいといわれています。


人間にかぎらず動物の多くは、孤独を多く感じてしまうと、
精神に支障をきたしたり、死んでしまうこともあるんですね。


他の動物がそのような状態なのですから、
人間はさらに孤独にたいして弱いといえるでしょう。


孤独感を生み出す一番多い理由は、
パニック障害を理解されない苦しさからです。


例えば味方であるはずの家族からの理解がない、
親や兄弟、パートナー、親友、同僚などから理解が
得られない、ということによるものです。


パニック障害、パニック発作は経験した人にしかわからない、
なかなか理解されないものです。


その結果、必然的に孤独を強いられ、
自分の内面にこもりがちになってしまうんですね。


そうなってしまうと、パニック発作や予期不安に
飲み込まれる頻度もあがり、悪循環に陥って
しまいます。


ですが、そこから抜け出すひとつの方法があります。
それは、


「自分自身を愛すること、大切にすること」


なんですね。


孤独感からの解消は他者からもらう愛情も大切ですが、
自分で自分を愛する、大切な存在だと認識していうことも、
非常に大切です。


一概に自分を愛する、大切にする、といっても、
いまいちピンとこないかもしれませんね。


今回はひとつ、自分を愛するためのセルフ・セラピーを
ご紹介しましょう。


まず、実際の方法ですが、


1)イスに座るなどして、呼吸を安定させる

2)自分の目の前に3~4歳くらいの小さな自分がいるのを
 イメージする

3)目の前の小さな自分に、

「あなたはとてもがんばっているよ」
「あなたの気持ちはよくわかっているよ」
「とてもつらかったね、寂しかったね」

という温かな言葉をかけてあげる

4)何回か言葉をかけてあげ、目の前の小さな自分が
 楽になったと感じたら、そのまま抱きしめてあげる

5)抱きしめてあげた小さな自分を、いまの自分の中に
 溶け込ませていくような感じで受け入れる

6)場合によっては気持ちが落ち着くまで、
 1~5をくり返す



となっています。


これを何回かくり返していくと、自分のなかに温かさが生まれ、
ちょっとづつ安心感が増えていきますので。


孤独感を解消してパニック障害の完治、改善を
目指すため、ぜひうまく上記の方法を取り入れて
みてくださいね。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害から身を守る自己暗示とは?
◆薬を飲まないと完治できませんか?
◆体重増加は危険なサインかもしれません
2016.09.29 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたはパニック発作が起きたとき、もしくは
予期不安が強くて不安定なとき、それに対処
する方法を心得ていますか?


もしくは的確に対処することができているでしょうか?


パニック発作の対処法はいろいろな方法、やり方があり、
自分にあった対処法というのもあるでしょう。


的確に対処できていれば別なのですが、
焦ってしまったり混乱をしてしまうことで、
そのまま発作に飲み込まれてしまうことも少なくないでしょう。



今回は、発作にたいし的確に対処するとき、
重要になる3つの注意点についてお話しをしますね。


発作が起きやすくなっているときは、この注意点を常に意識し、
発作への対処へと役立てていくのが良いでしょう。


ではさっそく、3つの注意点ですが、


1)焦らずに構える

2)深い呼吸をし混乱しないようにする

3)「必ず対処できる」という自信をもつ



となっています。


ひとつずつ説明をしていきますね。


1)焦らずに構える


予期不安が強くなってきたり、発作がいざ起こると、
多くは「焦り」という感情に支配されます。


焦ってしまうと、いままでできていたことや、まず間違いなく
こなせていたことさえもできなくなり、コントロール不能の
状態に陥ってしまいます。


そうならないためにも、そういうときこそ背筋を伸ばし、
「なにも焦る必要は無い。すべては問題なく解消できる」
という気持ちをもつことが大切です。


また、実はこういうときこそゆったりと構える、
自分を追い込むのを止めて自然に構える、
ということもポイントのひとつです。


2)深い呼吸をし混乱しないようにする


先ほどの焦りが大きくなってしまうと、そのまま、
「混乱状態」に入ることは多々あります。


混乱してしまったとき、
実はそれこそパニック発作の思うつぼなんですね。


パニック障害、パニック発作はありとあらゆる手段をつかい、
あなたから気力を奪い取り、「お前はパニック障害に勝てない」
という気持ちを埋め込んでこようとします。


パニック障害、パニック発作の術中にはまることなく、
そこに陥らないためにはまず、深い呼吸をくり返すことです。


呼吸が浅かったり無呼吸状態になると、脳に酸素が届かないので、
考えたり頭を適切に回転させることができません。


そうなるとスピーディーな対処ができなくなり、
パニック発作からのサンドバック状態になってしまいます。


混乱をさけるためにも、日ごろから咄嗟に深い呼吸が
できるよう、意識しておくと良いでしょう。


「必ず対処できる」という自信をもつ


パニック発作は誰でもが必ず対処でき、解消できるものです。


パニック発作に思うがまま飲み込まれてしまうのは、
上記でお話した「焦り」と「混乱」がネックになって
いるからなんですね。


「焦り」と「混乱」をコントロールすることは必ずできます。


そして、その2つをコントロールしていくための大きな
ポイントは、


“私は確実に対処できる”


という揺るぎない自信をもつことなんですね。


「パニック発作に対処できなかったら・・・」

「焦ったり混乱してしまうことから抜け出せない・・」


と思ったり感じたりするかもしれませんが、
それらはすべて思い込みです。


自分自身に暗示をかけているとも言えるんですね。


そういった暗示を自分にかけないよう、根拠が無くても
良いので、普段から、


「私は発作を確実に解消できる力がある!」


という気持ちをもつため、うまくアファメーションなどを
活用していくと良いでしょう。


いかがでしたか?


なかなかパニック発作の対処法がうまくいかなかったり、
すぐに飲み込まれてしまう場合、上記に原因がある
ことがほとんどです。


パニック発作を逆にコントロールし、最終的には、
パニック障害に打ち勝つため、今回お話をした
3つの注意点を意識しておくのが良いでしょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆予期不安を軽減させる3つのポイント
◆パニック障害完治の近道は人の話を聞かないこと!?
◆集中してしまうと発作は起きてしまいます
2016.09.25 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたにひとつ質問があります。


それは、


「あなたのパニック障害は、いったい誰が治すのか?」


というものです。


いかがでしょう。ちょっとだけ考えてみてくださいね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・


さて、いかがでしょうか?答えはでましたか?


ピンとくる人もいれば、いまいちピンとこない
人もいるかもしれませんね。


では、回答を申し上げましょう。


答えは、


「パニック障害を治すのは、あなた自身である」


ということなんですね。


あなたのパニック障害を治すのは医師でもありませんし、
薬でもありません。また、カウンセラーでもありませんし、
パニック障害の専門書でもありません。


自分自身がパニック障害を治すことをわかっている状態を、


“自覚”


といいます。


医師や薬、カウンセラーや本などは、いわば、
あなたの完治・改善を後押しするツールと
言えるものです。


実は、自分自身で治すという自覚が生まれてはじめて、
パニック障害完治への道筋が見えてくる
んですね。


ですが、実はけっこう自覚をしておらず、
誰かに頼り切りになっている人は少なくありません。


自覚できず頼り切りになってしまうことでなにが弊害か?
といいますと、まず、自分自身の頭で考えて行動する
ことができなくなります。


自覚していれば、自分から能動的に情報を集め、
改善法やカウンセリングなどを受ける選択をし、
すすんでいくものです。


自覚ができていないと、予期不安やパニック発作に
好きなように振り回されてしまい、まったく前にすすむ
ことができないんですね。


自覚できていないと自分を信じることもできず、
パニック障害の完治・改善は遠いものとなってしまいます。


自覚さえ芽生えれば、パニック障害と闘う気持ちが湧き、
完治・改善を諦めない理由も生まれます。


予期不安やパニック発作にすぐ飲み込まれてしまう、
いいように振り回されている人は、まずは自覚しているか?
自分を振り返ってみましょう。


「私がパニック障害を治しを治して見せる!」


という決意が自分のなかにあるか?


もし、その決意が見つからないのであれば、
いまからでも遅くはありません。


ぜひ、パニック障害が無い、パニック発作があなたに
起こらない未来に向けて、自覚をしていきましょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作を気楽に感じられるコツとは?
◆パニック障害はストレス体制の弱い人を狙います
◆パニック障害完治へ山もあれば谷もあります
2016.09.22 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


呼吸法というのはパニック障害において、
とても有効なセルフセラピーのひとつです。


一言で呼吸法といっても様々な種類があり、
身体の緊張を緩めるものから痛みを取り除くもの、
そして感情を消化させるものなどがあります。


パニック障害というのは「不安」「怖さ」というのが、
常につきまとうキーワードですよね。


今回お伝えする呼吸法は「イメージ呼吸法」
というものなんですね。


今日は、その「不安」「怖さ」といった感情をうまく
解消させていくための呼吸法をお伝えいたします。


私三木が提唱している「感情消化法」という
セルフセラピーがありますが、その効果をもって簡易的に
体感できる方法でもありますので。


ではさっそく、呼吸法の実践についてお話をしていきましょう。


まずひとつ、初めに覚えておいて頂きたいのは、
これはイメージと呼吸を組み合わせた方法である
ということです。


イメージ(想像)をうまく呼吸法に組み込むことにより、
比較的短時間で感情が消化されていく、というものなんですね。


ですので、日ごろからなにかしら空想が得意な人は、
けっこうすんなりと取り入れられるかもしれません。


では、実際の手順ですが、


1)姿勢をただし、まずは息をすべて吐き出します。
 吐き出し終わったら今度は5秒くらいかけて息を
 吸い込みます。吸い込み終わったら、今度は
 8秒ほどかけて口から息をすべて吐き出します。

 これを3回ほどくり返します。

2)ゆったりと呼吸をしながら、「不安」「怖さ」といった
 感情が身体のどのあたりにあるのか?イメージし、
 その感情がありそうな身体の部分に手をあてます。

3)手を当てたところにある感情を感じながら、息を
 吐き出すときに手を当てた部分の感情も一緒に
 吐き出されていくイメージをしながらおこないます。
 吐き出すのに8秒、吸い込むのは5秒を意識します。 

4)息を吸い込むときは、キレイで新鮮な空気が自分のなかに
 入ってくるのをイメージします。

5)感情が息とともに吐き出されていくのをしっかり感じながら、
 2~4を数回くり返します。



この呼吸のポイントは、感情が自分の中から出ていくのを
イメージすることと、吐くのに8秒、吸うのに5秒、というのを
意識することです。



絶対に守らなけれないけない!というわけではありませんが、
より効果が高いのが上記の方法ですので。


呼吸というのは、自律神経を整えたり、血行を良くしたり、
自然治癒力や免疫力を高める、といった効果があります。


普段からできるだけ、気づいたときなどに深い呼吸を
こころがけておくだけで、かなり違ってきますので。


ぜひ、今回お話した呼吸法を日常に取り入れて、
上手に感情を消化させていってくださいね。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作の緊張を解くリラックス法があります
◆集中してしまうと発作は起きてしまいます
◆パニック障害完治への自信をつけることも大切です
2016.09.20 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害は時としてあなたの弱さにつけ込み、
あなたに無力感を植えこもうとしてきます。



その結果、


「やっぱり私にはパニック障害を改善できる力がない・・」

「このままずっとパニック障害のままなのだろうか・・・」


というような感じで弱気になり、
まんまとパニック障害の罠にはまっていってしまうんですね。


そうならないために大切なことは、
弱さを理解し、それを覆して強さを膨らませていくことです。


ここでいう弱さというのは、


“パニック障害にたいしての無力感”


なんですね。


予期不安があるとき、もしくはパニック発作が起きそうなとき、
抵抗できずそのまま流されて飲み込まれてしまうことは
多々あります。


立ち向かう気力は毛頭なく、ただじっとして嵐が
過ぎるのを待っている、という状態になることは多いんですね。


ですが、その嵐が頻発したらどうでしょうか?


1回2回はやり過ごしたとしても、頻発してくると、
徐々に体力や精神力は奪い取られてしまい、
常に不安や怯えを抱えながら毎日を過ごさねばならなくなります。


それでは、ただ毎日がツライだけですよね・・・・


そうならないため、心がけておきたいキーワードがあります。


それは、


“怒りの感情を利用する”


というものなんですね。


「怒り」というと、どちらかというとネガティブにとられることがあり、
好ましい印象をもつ人は少ないかもしれませんね。


ですが、利用の仕方によってはあなたの力を2倍にも3倍
にも膨らませ、パニック障害に対抗できる力強さを
手に入れることができるものです。


交流分析という心理学の理論では、「怒り」という感情は、
生きていくためのパワーと言われています。


あなたの中に眠っているパニック障害にたいしての怒りを
解放させていくことで、パニック障害に負けない気力、
強さが身についていきます。



では、実際の怒りの解放についてご説明をしましょう。


1)新聞紙を丸めたものかタオルを丸めたものとクッションか
 枕を用意する

2)パニック障害にたいして思っている怒りをよく感じる

3)利き手に新聞紙もしくはタオルを持ち、息を吐き出しながら、
 目の前のクッション、枕に怒りを吐き出すように上から下へ
 叩きつける

4)大きく振りかぶりながら一回ずつ、息を吐き出すタイミングで
 自分のなかの怒りを外に放出するように叩く

5)何回かくり返し、自分のなかの怒りが解放され楽になって
 きたら、大きく深呼吸をする

6)怒りの大きさによって2~5を何度かくり返す



といった感じにすすめていきます。


これを何度か時間があるときにでもくり返し、
怒りの解放に慣れていくと身体が軽くなり、
徐々に自分のなかに力が湧いてくるのを実感するでしょう。


叩くときに音が鳴ってしまうという欠点はありますが、
例えば長めの菜箸などを応用し、音を軽減するのも良いでしょう。


大切なポイントは自分の中から怒りを吐き出すこと、
振り上げてから叩くときに手の先からその怒りを
放出するようにおこなうことです。


怒りという感情をうまく利用することで、
パニック障害に対抗できる力を手にすることができます。


ぜひ、ひとつの方法としておこなってみてくださいね。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害の完治は小さな一歩の積み重ねです
◆パニック障害の知識を増やし過ぎていませんか?
◆怒りをパニック障害完治に役立てる方法とは?
2016.09.16 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたはパニック障害に対して、
適切な怒りを感じていますか?


パニック障害に対して抱く怒りはとても重要であり、
あなたの力を2倍にも3倍にも高める働きがある
ものです。


怒りという感情は「生きるためのパワー」とも言われており、
適切な使いかたをすることによって、パニック障害をも
打ち砕くことができるんですね。


ただし、申し上げているとおり、それは
怒りの感情を適切に使った場合にのみ発揮されるものです。


ではここでいう「適切な怒り」とはどのようなものなのか?


それは、


“自分に怒りを向けることなく、
     徹底的にパニック障害に怒りを向けること”



というものなんですね。


実は、結構多くの人はパニック障害に対しての怒りを
自分自身に向けてしまうことが多々あります。


パニック障害になってしまった自分を強く責めてしまい、
自分のことが許せなくなってしまうんですね。


例えばですが、


「パニック障害になるなんて、私は何てダメなんだ!!」

「これ以上は生きていてもしょうがない!」

「パニック障害になる自分の弱さが許せない!」



というような感じに、怒りの矛先を自分に向けてしまいます。


ですが、自分自身をいくら責めても、怒りまくっても、
何ら解決につながることはありません。


逆に自分の言葉によって傷ついてしまい、
回復が遠のいてしまうことになるんですね。


そうならないためにも、絶対に自分に怒りを
向けてはいけません。


例えパニック障害に陥ろうとも、あなたの身体は、
この世界で唯一の絶対的な味方でありパートナーです。


そんな絶対的なパートナーを傷つけてしまってはいけません。


大切なことは、その怒りの矛先をパニック障害に向ける
ことなんですね。


「私はパニック障害を絶対に許さない・・・!」

「必ずパニック障害を打ち砕いてみせる!」

「なぜ私がパニック障害にならなければいけないのか?
                     こんな理不尽は許せない!」



というように、怒りは常にパニック障害自体に向けることが
とても大切です。


そして、適切な怒りを持つことで、パニック障害の
完治、改善を諦めない力強さが身についていきます。


強く強く、怒りをパニック障害に向けることで、
それが完治、改善へのモチベーションとなるんですね。


怒りはときとしてネガティブなものになりますが、
使いかたによってはポジティブなものにもなります。


どのように使うかは、あなたの気持ち次第です。


怒りをモチベーションに変えることは、
きっとあなたのパニック障害を打ち砕いていく
大きな力となりますよ。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害は自由になれない人に発生しやすい
◆集中してしまうと発作は起きてしまいます
◆パニック障害完治には胸の内をさらけだすことが必要です
2016.09.14 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


幸せに包まれた人生を歩みたい、大きな幸せを感じながら生きたい。


多くの人が願うことではないでしょうか。


パニック障害であるなら、パニック障害を解決し楽に生きたい、
パニック障害を完治させ思い切り自由になりたい、
と感じるかもしれませんね。


ですが、どうしたらそのように幸せを感じながら、
楽しく生きていくことができるのか?


それにはちょっとした抑えておくべきポイントがあります。


それは、


“自分を愛する”


ということなんですね。


ひとくちに自分を愛すると言っても、抑えておくべき
重要なポイントがあります。


これからお話するポイントを意識していくことで、
上手に自分を愛することができるでしょう。


そのポイントというのは、


1)自分を責めない

2)他者を優先せずに自分を優先させる



という2つです。


まず、「自分を責めない」というのは文字通り、
自分で自分を否定しない、傷つけない、ということです。


結構多くの方は、知らず知らずに自分自身を
責めています。


「私はなんてダメな人間だ」「生きている価値がない」
「なんて私はバカなのだろう」


などなど、様々な考えをもち、自分を責めてしまうんですね。


それを止めること。自分を責めるのではなく、


「そういうこともあるよな~」


くらいの気持ちで考えること、もっとだらしなく、
力を抜いていくことです。


そして、


「他者を優先せずに自分を優先させる」というのは、
自分の本心を殺さず、抑え込まず、自分を出していく
行為のことです。



「こんなことをしたら嫌われてしまうかも」

「私は後回しでいいから相手のことを考えなければ」


というようなことが常に頭をよぎり、自分の本心とは
まったく逆のことをしてしまう。


これは、自分自身を否定してしまう行為でもあり、
自分は自分のことを優先させるだけの価値がない、
と言っているようなものなんですね。


もちろん他者優先、気を回す、といった美学はあります。


ですが、いつもいつも他者を優先し自分の本心を出せないのは、
心身共に良いことではありませんよね。


この世界の主役はあなた自身です。


会社の同僚でも、友達でも、親でも兄弟でもありません。


その人たちはその人たちなりの主役を感じ、
人生を歩いています。


「この世界の主役は私なんだ」という気持ちを持ちながら、
自分を責めず自分を優先することで、さらに楽しくさらに
素晴らしい生きかたを獲得することでしょう。


いきなりは難しいと感じたら、ちょっとずつちょっとずつ
意識して変化させていくのが良いですね。


また、“自分を愛する”というのは、パニック障害を
完治・改善させていくうえでの大きなテーマでもあります。


ぜひ「自分を愛する」ということを意識して、
日々を過ごしてみてくださいね。





↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆あなたは催眠術にかかっているのかもしれない
◆クライアントを尊敬している理由
◆できない自分を責め続けると・・・
2016.09.11 10:00 | こころのコラム | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは、


「思考は現実化する」


という言葉を今まで聞いたことがありますか?


この言葉通りのタイトルがついた本も出ていますし、
セミナーなども開催されていますね。


この「思考は現実化する」というのはその言葉通りで、
考えたことは現実に起きる、ということを訴えている
言葉です。


ビジネスでの世界的な成功者のほとんどは、
この「思考は現実化する」という教えにならって
行動する習慣をもっています。


この「思考は現実化する」というのは、いわば、


“潜在意識”


の使いかたです。


コントロールすることができない潜在意識を、
いかにうまく活用するか?


それによって、あらゆることが上手くいく、
大きな成功を収めることができるんですね。


これはなにもビジネスの成功に使えるだけではありません。


パニック障害にも有効活用できる優れものでもあります。


この「思考は現実化する」の最大のポイントは、


「ポジティブ・ネガティブ問わず、
       あらゆる思考が現実化してしまう



ということです。


ポジティブな思考であればその通りに、逆にネガティブで
あればその通りに、現実に起こってしまうんですね。


例えばですが、


「私のパニック障害は一生治らないのではないか・・・」

「もう一生飛行機に乗れず旅行に行けないかも・・・」

「このまま何年も不安を感じていくのだろうか・・」



というようなことを日々思っていたり感じていると、
それが現実化してしまう可能性は大いにあります。


逆に、


「私のパニック障害はこれからどんどん治っていく」

「私は飛行機に簡単に乗れ、好きなところにいつでも行ける」

「私はいつでも不安を解消できる能力がある」



というようなことを日々思っていたり感じていると、
現実化することは大いにあります。


考え方や発する言葉というのは本当に大切で、
普段からプラスの考え方をしたり、プラスの
言葉を使うことで、あなたの潜在意識はそれを
叶えようと様々なアンテナが立ちます。


そして、あなたの思いが叶うような情報、出会いなど
いろいろなことをあなたに気づかせてくれます。


そうしたことの積み重ねが結果、
あなたの思考を現実化させる仕組みとなっていくんですね。


できるだけ普段からプラスの考え方、言葉、行動をし、
マイナスを排除していくことが重要ですよ。





↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆予期不安を軽減させる3つのポイント
◆パニック障害は「ある特徴」をもっている人がなりやすい!?
◆パニック障害を治そうとすると治らないって?!
2016.09.07 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |