パニック障害「完治」の秘訣。2016年07月

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

2016年06月 | 2016年07月の記事一覧 | 2016年08月

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


いろんな地域で梅雨明けしてきましたね。


私が住んでいる神奈川県でも、
一昨日梅雨明けしたばかりです。


さて、梅雨が明けると待っているのは、
本格的な夏の暑さですよね。


なかには暑さが苦手、夏そのものが嫌い、
という方もいらっしゃるかもしれませんね。


いままで何回か夏の暑さとパニック発作の関係について
お話しましたが、夏の暑さは勘違いからパニック発作を
起こしてしまうことがあります。


夏の暑さの勘違い、というのは、


「息苦しさ」


のことですね。


夏というのは空気そのものが熱を帯びているので、
場合によっては息がしづらい、ということがあります。


その息のしづらさから、パニック発作や過呼吸と
勘違いしてしまうことがある
んですね。


そのような勘違いからパニック発作につなげないため、
日頃から習慣にしておいたほうが良い考えと行動があります。


そのポイントは大きくわけて3つあるんですね。


この3つのポイントを常に意識しておきながら、
日々を過ごしていただくだけで、発作の
出現率はかなり下がることでしょう。



では、発作につなげない3つのポイントとはなにか?


それは、


1)「息苦しいのは空気が熱を帯びているからだ」
 という考え方を取り入れる

2)冷たい飲み物、食べ物を摂りすぎないようにし、
 内臓を冷やしすぎないよう気をつける

3)軽い運動を日常に取り入れ肌肉量を増やす



となっています。


では、ひとつずつご説明をしていきましょう。


1)「息苦しいのは空気が熱を帯びているからだ」
 という考え方を取り入れる



夏の時期、空気はかなり熱を帯びています。


気温が高くなるのですから、空気も熱を帯びてくるのは、
当然のことですよね。


熱を帯びた空気というのは、人間や動物にとって、
不快なものです。


ただでさえ暑さで嫌になっているときに、
空気までもが熱を帯びていると、どんな人でも
息苦しさを感じます。


暑さの息苦しさから発作につなげないために、


「この息苦しさは暑さのせいであって、
       発作とはまったく関係の無いものだ。」


という考え方を意識するようにしましょう。


実際にまったく関連性がないことですので、
頭で考えてもいいですし、実際に言葉に出して
みるのも良いですね。


2)冷たい飲み物、食べ物を摂りすぎないようにし、
 内臓を冷やしすぎないよう気をつける



暑くなってくると、冷たいものを摂りたくなりますよね。


私三木もそうなのですが、この時期、冷たいものは
美味しく感じます。


適度な量であったり時々でしたら良いのですが、
冷たいものを朝、昼、晩と摂り続けていくと、
内臓が冷えてきます。


あらゆる内臓は身体の免疫系を整えたり、
保ったり、自然治癒力などを向上させていく
働きなどがあります。


ですが、その内臓が極端に冷えてしまうと、
そういったあらゆる働きが鈍くなり、本来の
働きをしなくなってしまうんですね。



そうなると、本来自然の働きができないものですから、
あなたを守る免疫系や自然治癒力の働きに期待が
できなくなってしまうんですね。


冷たいものは極力摂らないようにして、常温の水や
お茶を飲む。白湯を飲むようにする。冷たい食事は
ほどほどにして、温かい食事を摂るようにする、
などが大切です。


3)軽い運動を日常に取り入れ肌肉量を増やす



筋肉は熱を作る器官でもあります。


とくに太ももの部分は、多くの熱を作り出す
働きがあるんですね。


また、筋肉というのは自信をつける、自信が湧く、
という働きもあります。


ですので、できるだけ軽い運動を日常に取り入れて
いくことが望ましいでしょう。


例えば、1日20分のウォーキングやランニング、
軽めのサーキットトレーニングやヨガをおこなう。


スポーツジムなどに通う必要はなく、ウォーキングや
ランニングなどは自宅周辺で出来るものですし、
ヨガやトレーニングはインターネットや本などで、
やり方などを調べることもできます。


暑さのピークである午後13:00~16:00頃を
避けるようにして、午前中の時間帯や夕方、
涼しくなってきてからおこなうのが良いでしょう。


また、しっかりと水分の補給も忘れないように
しましょう。


いかがでしょうか?


今回お話しをした3つのポイントを継続してみることで、
暑さからくるパニック発作の発生率は下がります。


また、暑い時期だけでなくこの方法へ年間を通しても、
とても有効なものですので。


ぜひ、生活の一部として取り入れていただき、
快適な夏を過ごしていただければと思います。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作を起こさないコツについて
◆怖さや不安を上手に消化する方法(感情消化)
◆パニック発作から一瞬で抜け出す裏ワザとは?
2016.07.31 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害が完治していく人、していかない人、
そこには決定的な違いがあります。


正しい方法でパニック障害の完治に取り組むのは
もちろんですが、それだけでは少々弱いところがあります。


前回は、パニック障害が完治する人、しない人の違い、
という部分をお話しましたね。


※参考

パニック障害が完治する人、しない人の決定的な違いとは?


今回は、どのようにしてパニック障害を完治させる人に
なるのか?大切なポイントなどについてお話をしていきましょう。


まず、これは基本的なことなのですが、なにごとも、
「できない」と言ったらできなくなります。


「やれない」「難しい」「困難だ」というような言葉も
同義ですね。


以前にも何回かお話をしましたが、
人はくり返す言葉によっていかようにも変化します。


「私にはそれはできない」とくり返したらできない人間に。


「私の人生は絶望的だ」とくり返したら絶望的な人生に。


それぞれ陥ってしまう確率が非常に高くなります。


ですので、まずは日ごろから用いている言葉、
クセになっている言葉に気をつける必要があります。



あなたは特に考えず何気なくくり返している言葉でも、
あなたの潜在意識(無意識)はそちらを優先しようと
働きかけます。


潜在意識というのは感情と密接な関係がありますので、
なにかしらの言葉をくり返すうちにそれに見合った
感情が沸き上がるようになり、潜在意識はそれを
優先する、というプロセスがあるんですね。


そしてもうひとつ、大切なポイントがあります。


前回、パニック障害が完治しない、なかなか改善まで
すすまない人は、自分の非力さや無力を信じ込んでいる、
というお話もしました。


ひとつの確固たる信念として、
あなたのこころに定着をしているんですね。


それをいかに覆していくか?いかに真逆の信念を
自分のなかに取り込んでいくか?


非常に重要なことになります。


信念を書き換える、より良い信念を自分のなかに
植えこんでいくためには、ちょっとしたやり方があります。


そのやり方は、


“自分のなかに埋め込みたい信念を紙に書き、
        朝起きたときと夜眠る前にぼーっと眺める”



と、ただこれだけです。


非常にシンプルでありカンタンな方法なのですが、
実はとても強力な信念の書き換え法なんですね。


人には先ほどお話しした「潜在意識」というものと、
「顕在意識」とうふたつの意識があります。


簡単に説明をしますと、顕在意識というのは、
潜在意識のジャマをしてしまう働きがあります。


潜在意識に一生懸命新しい信念を落とし込もう、
植えこもうと思っても、顕在意識が、


「あなたには、それは無理だよ」


というような感じで囁きかけ、いつの間にか、
顕在意識の命令が勝ってしまうということが起こります。


それは日中の時間帯に起こりやすく、
そのようなとき潜在意識はなかなか顕在意識に勝てません。


ですが、実はその顕在意識の強さが弱まっている
時間帯があるんですね。


それが、朝起きた直後と夜眠る前の時間帯です。


まだあまり眠りから覚めていないような状態や、
眠りに入る前の気だるいときなど、顕在意識の
力は弱まっています。


そこを突いて、その時間帯に目に見えるところに、
埋め込みたい信念を書いて貼っておき見るように
しておけば、半自動的にあな
たの潜在意識のなかに
埋め込まれていきますので。


先ほどもお話ししましたが、それを朝晩とくり返すことで、
確実に力強い信念があなたのなかに埋め込まれます。


新しい信念にする、書き出す言葉は、


「私にはパニック障害を完全に治す力がある!」

「私には不可能はなくパニック障害に
           打ち勝つ強力な力がある!」



というようなものが良いでしょう。


そのあたりができるようになって、
パニック障害を完治する人に変化をしていきます。


この方法を用いなくてもパニック障害の完治を
成功させた方はいらっしゃいます。


ですが、日頃使っている言葉に注意しながら、
新しい信念の植え込みをくり返していく方が、
ゴールにたどり着くスピードは速いんですね。



あなたも早速、パニック障害を完治する人になるため
ぜひ上記の方法を実践していただけたらと思います。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆恐れを手放すとパニック障害は完治に向かう
◆パニック障害の基礎知識は完治への助けになります
◆パニック障害完治には強力な信念が必要です
2016.07.28 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害が完治する人、パニック障害が完治しない人。


その違いはいったいなにか?


どのような違いによって完治する、完治しない、
それぞれに振り分けられてしまうのか?


これは、私三木がパニック障害専門カウンセラーの
看板を掲げ歩き出したときから研究をしている
テーマでもあります。


そして実は、かなり前に、
おおよそ、その答えを見つけ出すことができした。


たくさんの方のカウンセリングをしてきた中で、
データを取り研究をしてきた結果、ある大きな
決定的な違いを発見することができたんですね。



逆に言えば、その違いを無くしていくことに
力を注いでいくことができれば、誰でもが
パニック障害の完治を成し遂げることができるでしょう。


それほど大切なことであり重要なことでもあります。


あなたがこれからパニック障害の完治を目指していくとき、
今回お話しすることをしっかりと理解し把握しておけば、
「百戦危うからず」と言っても過言ではありません。


ではいったい、
完治する人、しない人の決定的な違いとはなにか?


それは、


・パニック障害が完治する人は、自分の持つ力を信じ、
 困難がきても一歩ずつでも立ち向かう


・パニック障害が完治しない人は、自分の無力を信じ、
 困難がきたら何もできない自分でいようとする



という違いです。


これだけではわかりづらいので、
ひとつずつご説明をしますね。


・パニック障害が完治する人は、自分の持つ力を信じ、
 困難がきても一歩ずつでも立ち向かう



自分を信じるって実はとても難しいものです。


ちなみにですが、自分が好きであることと、
自分を信じるということは違いますので。


自分のことがとても好きであり大切な存在と
認識していても、自分を信じることをためらってしまう
ことは往々にしてあるものです。


自分を信じるというのは、例えどのような高い壁がきても、
どのような大きな波がきても、自分は必ずそれを覆す
能力がある、と疑わない気持ちのことです。



パニック障害を完治させた人は、最初からこの
気持ちでいられた訳ではありません。


何度も何度もパニック障害、パニック発作に
打ち負かされながら、それでもほんの少しの
希望を失わずに立ち向かった人です。


もしも、100回転んだら101回立ちあがる、
そういった気持ち、マインドを最後まで保てた
人たちなんですね。


今回はうまくいかなかったけど、
今度は違うやり方でやってみよう、とか、
この方法ではなく違う方法を試してみよう、
と試行錯誤をある程度くり返しながら進んでいきました。


そういったことのくり返しが、最後に大きな幸せを引き寄せます。


何不自由のない未来、パニック発作や予期不安に
苦しまないという自分を手に入れた、最高の
瞬間が待っているんですね。


・パニック障害が完治しない人は、自分の無力を信じ、
 困難がきたら何もできない自分でいようとする



パニック障害の改善がすすまない、完治までたどり着けないのは、
自分の無力さを信念としてほぼもっており感じています。


自分にはパニック障害を完治できる、改善させる力が無い、
というような非力であり無力な自分のほうを信じ、それを
優先させてしまう傾向にあるんですね。



パニック障害を完治させるための知識や改善法、
対処法、カウンセリングの必要性などを理解していても、
それを十分に活かしきれていないことが多々あります。


例えばですが、パニック発作が起きる予感がしたときや、
発作が起きてしまったとき、いままで蓄えていた知識や
改善法、対処法などに意識を向けず使わずに、
なんとかガマンして乗り切ろうとします。


または、自分は非力だという信念から、
不安や怖さを自分で強めていってしまうんですね。


せっかくパニック障害を完治させるための知識、
改善法、対処法などをもっているにも関わらず、
これではもったいないですよね。


自分は非力であり無力である、という信念をいかに
覆していくか?ということが大きなポイントであり、
重要な項目になっていきます。


いかがでしたか?


今回は、パニック障害完治する人、しない人の違いの
部分だけご説明をしました。


次回は、完治しない人から完治する人になるため、
大切なポイントなどをお話ししますね。





↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害を治そうと思うと治らない
◆パニック発作を起こさないとても簡単な方法とは?
◆パニック障害完治への大きな自信になる事とは?
2016.07.27 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


言葉の使いかたひとつでパニック障害の完治
左右されるとしたら、あなたは驚きますか?


あなたが日ごろ発する言葉使いで、
パニック障害の完治ができる、できないかが決まります。


少々おおげさに聞こえるかもしれませんが、
それほど発する言葉というのは重要なんですね。


なぜ、日ごろ使う言葉が大切なのか?


そしていったいパニック障害の完治とどのような
関係があるのか?


解説をしていきましょう。


まず、あなたが発する言葉というのは、
良くも悪くもあなた自身に跳ね返ってきます。


ネガティブな言葉はネガティブなことを、
ポジティブな言葉はポジティブなことを、

それぞれ引き寄せるんですね。


例えばですが、


「私は外出もできない。みじめだ・・・」

「毎日不安で体調が悪いな・・・」

「パニック発作が起きてしまったら・・」



というように、自分を卑下してしまったり、落ち込んで
しまうような言葉を使うことでそこにアンテナが立ち、
あなたの意識はそれに集中し始めます。


そうなると、そのアンテナはネガティブなことだけを
探し始め、どんどんと意識がネガティブになってしまう、
ということが起こるんですね。


そうなると、パニック障害の完治や改善に意識が向きずらく、
おのずと完治や改善を逃がしていってしまいます。



現在なにかしら改善するための努力をしていたとしても、
そのような言葉を使ってしまうことですすまなくなるのは、
本末転倒ですよね。


そうならないためにも、こころからそう思えなくても良いので、


「外出はそのうち必ずできることを知っている」

「不安を解消する力はすでに自分のなかにある」

「発作を起こしているのは自分自身だ。
           発作を起こす必要は一切ない」



というような言葉を使い、自分を卑下したり落ち込ませる
言葉は封印するようにしましょう。


もし、いつものクセでネガティブな言葉を使ってしまったら、
そのあと訂正の意味でプラスの言葉に言い換える
ようにしましょう。


細かくて小さなことかもしれませんが、
このような積み重ねがパニック障害に
負けない精神を作り上げていきますよ。





↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆集中してしまうと発作は起きてしまいます
◆パニック障害の完治は小さな一歩の積み重ねです
◆怒りをパニック障害完治に役立てる方法とは?
2016.07.23 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


前回はパニック障害と不安という感情について
お話をしましたね。


不安の正体である、重要なキーワードについて
お話をしました。


※参考

あなたを落ち込ませる「不安」の正体とは?

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-768.html


さて、今回はその不安という感情を適切に解消する、
小さくしていく方法についてお話しをしましょう。


不安感情を消化させる、小さくしていくのは、
なにも難しいことではありません。


適切な対処法、実践法をおこなっていけば、
誰でもできるものです。


ですが、ひとつだけおこなう上でのポイントがあります。


それは、


“不安感情を解消できる自分を徹底的に信じ切る”


ということです。


なにごともそうですが、まずは自分が持つ力、
潜在的な能力を信じなければうまくいきません。


なにかをおこなってもうまくいかない、成し遂げられない、
というのは、そのほとんどは自分を信じ切っていない
ことから生まれます。



ですので、いかに自分を信じられるか?絶対的な力が
自分にあるか?知ることがとても大切になるんですね。


自分を信じ切る、自分が持つ力を理解することで、
今回お話しする方法は大きな効果を発揮するでしょう。


では、実際の不安を解消していく方法についてお話をします。


前回は二つの方法があるとご説明しましたね。


・行動から不安を小さくし変えていく

・感情を消化する方法を学びおこなう



というものです。


ひとつずつご説明をしていきましょう。


・行動から不安を小さくし変えていく


人間は不安を引き起こす仕草、行動というものがあります。


それは、落ち着きがなくそわそわしたり、
身体が前傾姿勢になってしまっている状態のときです。


そのようなとき、人間は不安が大きくなることはありますが、
小さくなる、解消することはまずありません。



大切なことは、そのような仕草や行動をしているとき、
まったく真逆のことをすることです。


落ち着きなくそわそわしていたら、ゆっくり落ち着いて、
仕草や動きを緩慢にしてみる。ゆるやかな動きを
してみる。


身体が前傾姿勢になっていたら、姿勢をただし、
胸を張り、深い呼吸をこころがける。


そういったちょっとした仕草や行動を変えてみるだけで、
不安感情はちょっとずつ少なくなっていくでしょう。


・感情を消化する方法を学びおこなう


感情を消化させる、自分の中から消し去るには、


「感情を否定せずに受け入れる、肯定していく」


ことが非常に大切です。


否定せず受け入れる、肯定するには、


「私はいま不安を感じている。私は不安を感じていても良い」

「私は不安だ。不安でも、もちろん良い」

「この不安は私の身を守るために感じているものだ。不安で良い」



というように、そっくりそのまま認めてしまう、
受け入れてしまうんですね。


そうすることで、時間とともに不安はゆっくりと
消化されていき、気持ちが楽になっていきますので。


難しい方法ではないのでおススメです。


今回ご紹介した不安を消化する、小さくする方法は、
慣れていけば慣れていくほど効果は高くなります。



ですので、できるだけこの方法を習慣にしていく、
自分のものにしていくことが大切です。


あなたが感じる不安を適切に解消していくため
ぜひ取り入れてみてくださいね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆あなたを落ち込まる「不安」の正体とは?
◆パニック障害は季節の変わり目に気をつけないと・・・
◆カウンセリングでパニック障害は改善していく
2016.07.22 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害と不安感情は密接な関係にあります。


パニック障害は予期不安などを含め、
多くの不安という感情との闘いになっていくんですね。


将来的に不安を制するものはパニック障害を制す。


そのような考えをもつことも大切です。


さて、パニック障害を完治させるために需要な
キーワードとなる「不安」ですが、あなたはその
本当の正体を知っていますか?


「敵を知り己を知れば百戦危うからず」


という有名なことわざがありますが、これはまさに、


“不安感情の正体を知りそのコントロールを知れば、
                パニック障害に負けることはない”


と言い直すこともできますね。


ではいったい、重要なキーワードとなる不安の正体とはなにか?


それは、


イメージであり幻想


というものなんですね。


不安感情は、あなたが意識的、無意識的含めなにかを
イメージしていることから沸き上がります。



こころのどこかで、


「パニック発作が起きたら嫌だな・・・」

「ひとりだと怖さに押しつぶされてしまう・・」

「今日も電車に乗らなければ。憂鬱だなぁ・・・」


というようなことを感じ、その先に起こるかもしれない、
最悪と思うことをイメージする、幻想することによって、
不安感情はどこまでも大きくなります。



違う言いかたをすると、いろいろな考えをたくさん
巡らせる、イメージを巡らせることで、自分自身で
不安を創り上げているんですね。


不安という感情はどこからかやってくるものでも、
他人から与えられるものではなく、あなたが
自分で創っているものです。



あくまで自分が創っているとまずは理解すること、
そして、創り上げた不安は自分で解消したり、
小さくすることが可能だと理解することが大切なポイントなんですね。


ではいったい、その感情をどのように解消したり、
小さくすれば良いのか?


それには、


・行動から不安を小さくし変えていく

・感情を消化する方法を学びおこなう



という二つの方法があります。


この二つの方法についてはまた次回、お話をしますね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害は夫婦関係でも発症します
◆上手な呼吸はうつ気分を解消します
◆パニック障害は「白黒思考」が大好きです
2016.07.21 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたはいままで、


「なにかのふり」


をしたことがありますか?


「なにかのふり」というのは例えばですが、


・世界の偉人のふりをして真似てみる

・子どものふりをして甘えてみる

・恋愛下手なふりをして隙をみせる

・料理上手なふりをして陰で特訓する



などなど、いろいろなふりがあるものですね。


今回は、この「なにかのふり」をすることで、
パニック障害の完治をすすめる方法をご紹介しましょう。


まず、なにかを成し得たい、成功させたい場合、
それを成し遂げている姿、成功している姿に
なり切る、ふりをするのはとても有効な行為です。


これはひとつの行動原則なのですが、
人間はとっている姿勢や表情によって、
感情をコントロールでき自分を変えることができます。



例えばですが、姿勢を前傾にして落ち込んでいるふりをすると、
気分がだんだんと落ち込んできます。


それとは逆に、両手を上に掲げ、力強いガッツポーズをすると、
勇気や自信がわいてきます。


人間以外の動物もそうなのですが、弱者の前では両手や
羽を広げて威嚇しますが、強敵の場合は身体を丸めて
身を守ろうとします。


これと一緒の原則、本能が人間にもあるんですね。


また、気分的にはそうは思っていなくても、
両手を上に掲げ力強さを意識してみることで、
脳という臓器はそのポーズにだまされます。



「いまは力強さがあり自信があるんだな!」


という、ある意味勘違いを脳がし始め、
徐々にその通りになっていくんですね。


これを簡単に応用することで、身体と意識を
パニック障害完治に必要な自信につなげることができます。


時間もかからずわずが数分間おこなってみるだけで、
完治へと向かっていくのであれば、やってみて
損はありませんよね。


では、実際の方法をご説明しましょう。


1)立ち上がり姿勢をただし、両足を肩幅くらいに開く

2)両手を上に力強く掲げガッツポーズをする

3)ガッツポーズをしたまま、

「私にはパニック障害を完治させる無限の力がある!」

と力強く10回ほど宣言する

4)気分に応じて2、3を何回かくり返してみる



というものです。


これをおこなうポイントは、できるだけ力強くガッツポーズをし、
力強く宣言する、ということです。


力強く宣言するといっても、大声を出すわけではありません。


言葉に力を込めて、ハッキリと宣言するだけです。


これを毎日の習慣にする、身体の一部にすることによって、
大きな自信と力強さがあなたに備わってきますので。


ちなみにですが、習慣というのは意識しなくても、
自然にそれができる状態になるまでくり返すこと、
反復する行動のことです。


立ち上がった瞬間にこのポーズが自然とできるよう、
身体と意識に染み込ませることが大切です。



パニック障害をよりよく完治に向かわせるため、
ぜひ取り入れてみてくださいね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作をリズムをとることで解消する方法とは?
◆パニック発作は日頃のシュミレーションで回避できます
◆2回のカウンセリングでパニック障害が完治した理由とは?
2016.07.18 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


ここ最近はめっきり蒸し暑くなり、
夜もなかなか寝付けない人もいるのでは?と思います。


夜スッキリと寝付けないと、疲れはそのまま
翌日に持ち越しになり、疲れが溜まっていって
しまいます。


そうなると寝不足の疲れから、
パニック発作が引き起こされやすくなる
可能性がある
んですね。


最初から短時間睡眠の人はいいのですが、
7~9時間くらいの長い睡眠を必要とする人は、
ちょっと苦しい時期になってきたかな、と思います。


また、クーラーをがんがんつけて布団をかぶり
眠る方もいますが、あまりその方法はおすすめ
しません。


夜クーラーで冷やしすぎると、日中の暑さとの
バランスが悪くなり、自律神経や免疫系に
支障がでる場合があるんですね。


例えばですが、頭痛がするようになったり、
身体が硬直したり、めまい、下痢、胃の不快感、
だるさ、吐き気、などをもよおすことがあります。


クーラーで寝やすくしているはずが、
実は身体に負担をかける結果になってしまいます。


そうなってしまうと、日中元気に快適に
過ごすことができませんよね。


そこで今回は、クーラーに頼らず、適切な良い
睡眠をとるための方法をご紹介します。


日常にすぐ取り入れることができるもの
ばかりですので、今日からすぐおこなうことが
できますので。


では、その方法ですが、


・冷やし枕(アイスノンなど)を頭の下に敷いて眠る

・首の後ろや肘、膝などに保冷材を当てる

・扇風機やサーキュレーターを活用し、
            部屋の空気を循環させる

・半身浴をして汗をかき身体をゆるめる

・眠る前に軽いストレッチをする



というのが身体に負担をかけず、
なおかつおこないやすい方法ですね。


私三木は基本的に猛暑日以外はクーラーを
つかいません。


上記の方法を利用するだけで、
けっこう深い眠りにつくことができています。


ちょっとクーラーを使わないことを意識するだけで、
身体はずいぶんと軽くなりますよ。


身体の負担を軽くして、暑さを乗り切り快適に
過ごすために、ぜひおこなってみてくださいね。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆暑さからパニック発作を引き起さないコツとは?
◆改善がすすんだとき陥りやすい罠とは?
◆あなたがパニック障害に陥ったのには理由があります
2016.07.17 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


筋肉の量とパニック障害は関係性があります。


実は、筋肉の量が少ないと不安を感じやすく落ち込みやすい、
逆に筋肉の量が多いと不安を感じづらく落ち込みにくい、
と言われているんですね。


昔はたくさん運動をしていて筋肉があったけど、
いまはめっきり運動する機会がなく筋肉量が減った、
という場合も注意が必要です。


昔はたしかに運動をして筋肉量があったかもしれませんが、
問題となるのはいま現時点での筋肉量ですので、
過去の実績は役にはたちません。


逆に、いま少しだけでもなにかしらの運動をしている人は、
個人差はありますが不安の質が軽めに変わってきますので。


どのような軽度な運動でも良いので、
継続していることがとても大切なんですね。


さて、ではなぜ筋肉量の不安が関係があるのか?
ですがそれは、


“自信を持つこと”


に大きなカギがあるんですね。


筋肉というのは熱量であり、力強さの主張でもあります。


筋肉が多い人はそれだけで自信につながり、
落ち込みにくく前向きな姿勢をとることができます。


格闘家やスポーツマンなどは身体を鍛え、試合に勝つために
筋肉量を上げるのはもちろんですが、筋肉をつけることで
それが見えない自信につながることを知っているから、
ツラいトレーニングにも打ち勝つことができる
んですね。


そうした筋肉をつけるという行動を起こせば、
自然と不安よりも力強さ、大きな自信が沸き上がるようになります。


ですが、筋肉をつけるといっても過度なトレーニング、
激しい運動を推奨しているわけではありません。


あくまで日常のなかで出来る、簡単な有酸素運動が、
パニック障害改善に功を奏すことが多々ありますので。


ここで、私三木がおススメする有酸素運動を
ご紹介しましょう。


・ちょっと早足のウォーキング

・ウォーキングよりちょっと早いくらいのランニング

・ゆったりしたストレッチ

・軽めのヨガ

・バランスボールを使ったコアトレーニング



というような、時間をあまりとらず比較的簡単に
できる運動をおススメします。


ウォーキングやランニングというのは、足腰を無理なく
鍛えるのにとても役立ちます。


足腰がしっかりとしていると不思議なことに、
なぜか自信を持つことができますので。


その点ではウォーキングや軽めのランニングは
有効でしょう。


また、ストレッチやヨガ、バランスボールというのも、
体幹を鍛えるのに適しています。


俗にいう「インナーマッスル」というものですが、
これは身体の中心の核となる筋肉のことです。


インナーマッスルも意識して鍛えておくと、
これも将来的に自信につながっていきますので。


先ほども言いましたが、身体を酷使させ筋肉をつける、
身体を鍛え上げる必要はありません。


今回ご紹介した方法を日常に取り入れ、
実践していくだけで十分です。


不安を解消する体質になる、パニック障害の改善をすすめて
いくため、自分のペースで出来る運動を取り入れていきましょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆笑顔を意識することでパニック障害は軽減する?
◆パニック障害を食事から改善していくポイントとは?
◆パニック障害を完治させる人はここが違います
2016.07.16 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


内臓の冷えとパニック障害には関係があります。


内臓が冷えてしまうことで免疫力が下がり、
自然治癒力も下がると言われているんですね。


また、それにともない不安という感情が増えやすく、
予期不安が頻発する可能性もあります。


そして、その冷えが原因でパニック障害が治りづらい、
改善にいたらない、という現象が起こる可能性があります。



ですので、いかに内臓を冷やさないか?
ということが大切になるんですね。


今回は、内臓を冷やさないために必要なこと、
内臓を温めるコツについてお話をしましょう。


まず、内臓というのは冷やさないために、
内側から温めるというのが基本になります。


内側から温めるのに適していることは、
内臓に良いもの、温めるものを摂取する、ということです。


ここでいう内臓を温めるものとは、


・生姜、ニンニクを料理に取り入れる

・白湯を飲む

・生姜湯を飲む

・根菜を多く摂る



といったものですね。


内臓を温める、できるだけ冷やさない工夫をすることで、
先ほどお話した不安感情も抑えやすくなり、
パニック発作の発生率も変わってきます。


逆に、内臓を冷やしてしまうもの、
できれば摂取は避けたいものとしては、


・砂糖などの精製白糖

・薬全般

・夏野菜の過剰摂取

・アイスやかき氷など全般



などですね。


上記はできれば避けたいものであって、
絶対に避けなければならないものではありません。



あまりストイックに摂取しないようにすると、
けっこう苦しくなってしまいますので、
ほどほどに摂るぶんにはまったく問題ありませんので。


また、摂るもの摂らないものを考えながら、
できれば軽めの運動も意識したほうが良いでしょう。


軽めの運動というのは、ウォーキングやゆったりした
ジョギング、ストレッチ、軽めのトレーニングなどですね。


運動によって筋肉量が増えることで、
それは熱を発生させる装置となり、
身体全体の温め効果を期待できます。


無理にとは言いませんが、できるだけ身体を動かす
習慣を持つ、クセにすることで、思いがけない効果を
得ることができますので。


パニック障害を劇的に改善する、将来的に成し遂げる、
完治という未来のため、できるだけ内臓を温める
習慣を持つことは有効ですよ。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害の基礎知識は完治への助けになります
◆パニック障害完治を実現させる確実な方法とは?
◆パニック障害に怯えない毎日を過ごすために
2016.07.14 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害に陥ってしまうと、以前までひとりでできて
いたことができなくなることが多々あります。


例えば、買い物や遠出の外出、ひとりでの病院受信、
ひとりでの美容院、子どものイベント参加、学校行事、
などですね。


そんなとき、どうしてもひとりで難しいと感じたとき、
あなたは誰かに頼ることはできますか?


日本人は元来、「誰かに頼る」ということがちょっと苦手です。


そこには古き日本の風土といいますか、


「他人に迷惑をかけてはならない」

「困難は自分で乗り切らなければいけない」


というような、ある意味精神論的な?考えが
根底にあるからなんですね。


この考えが頭をよぎり、誰かに頼ることを拒んでしまうと、
できないことが更にできなくなってしまう可能性があります。


パニック障害を完治させるという将来のためには、
時として人に頼る強さも必要になります。


また、実は誰かに頼ることを拒む、裏側に隠された
感情がパニック障害の完治を遅らせる原因になる
こともある
んですね。


パニック障害の完治を目指すため、いろいろと取り組んで
いても、それではもったいないですよね・・・・


ではいったい、その裏側に隠された感情とはなにか?


それは、


“罪悪感”


なんですね。


ひとりでは難しい、誰かに頼りたくても、
この「罪悪感」が沸き上がってきてしまうと、
自分を引っ込めなにもできないという事態を招きます。


そうならないため、誰かに頼りづらいときは、
下記のポイントを意識するのが良いでしょう。


・一生頼むわけではない、一時だけという気持ちを持つ

・パニック障害のことを周りに理解しておいてもらうことで、
 あなたが思うより周りは手伝ってくれる

・「助けてくれたからいつか恩返ししよう」という気持ちを持つ

・強がらない、弱さを見せる勇気を持つ



パニック障害に陥ってしまう人は、周りに気を遣う人が
ほとんどです。


どちらかというと、自分よりも他者を優先させて
しまうんですね。


ですが、パニック障害のときはそれをわきに置き、
堂々と頼ることを意識しましょう。


そのためにも、周囲のパニック発作への理解を
お願いすることは大切です。


あなたのパニック障害完治を有利にすすめるため、
他者に頼むことを自分に許していきましょう。





↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治には強力な信念が必要です
◆パニック障害を撃退するのに必要な「未来思考」とは?
◆上手な呼吸はうつ気分を解消します
2016.07.11 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


予期不安はツラく苦しいものであり、できれば
それ自体を感じたくありませんよね。


予期不安はパニック障害と切っても切れない縁があり、
パニック障害の完治には予期不安をいかに解消させるか?
がひとつのカギになります。


さて、そんなありがたくない予期不安ですが、もし、
感謝をすることで解消できるとしたら、
あなたはそれを信じますか?


「え!?予期不安なんかに感謝なんてできないよ!!」


と思う方も当然いるでしょう。


予期不安は害を及ぼすものであり、
当然敵として考えているからですよね。


そう考えるのは当たり前であり、
当然の事といえるでしょう。


ではなぜ?当然の事といっておきながら、
予期不安に対して感謝をすすめるのか?


それは、


“本来、不安感情はあなたの身を守る味方であるから”


なんですね。


味方であると聞いて驚かれましたか?


なぜ味方であると言い切れるのか?それは、


「なぜ人間は不安という感情を感じる必要があるのか?」


というところにヒントがあるんですね。


この「不安」という感情は、
未来に起こり得る危険を回避するため、感じる感情です。


不安を感じるからこそ様々なアクシデントや事故を
予測し、そこから身を守ることができるんですね。


いわば、危険察知センサーのようなものです。


本来はあなたを守るべきセンサーですので、
そこに「感謝」を述べることで、不安という感情と
あなたは敵対意識ではなく仲間意識をもつことが
できます。



少々非科学的な話になってしまいますが、
「感謝する」という行為は、大きな力を秘めていますので。


不安を敵対視するのではなく、
思い切って寄り添ってしまうんですね。


その結果、不安はあなたを敵とみなさなくなり、
不安を感じてもこころ落ち着かせることができる
ようになります。


では、実際の不安に感謝する方法をお伝えしましょう。


1)姿勢を正し、深い呼吸を4~5回くり返します

2)身体のどのあたりに不安が住んでいそうか?イメージし、
 その部分に右手を当てます

3)右手を当てたまま、

「不安よ、いつもありがとうございます。
            こころから感謝しています。」

と10回ほどゆっくりと言葉を噛みしめながら伝えます。

4)伝え終わったら深い呼吸を4~5回おこない、
 感謝の気持ちをしっかりと感じます。



という流れになります。


感謝をおこなうのは、朝昼晩とどのタイミングでも
かまいません。


トータルで5分くらいですので、
ちょっとした空き時間にもできますので。


一風変わった?予期不安の解消法ですが、
ものは試しで、ぜひお試しくださいね。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害にこだわりすぎていませんか?
◆パニック発作を気にせず美容院に行く方法
◆完治を「諦めない」気持ちをまちがえてしまうと・・・
2016.07.10 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


前回の動画公開から時間が経ってしまいましたが、
新しく、


「周りの人ができるパニック障害への接し方」


という動画をアップいたしました↓↓↓↓

https://youtu.be/CW58xDFu1vc


パニック障害の当事者の苦しみ、ツラさ、行きにくさなど、
なかなか周囲の人は理解するのが難しいものです。


周囲の人だけでなく、たとえそれば医師であっても
専門家であっても、ほぼ同じです。


今回の動画は、ご家族の方はもちろん、ご友人、ご兄弟、
会社の同僚、知人など、


“パニック障害の人に対し、どのように接していけばいいのか?”


ということを3つのポイントに分けて説明しています。


その3つのポイントとは、


・パニック障害とはいったいなにか?理解するよう努める

・一緒にカウンセリングや診察を受けてみる

・できるだけ安心感を与えてあげる



というものです。


この3つのポイントはとても大切なことであり、
これらを周りの方たちが理解し実行していくことで、
パニック障害の方の改善率は格段にあがります。


動画では詳しく説明をしていますので、
ぜひ今回の動画もご覧くださいね。

https://youtu.be/CW58xDFu1vc




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害になぜカウンセリングが必要なのか?
◆ネガティブをポジティブにする必要はありません
◆「怒り」という感情を溜め込みすぎてしまうと・・・

2016.07.09 10:00 | パニック障害改善動画集 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


自分を解放することって、実はとても大切です。


ここでいう「解放する」というのは、感じている感情を
溜め込まない、思い切り発散する
、ということです。


パニック障害に陥る人は、この「解放する」というのが、
どちらかというと苦手であり、自分の内面に溜め込んで
しまうことが多々あるんですね。


溜め込んでしまう感情は例えばですが、怒り、悲しみ、やるせなさ、
不安、怖さ、憎しみ、恨み、などでしょうか。


逆にいうと、感じている感情をそのままに発散する、
爆発させていくことでパニック障害の完治は近い
存在になっていきますので。


ではいったい、どのように解放すればいいのか?


いろいろやり方はあるのですが、私三木がおススメする
方法は、


“声を張り上げて叫びきる”


という方法なんですね。


ご自宅が広い、もしくは音が響かない小屋がある、
という状況があれば別ですが、声を張り上げるの
はなかなか厳しいものがありますよね。


そこで私三木がおススメする方法は2つありまして、


・カラオケボックスを利用する

・家にある持ち物を利用する



というものです。


では、順番にご説明をしていきますね。


・カラオケボックスを利用する


これはそのままのとおり、カラオケボックスに行って
声を張り上げる、というものです。


カラオケボックスは基本、防音設備がなされています。


ものすごく声を張り上げても、外にはなかなか
漏れにくい構造になっています。


そこを利用して、あるがまま、自分の内面に素直に従い、
ただただ声を張り上げてみるんですね。


声を張り上げる内容はなんでもかまいません。


例えば、


「うおおおおおーーーーー!!!」

「ぐわああああああーーーーーーーーー!!」

「腹が立つ!めちゃくちゃ腹が立つーーーーー!」

「パニック障害が憎い!こころの底から憎い!!」

「パニック障害になってしまったことが超悲しいーー!!!」



というような感じですね。


もう、めちゃくちゃ叫ぶことが非常に大切です。


遠慮することなく、こころの奥底から、溢れるままに、
声にならなくてもいいので叫び倒すことです。


・家にある持ち物を利用する


外出が厳しかったり、カラオケボックスに一人で
入るのに抵抗がある、近くにカラオケボックスがない、
という場合は、これからお話しする内容をおススメします。


まず必要なものですが、「枕」と「掛布団」を用意します。


もしくは枕のようなクッション、厚手も毛布でも大丈夫です。


それらを用意したら、まずは枕(クッション)に顔を埋め、
その上から掛布団、厚手の毛布を頭にかけます。


枕(クッション)や掛布団などは、叫び声がほかに
聞こえないようにするために工夫ですので。


もしほかに、叫び声が漏れない方法を知っていれば、
それでも良いでしょう。


枕(クッション)に顔を埋め、掛布団をかけた状態で、
上記であげたカラオケボックスを利用したときの叫び、
声を張り上げることをしてみましょう。


叫べば叫ぶほど、声を張り上げれば張り上げるほど、
内面に溜まっている感情は外に放り出されていきます。


今回の方法を用いることで、勇気が湧き、
力を蓄えることができますので。


ぜひ、パニック障害を完治させるため、
あなたの内面に巣くっている感情を消化させませんか?



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆たった300円で出来るパニック発作解消法とは?
◆“いい加減”な状態がこころを軽くする
◆パニック障害が嫌がり苦手とする意識とは?
2016.07.07 10:00 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


前回ですが、予期不安が強いときやツライとき、
発作で苦しいとき、誰かに頼ってしまうというお話をしましたね。


「誰かに頼り切ることで予期不安は消えていく」

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-758.html


誰かに与えてもらう安心感、癒しの効果は高いものです。


自分で抱え込まず、頼ってしまうことで、
いろいろな面で楽になることは多々あります。


今回は、自分ひとりで出来る予期不安の対処法について
お話をしますね。


ですがその前に、まずは「感情の定義」について、
お話をしましょう。


感情というのは、ある特徴があります。


このブログでも何回か取り上げているので、
わかっているかもしれませんが、


“感情は否定や無視をすると大きくなり、
          認め受け入れていくと小さくなる”



という特徴ですね。


感情を否定する、無視する、というのは、例えばですが、


「大丈夫大丈夫。なにも問題ない」

「もっとしっかりしないとダメだ!」

「なんで不安なんて感じるんだ、もう嫌だ・・・」



というようなことを考えたり思ったりすることです。


場合によっては大丈夫という言葉、考え方は
有効なのですが、感情に焦点をあてると、
大丈夫というのはあまり有効ではありません。


それに対して、感情を認める、受け入れる、というのは、


「私はいま不安を感じている。不安でも良い」

「私は怖い。もちろん怖い、怖くても良い」

「私はいま不安を感じているんだね、不安でもいいよ」



というように、そのままを認める、受け入れてしまう、
ということなんですね。


これを頭においておきながら、今回お話しする
方法を実践することで予期不安や発作が
和らいでいきますので。


では、実際の予期不安の解消法についてお話をしましょう。


実践方法ですが、


1)背筋をまっすぐにし4~5回深い呼吸をくり返す

2)両手を胸の前でクロスさせ両手で腕に触れ、
自分を抱きしめるような姿勢になる

3)その状態のまま、

「私はいま不安を感じている。もちろん不安で良い」

「私は怖い。もちろん怖くてもいい」

「私は不安なんだよね。不安はすぐに通り過ぎるからね」

というような言葉を用い、自分のなかの小さな自分
(インナーチャイルド)に語りかけるように10回ほどつぶやく

4)不安や怖さが薄れていくまで、何回かくり返していく



というものです。


この方法に慣れていくと、自分を抱きしめなくても
こころの中で言葉をつぶやくだけで落ち着きを
取り戻していきます。


ポイントは、自分のなかの小さな自分をイメージし、
その小さな自分を包み込むように語りかけてあげる、
ということですね。


この方法を習得すると大きな武器となり、
パニック障害の完治へまた一歩すすみますので。


ぜひ、実践してみてくださいね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆「予期不安」を解消したくありませんか?
◆思考を変えて予期不安を抑えていく方法とは?
◆集中することで意図的に発作を避ける方法とは?
2016.07.03 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたは、


“誰かに頼ること”


は得意ですか?それとも苦手でしょうか?


人に頼ることについて抵抗がある、もしくは罪悪感がある、
という人は少なくありません。


また、人に頼ることが得意、上手に頼れる人もいます。


これはどちらが良い、悪い、ということではありません。


ただ、予期不安が強いときやパニック発作で苦しいとき、
誰かに頼り切ってしまうことでそこから抜け出すことが
できるんですね。



自分だけでは感じきれない安心感や安らぎ、安定感など、
他者からもらうことでとても気持ちが楽になります。


どっぷりと予期不安やパニック発作に意識を奪われることなく、
意識を正常に回復させるのが早いという効果があるんですね。


しかし、誰かに頼る、というのはべったりと依存せよ、
ということではありません。



頼れる相手、もしくは頼りたいと考えている人は、
個人的な都合がありますので、その都合を考慮した
うえでツライとき、苦しいときに頼り切るという線引きは必要です。


さて、線引きをある程度視野に入れたうえで、
ご家族でも兄弟でも友人でも、やってもらうと
効果が高い方法をお伝えしますね。


1)正面からしっかりと抱きしめてもらう(ハグしてもらう)

2)そばに寄り添ってもらい背中をさすってもらう

3)手をつないでいてもらう、握っていてもらう



という3つがおこないやすく、最適でしょう。


ひとつずつ順番に、細かなポイントなどお話ししますね。


1)正面からしっかりと抱きしめてもらう(ハグしてもらう)


ご家族でもご兄弟でも友人でも、親しい人に真正面から
優しく抱きしめてもらう方法です。


肩の力を抜いて、ゆったりと深い呼吸を意識しながらリラックスし、
相手に任せるつもりで、しっかりと抱きしめてもらいましょう。


そうして抱きしめてもらうなか、その人の温かさ、
優しさ、心地よさなどを存分に感じてみてください。



その感じている感覚は、あなたを守る武器となりますので。


2)そばに寄り添ってもらい背中をさすってもらう


できるだけあなたの横に寄り添ってもらい、背中を優しく
さすってもらう方法です。


ゆったり深い呼吸をしながら、背中を優しくさすってくれている
感覚に意識を向けてみてください。


さすってくれる手の平からの温かさ、エネルギーが、
あなたを守ってくれます。



そうして、さすってくれる、触れてくれる感覚に、
身を任せてみましょう。


その温もり、優しさがあなたを支えてくれる勇気となります。


手をつないでいてもらう、握っていてもらう


これはいちばんシンプルな方法ですが、
もちろん効果は高い方法です。


抱きしめてもらう、背中に触れられることに抵抗がある場合、
手をつないでもらう、優しく握っていてもらうだけでも、
大きな安心感を得られますので。


正面からでも横から寄り添ってもらいながらでも、
どのような形でもかまいません。


手をしっかりつないでいてもらう、優しく握っていてもらう、
そうすることで、やはり安心感を感じることができます。



相手の手の感覚をしっかりと感じながら、
その安心感に身を任せてしまいましょう。


手から伝わる温もり、優しさが、あなたに大きな力を
与えてくれますので。


いかがでしたか?


誰かに頼ることに抵抗があったり、苦手と感じるかもしれません。


ですが、それは一旦わきにおき、将来的にパニック障害、
パニック発作を改善させていくため、ぜひ頼ってみましょう。


ちょっとの勇気、ちょっとの行動が、
あなたの不安や怖さを消していってくれますよ。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆あなたは催眠術にかかっているのかもしれない
◆それは発作ではなく副作用ではないですか?
◆毎朝5分の瞑想はパニック障害改善に効果を発揮する
2016.07.02 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |