パニック障害「完治」の秘訣。2016年06月

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

2016年05月 | 2016年06月の記事一覧 | 2016年07月

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「病は気から」という言葉がありますよね。


これは、


「病気というのはやる気や気力が減退しているから。
        しっかりと気を引き締めれば病気にはならない」


というような意味で用いられることが多々あります。


ですが、実はそれは間違った解釈なんですね。


「病気」というのはその名のとおり、“気が病に陥っている”
という状態を指しています。


どういうことか?というと、「気」というのは体内エネルギーの
ことであり、その体内エネルギーが減退してしまうと、
いろいろな病を引き寄せてしまう
、という意味なんですね。


パニック障害というのも、ひとつの気の病です。


パニック障害は身体的な病ではなく、気という体内エネルギーが
なんらかのストレス、圧力をうけて発症するものです。


ですので、いかに体内エネルギーを減退させないか?
そのエネルギーをストレスなく循環させるか?ということに
気を配ることが大切なんですね。


ですが、体内エネルギーと言っても、
それもちょっとわかりづらいですよね(笑)


体内エネルギーというのは、いわば、
身体のなかを循環している目に見えない血液のようなものです。


普通の血液もそうですが、それが濁ってしまったり、
循環が悪くなると、とたんにいろいろな病が生じます。


それと同じなのですが、いかに気を濁らせないか?
循環を悪くさせないか?というのことがカギになるんですね。


気を濁らせない、循環を悪くさせない方法というのがあります。


この方法を常日頃から意識しておくことで、
将来的にパニック障害の完治にも影響してくるものです。


では、その方法とはどのようなものか?ですが、
それは、


“身体が喜ぶこと、感情が豊かになることを意識する”


というのを実践していくことです。


身体が喜ぶことというのは、例えばですが、


・ゆっくりと身体を休ませる

・適度な運動をして身体に刺激を与える

・身体に良いもの、自然食品を食べたり飲む

・日々のできごと、生きていることに感謝する



などですね。


「身体をいたわるにはどうすればいいか?」ということを
考えたとき、いろいろなことや方法が思いついたり、
ひらめいたりするでしょう。


そういったことを実践していくことで
身体は喜び、いろいろと気力が充実してきますので。


また、感情が豊かになることを意識する、というのは、
うれしい、楽しい、素晴らしいと思うことを体験し、
それによって湧き上がる感情をたくさん味わう、ということです。


気づかないことも多いかもしれませんが、
ちょっとだけ目を凝らしてみると、いろいろと
楽しいことやうれしいことはあるものです。


そういった小さなことでもいいので、
幸せな感情をたくさん経験することなんですね。


そういったことを常に意識しておくと、
気のめぐりがよくなり、パニック障害を
撃退させていく力になりますので。


ぜひ、身体が喜ぶこと、感情が豊かになることを意識して
こころがけ、パニック障害の完治へ役立ててくださいね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆上手な呼吸はうつ気分を解消します
◆プラス面に目を向けることの重要性
◆パニック障害を完治させる人はここが違います
2016.06.30 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


人間は感情の生きものであり、感情によって幸せにも
不幸にもなってしまいます。


人間というのは常になにかしらの感情を感じているものであり、
それはなにかしら起こったことに対して、良い感情か、
良くない感情か、分かれるんですね。


また、そういった感じる感情の種類によって、
パニック障害が苦手とするものがあります。


いわば、パニック障害が逃げ出してしまう感情とも
言えるものですね。


パニック障害が思わず逃げ出してしまう感情をたくさん
感じること、それを感じるクセをつけることで、
おのずとパニック障害の改善がすすむことでしょう。


では、パニック障害が思わず逃げ出す感情とは
いったいなにか?


それは、


“幸せ感(幸福感)”


なんですね。


幸せ感とは、楽しいことや嬉しいこと、ハッピーなこと、
ラッキーなことなどによって沸き上がる感情のことですね。


この「幸せ感」を常日頃から感じるような状態にしておくと、
パニック発作は起こらずに将来的にパニック障害の
改善がすすんでいきます。


逆の言いかたをすると、パニック障害が起きた裏側には、
この「幸せ感」の感度が下がっているから、とも言えます。



ですので、どのようなことでもいいので、楽しいと思えること、
嬉しいと思えること、ハッピーだと感じることを意識していけば、
それ自体がパニック障害の撃退につながっていきます。


「幸せ感」を感じるようにするため、おこなうことは
なんでもかまいません。


例えばですが、


・好きなお笑い芸人を見て大笑いする

・ハッピーエンドの映画を見て幸せを感じる

・運動することで汗をかきサッパリ、スッキリ感を感じる

・好きなマンガや本を読んでほっこりする



などがありますね。


「幸せ感」を日常で感じれば感じるほどパニック障害の
改善につながっていくのですが、なかには、


「パニック発作が起きるかと不安や
    オドオドしているのに、そんな余裕はないよ!」


と感じたり思ったりする人もいるでしょう。


余裕がないと確かに嬉しい、楽しいと感じたり、
喜ぶことは難しいでしょう。


ですが、人間は自分が感じる感情を選ぶことができます。


あなたが感じる感情、よくつかっている感情などは、
実はあなたがそれを選択して感じているんですね。


大切なことは、不安や怖さ、怯え、心配などのネガティブな
感情を選ぼうとせず、感情は選択することができると考え、
楽しもう、幸せ感を感じようと決断することです。


あなたが使い慣れた感情を手放すこと。


そして、新たに幸せを感じられる環境を見出し、
嬉しいことや楽しいことをおもいきり感じること。


それらがちょっとずつでも日常で出来てきたとき、
パニック障害はおのずと撃退されていきます。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害は「白黒思考」が大好きです
◆笑顔を意識することでパニック障害は軽減する?
◆これをするとパニック障害は長期化します
2016.06.28 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたは、


「私のパニック障害は治らないかもしれない・・・」

「良くなっていく気がしない・・・」

「治していく自信が持てない・・・・・」



など、そのようなことを考えたり、思ったり、
感じたことはありませんか?


もし、そのようなことが頭から離れないのであれば、
あなたのパニック障害は強まってしまう可能性があります。


もしくはなにをやってもおこなっても、
改善までいたらない、という事態に陥ってしまう
可能性があるんですね。



あなたが感じること、考えること、思うこと、
というのは、それが現実化することが多々あります。


「引き寄せの法則」

「思考は現実化する」


とも言われますが、あなたが感じることが強ければ
強いほど、それらは引き寄せられ、現実として
あなたに降りかかる可能性があるんですね。


これはオカルトなことでもスピリチュアルなことでもなく、
ある意味自然の摂理ともいえるものです。


これには「潜在意識」というあなたの中の無意識が
深く関係している
んですね。


「潜在意識」というものは自分自身でコントロール
することはできませんが、感情に大きく左右される、
という特徴があります。


あなたがなにか嫌なことや苦しいこと、ツライことなどを
考えたとき、なにかしらの嫌な感情が沸き上がると
思います。


例えばそれは、不安であったり怖さであったり、
心配であったりといろいろあるでしょう。


そのような感情があなたのなかで大きく膨らんで
いくことで、潜在意識はそれをキャッチし、
アンテナを立て、それを実現させるために動きだします。



ですので、いかに考えに縛られることなく、嫌な感情を
膨らませることなく日常を過ごしていくか?というのが
パニック障害を改善させる大きなポイントになるんですね。


考えに縛られず嫌な感情を膨らませないひとつの方法は、


“プラスの言葉を使ってそれらをリセットしてしまう”


ということが有効でしょう。


いわば「アファメーション」を利用する、ということですね。


例えばですが、嫌な考えが頭をもたげ、
そこに嫌な感情が湧いてきたときには、


「私にはパニック障害を完治できる力があることを知っている」

「私には大きなパワーがみなぎっている、
       パニック障害を打ち負かすことができる」



というような力強い宣言を何回もおこない、
嫌な考え、感情を振り払っていくというものです。


あなたが感じる考えや感情はコントロールできますし、
いかようにも変化させることができます。



ネガティブな考えや感情が頭をもたげてきたら、
アファメーションを有効に活用しそれらを
撃退させていきましょう。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆怖さや不安はあなたが自分で創りだしている
◆パニック障害から逃れることはできません
◆パニック発作へのストレスが消える「2つのこと」とは?
2016.06.26 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害は親との関係性からも発症します。


なぜ親子の関係性からパニック障害が起こるのか?
それは、


“親から与えられるメッセージの受け取りかた”


に答えはあるんですね。


親は基本、子どもにたいし愛情をもって接します。


その子にたいし良かれと思う愛情を与え、
しなやかに強く、人生を歩いていけるようしつけや教育をします。


ですが、ときには良かれと思って与えている愛情そのものが、
子どもをとことん苦しめてしまう
、という結果になることが
あるんですね。


例えばですが、親はその子に強くなってほしい、
簡単に挫けないこころをもってほしい、と思ったとき、


「強くならなければいけません」

「途中で挫けてはなりません」

「最後まで諦めずにすすまないといけません」



というようなメッセージを子どもに与えます。


そして、そのメッセージに当てはめようと、ときには言葉で、
ときには暴力でその子を従わせようとします。


しかし、それを受け取らなければいけない子どものこころ、
気持ちはどうでしょうか?


子どもはそういった愛情ではなく、ただ褒めてほしい、
ただ認めてほしい、ただ抱きしめて笑いかけてほしい
だけかもしれません。


結果、親が良かれと思い与えている愛情と、違うものを
受け取りたい子どもの気持ちに不適応が生じます。



それがずっと続いていくと、親は良かれと思い与えているので、
変わらぬまま継続され、それを受け取れない子どもは辛く
苦しい感覚だけが残り、受け取れない自分を
責め始めてしまいます。


そうなると親からの愛情そのものがストレスとなり、
でもがんばって受け入れないといけないという
気持ちがエスカレートし、それに耐えきれずに
パニック障害が引き起こされます。



人間は年齢とともに身体が成長し、様々な経験を積んでいき
ますが、実は過去に感じたこと、経験した感覚、こころの中身は、
大人になっても子どもの頃のままです。



よく「それは昔のことだから」「子どもの頃のことだし」
という言葉を片付けようとしてしまいますが、
それはちょっと危険なことです。


なぜなら、子どもの頃のこころの中身を大人になっても
引き継いでいるので、それがパニック障害の引き金に
なる可能性が大きいからなんですね。


また、もしあなたのパニック障害がそういった過去に起因して
いる場合、大切なことは「親が悪いんだ!!」と恨むことでは
ありません。


親を恨み、憎み、怒りをもってぶつかっていっても、
そこからパニック障害が好転していくことはありません。


重要なことは、


「小さな頃の私はとてもがんばっていたんだね」

「小さい頃、とても悲しかったし辛かったね」



というように、自分自身をいたわる、自分自身を許す、
しっかりと苦しかったことを受け止めていくことです。



自分をしっかりと愛すること、自分は大きな存在価値がある、
と理解することで癒されていき、それがパニック障害を完治
させていく力となりますので。



あなた自身をしっかりと愛すること。


自分には存在価値があると理解すること。


そのようなことを考え実行していくと、
おのずとパニック障害はあなたから離れていきますよ。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆幼児期の虐待経験をほうっておくと・・・
◆パニック障害完治の近道は人の話を聞かないこと!?
◆パニック障害の完治は小さな一歩の積み重ねです
2016.06.24 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「呼吸法」と呼ばれるものにはいくつかの種類があります。


私がおすすめしているものは、上半身を真っすぐにし、
若干あごを上げながら、8秒吐いて6秒吸う、という
呼吸法です。


人は不安や怖さ、心配などを感じると身体が
自然と前傾姿勢になります。


その結果、余計に不安や怖さが増してしまうんですね。


この呼吸法は身体の姿勢を整えながら息をゆっくり
吐き出して吸うことで、感情を整えながら安定させて
いくものです。


今回はそこにパニック発作を自分の中から外に吐き出す
イメージをプラスした呼吸法
をご紹介しますね。


これは私三木が考案した「イメージ呼吸法」のひとつ
なのですが難しいことはなく、自己改善法として日々
取り組んでいただくと、大きな効果を体感できますので。


実践方法をご説明するまえにひとつ、あなたが感じる
とても嬉しいことや楽しいこと、明るい気分になれる
ことをひとつ思い出してください。


そのことを考えたら、ふわっと気分が良くなったり、
心地よくなる、またはやる気が沸いてくるような、
そんなイメージを頭の片隅においといてくださいね。


ではさっそく、実践方法をご説明していきましょう。


1)立ち上がり両足を肩幅くらいに広げ、背筋を伸ばし、
あごを若干上げ気味にする。

2)パニック発作が自分の身体のなかのどのあたりにあるか?
イメージし、ここにありそうと思われるところに右手の平を当てる

3)まずは息をすべて吐き出し、ゆっくりと息を吸いこみ、
身体のなかにたくさんの空気を充満させる

4)2で手の平を当てた部分を意識し、息と一緒にパニック発作が体外に
出ていくイメージをしながら8秒かけて息をすべて吐き出す。

5)今度は先ほど頭の片隅においた嬉しい楽しいイメージを
思い起こし、それを膨らませる感じでリラックスし、感じながら
息を6秒かけて吸い込む。

6)4と5を10回ほどくり返す



上記がおすすめするイメージ呼吸法のやり方です。


この呼吸法を上手にすすめるポイントは、


・どのようなことでもいいので、嬉しい、楽しい、おもわず明るくなる
イメージをしっかりと感じておく

・息を吐き出すときはしっかりとパニック発作が自分の体内から
出ていくイメージをし、息を吸い込むときは嬉しい楽しいイメージを
膨らませる感じでおこなう



ということが大切ですね。


慣れないと最初は難しく感じるかもしれませんが、
やればやるほど自分のものになっていきますので。


最終的にパニック障害を完治させるため、
ぜひ日々の習慣にしてみてくださいね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作を眼球運動で解消する方法
◆「睡眠時パニック発作」に対処する方法とは?
◆何度も確認したり落ち着かないことはありませんか?
2016.06.23 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたはいま、


「めまい」


に振り回されていませんか?


パニック発作状態に陥ったとき、または予期不安などにより、
「めまい」が伴うことは多いものです。


「めまい」はいきなり起こるものと、徐々に起こってくるものと
二種類あり、どちらも気分が良いものではありません。


状況によっては起き上がれなかったり吐き気が伴う、
ということもありますので、日常の生活に
支障をきたすことが多々あります。


さて、実はパニック障害によっての「めまい」というのも、
気をつけるべきポイントを抑えることで改善していく
ことが可能なんですね。



多くの人がこの「めまい」によってツラく苦しい状況に
陥っていますが、今回お話しするポイントを抑え、
ぜひ普段の生活に取り入れていただければと思います。


ではさっそく、抑えるべきポイントについてお話しをしましょう。


ポイントといってもなにも難しいことではありません。


そのポイントとは、


・「めまい」に集中しすぎない

・「めまい」によって死んでしまうことはない

・遠くを見たり近くを見たりして「めまい」を解消する



という3つのことを意識していくものです。


ひとつずつご説明をしていきますね。


・「めまい」に集中しすぎない


パニック発作は基本、そこに意識を向けてしまうと、
どんどんその状態から抜けれなくなっていきます。


意識を発作に向けてしまうことで、
結果的に発作が自分自身を取りかこんでしまうんですね。


「めまい」にも同じことが言え、めまいに意識を向けすぎる、
集中してしまうとめまいが加速してしまいます。


大切なことは、めまいが起こることはおかしなことではない、
めまいに神経を集中させすぎない
、ということです。


・「めまい」によって死んでしまうことはない


「めまい」が起こると神経が過敏になり、
とても心配したり多いな不安を感じることがあります。


ですが、いくら「めまい」が起きていてもそれによって、
死んでしまうということはありません。



「めまい」は目の前がぐるぐるしたり立ちくらみを
伴ったりと、自分自身のコントロールがときおり
できなくなることがあります。


ですが、それにより命を落とすことは一切ありませんので。


「めまいは永遠に続くものではない。まして死ぬことはない」


というような割り切った考えを持つようにしましょう。


・遠くを見たり近くを見たりして「めまい」を解消する


これは大切なことですが、「めまい」はやりかたによって、
解消することができます。


「めまい」の状態に陥るとコントロールできないと諦めて
しまうことが多いですが、ちょっとした日々の練習により、
コントロールしていくことは可能なんですね。


解消していくひとつの方法としては、


遠くをジッと30秒ほど見つめ、その後に近くを30秒見つめる
という方法です。


この方法は乱れた視神経のバランスを調整する、
リズムを整える効果があるものです。


最初はなかなかうまくできないかもしれませんが、
気持ちを楽に習慣化していくことで、めまいを
コントロールしていけますので。


めまい解消のため、取り組んでいただければと思います。


いかがでしょうか?


「めまい」にたいし極端におびえすぎず不安になりすぎない、
という気持ちも大切です。


ぜひ、「めまい」を自分でコントロールするテクニックを
身につけてみてくださいね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作で息がうまくできない人へ
◆「言霊」を用いてパニック障害を改善する方法とは?
◆パニック障害の完治はセルフイメージで左右される
2016.06.22 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


以前にもなんどかお話しをしていますが、
パニック障害の完治をすすめるうえで、
潜在意識をうまくつかうことは大切です。


潜在意識というのは基本、
自分自身でコントロールできない領域にあります。


違う言いかただと、「無意識」と呼ばれているものですね。


人間がコントロールできるのは「顕在意識」と
呼ばれるもので、こちらは頭で考えたり自覚
できる意識です。


今回はパニック障害の完治をすすめるうえで重要と
なってくる、


“あるものを使って潜在意識を有効活用していく方法”


をお話ししますね。


まず、潜在意識を活用するうえで大きなポイントに
なるのは、くり返すということです。


くり返すのは言葉であったり感情であったり思いで
あったりといろいろですが、今回はプラスの言葉
しぼってお話をします。


プラスの言葉というのは例えばですが、


「私はすでにパニック障害を完治している」

「私の中からパニック発作は消えている」

「私にはパニック障害を完治させる爆発的な力がある」



というように、さも自分のなかにパニック障害は
すでに存在していない、もしくはパニック障害を
完治させるだけの余りある力がある、ということを
肯定的に宣言をしていきます。


できるだけ力強く、真剣になんども繰り返すことが、
重要なポイントになるんですね。


なかには、


「完治させていく自信がないのに、
肯定的な言葉をくり返すのは気がすすまない」


ということを考える人もいるでしょう。


ですが大丈夫です。


本来はしっかりと自信を持って肯定的な言葉を
宣言していくのが良いのですが、自信がなくても、
なんどもなんどもくり返すうちに、その言葉が
しっかりと自分のものになっていきますので。



まずは身構えずに始めることが大切なんですね。


プラスの言葉をそのまま口に出して宣言していくのも
良いのですが、前述で「あるもの」を使っていく、
というお話しをしました。


その「あるもの」とはなにか?ですが、それは「ノート」です。


ノートにプラスの言葉、肯定的な宣言をひたすら
くり返し書いていく。


なんどもくり返して書き出し、そしてそれをしっかりと
眺めながら口にだしていく、という方法なんですね。


ノートに書き出すことで視覚化でき、そこから潜在意識に
浸透させ、そしてそれを改めて口にだしていくことで、
耳からも潜在意識に浸透させる、というダブルの方法です。


実際のやり方の順序ですが、


1)ノートとボールペンなど書くものを準備する

2)肯定的で前向きな、それが達成できている、
成し遂げる力がある、というような言葉を思い浮かべ、
それをひたすら5分間書き出していく

3)5分が経過したら書き出した言葉を眺め、
今度は口にだして力強く唱えていく

4)時間に余裕があれば、また違う言葉を思い浮かべ
1~3をおこなう



となっています。


気をつけなければならないことは、


「~だといいな」「~を達成したい」「~を希望している」


というように、そうなったらい良いな、という希望的観測は
書き出さない、ということです。


希望的観測を書き出してしまうと、まだ達成できていない、
成し遂げていないという方向に向いてしまい、


「達成できないんじゃないか・・・?」


というような恐れや不安が生まれてしまうためです。


潜在意識はより強い感情に引っ張られる、反応する、
という性質があり、恐れや不安を感じると、そちらが
現実となります。



ですのであくまで、すてに達成できている、成し遂げている、
自分には十分な力がある、というように力強く宣言してしまう、
ということが大切なんですね。


実際にこの方法でパニック発作がピタリと起きなく
なったり、予期不安が解消できたという事例も
たくさんあります。


まずは身構えずにやってみること、実践してみることが、
パニック障害を完治させていくカギとなります。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆サプリメントもパニック障害のあなたを助けます
◆広場恐怖からすぐに逃げ出す裏ワザとは?
◆なぜあなたにパニック障害が発生したのか?
2016.06.18 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害は「孤独感」を生み出しやすい、
という特徴があります。


実は「孤独感」というのは、
人間の精神に大きな影響を与えてしまう場合があります。


人間というのは基本、ひとりきりであったり、
強い孤独には太刀打ちできません。


ひとりきりが長い間続いたり、強い孤独感を常に
感じていると、それはものすごく大きなストレスとなり、
精神に混乱をきたすことがあるんですね。


結果、精神的な病に陥ってしまう、ということに
つながりかねません。


これはパニック障害にも言えることで、パニック障害の
ことを周囲に理解されない、ひとりで苦しさを抱えて
いると、パニック障害の完治が遠のいてしまう可能性が
あります。



そうならないためにも、孤独にならないよう、
周囲の理解をすすめていく必要があるんですね。


孤独を解消させる、防いでいくには、
大きくふたつをすすめていく必要があります。


それは、


・周囲の人にパニック障害を理解してもらい助けてもらう

・自分で孤独感を解消するテクニックを身につける



というものです。


では、ひとつずつご説明をしていきましょう。


・周囲の人にパニック障害を理解してもらい助けてもらう


パニック障害をひとりで抱え込まず、
周囲の人に理解してもらい、いざというとき
協力をしてもらうことは大切です。


ひとりで抱え込んでガンバっても、そこには
限界があるものなんですね。


できるだけパニック障害であることをカミングアウトし、
周囲の理解と協力を得ながら、一歩ずつパニック障害の
完治を目指すことは大切です。


また、理解し協力してもらう者としては、
カウンセラーなどの専門家も含まれます。


家族や兄弟、友人、知人だけにとどまらず、
できるだけ専門家に協力を依頼することも大切です。


・自分で孤独感を解消するテクニックを身につける


孤独感という感情は、なにもしなければそのまま
存在し続ける感情です。


家族や兄弟、友人や知人と一緒に過ごせばある程度
消化できますが、孤独感をすべて消し去ることはできません。



また、孤独感という感情は精神を不安定にさせてしまう
感情でもあります。


その孤独感をうまく解消させていくコツとしては、


“自分を愛すること、慈しむことを尊重する”


ということが大切です。


孤独感というのは、自分自身をこころから大切に思う、
愛する気持ちを持つことで薄らいでいきます。


「私は自分の存在がこの世界でとても大切です。
          私は自分のことをこころから愛しています。」


とアファメーションする、常々感じていくことで、
自分を愛するという感覚が備わっていきますので。


ぜひ自分をないがしろにせず、しっかりと
愛情を注いでほしいなぁ、と思います。


孤独感からパニック障害を強めないためにも、
ぜひ上記を意識してみてくださいね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆感謝はパニック障害の改善に効果があります
◆いちばん簡単にパニック発作を解消する方法とは?
◆不安を解消するには3つのポイントがあります
2016.06.16 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害を完治させていくため、


“親は恨んだり憎んだほうが良い”


といったら、あなたは驚きますか?


親を恨め、憎め、というのは少々語弊がありますが、
恨むべきところは恨み、憎むべきところは憎む、
ということが大切なんですね。


ほとんど全員がそうだと思うのですが、


「両親にたいして感謝しなさい」

「親を誇りに思いましょう」

「両親を大切に尊重しましょう」



というようなことをいろんな人から聞かされて、
身に染みていると思います。


ですが、親という存在は親である前にひとりの
人間であり、男と女という生きものです。


あなたがいままで育ってきた過程には、
あなた望まなかったであろうことも含まれているんですね。


教育、しつけ、という名のもとに親はあなたにたくさん
接してきたでしょう。


ですがそのなかには、あなたを
苦しめる、辛くさせてしまうこともたくさん存在しています。



もちろん親は、あなたを苦しめたり辛くさせるために、
教育やしつけをおこなってはいません。


結果論として、あなたが感じる苦しさや辛さがいまの
パニック障害を助長させているとしたら・・・・


これは解決をしなければならない問題ですよね。


もしあなたが、いま現在親の影響に振り回されていたり、
こころのどこかで親に対して怯えている、怖さを感じている、
ということであれば、まずはその感情を消化させる必要があります。


消化させる方法は、


「私はこんなにも親を怖いと感じているんだなぁ・・・」

「私はすごく腹が立っている!ものすごく腹が立つ!」

「悲しいし、寂しいと感じているんだなぁ」



というように、あなたが感じている感情をそのまま
認めてしまう、受け入れてしまう、という方法です。


「親なんだから、そんなこと思ってはダメだ」


という気持ちをもつ必要はありません。


一旦その気持ちは捨てて、しっかりと認め、
受け入れてみる。


そのあとで、改めて親にたいしての感謝やありがたみが
湧いてきますので。


まずはしっかりと、あなたが感じている感情を消化させる、
認め受け入れることを始めていきましょう。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆親への怒りをそのままにしていませんか?
◆見捨てられ経験でもパニック障害は発症する
◆完治するためのカウンセリングの受けかたとは?
2016.06.15 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


新しい動画、


「精神科医はパニック障害を治せない?」


をアップしました。↓↓↓

https://youtu.be/7LZUAj9etO0


「あなたはパニック障害です」と診断名をつけるのは、
精神科や心療内科といった病院です。


そして「パニック障害を治そう」という気持ちを持ち、
まず最初に治療を受けていくのは病院であることが
ほとんどだと思います。


ですが・・・そのような病院という施設、
精神科医や心療内科医といった人たちは、


「パニック障害を治す人たちではない」


と言ったら、あなたは驚きますか?


「ええ!?じゃあ病院の医師たちは、いったいなにをするの?」


という疑問が浮かぶかもしれません。


実は、精神科や心療内科という機関でおこなうことは、


“薬を服用させることによる対処療法をしている”


ということなんですね。


「対処療法」とはその名のとおり、今の症状にたいし、
不安を鎮めたり抑えたりといった対処をするだけ
です。


これは湖にうかぶ汚れの例でよくお話しするのですが、
湖をキレイにするためには、表面の汚れをバケツで
一生懸命かきだしたとします。


ても、一旦はキレイになりますが、数時間、数日後にはまた
表面に汚れがうかんできますよね。


湖を本当にキレイにするためには、湖底に溜まった
ヘドロを取り除く必要があります。


薬により対処療法とは、湖にうかぶ汚れをバケツで
すくい取る作業です。


それに対し、パニック障害専門家のカウンセリングは、
湖底に溜まったヘドロを取り除く作業です。


対処療法は症状を抑えているだけですので、
根本治療にはならず再発します。


ですが、専門家のカウンセリングは、根本から
症状を解消させていく効果があるので、
完治するということが可能です。


精神科や心療内科について、
よろしければ動画をご覧くださいね。↓↓↓

https://youtu.be/7LZUAj9etO0



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆医者の言葉は聞いてはいけない?
◆あなたは予期不安を自ら生みだしています
◆昨日の自分を超えることでパニック障害は完治に向かう
2016.06.12 10:00 | パニック障害改善動画集 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害に適したカウンセリングというのは、
パニック障害が思わず逃げ出してしまうような効果があります。


とくに私三木はパニック障害完治と改善に特化した
カウンセリングを提供しています
ので、
その効果は顕著に表れます。


なぜそのような効果が表れるのか?というと、
それはカウンセリングの質、内容にポイントが
あるから
なんですね。


これまで多くの方のカウンセリングをおこなってきましたが、
いくつかの心理療法を合わせ洗練させていくことにより、
結果パニック障害に特化させ改善がすすみやすいものに
することができました。


私三木が提供しているカウンセリングは、
大きくわけて3つの領域から構成されています。


それは、


1)発作が起きるメカニズムを知ってもらい、
 発作への対処を会得していただく。

2)パニック障害になってから感じている、過去からずっと
 感じている、感情の消化をうながす

3)未来は変えることができる、自分には乗り越える力がある、
 というマインドを整えながらセットしていただく



となっています。


ひとつずつ順をおってご説明していきましょう。


1)発作が起きるメカニズムを知ってもらい、
         発作への対処を会得していただく。



発作が起きるメカニズムというのがあり、それは
個人差があるものです。


まずはじっくりとお話を伺うことで、どのような部分、
どのようなところに改善へのポイントがあるのか?
確認していきます。


そしてその人にあった、いわばオーダーメイドのような
発作への対処についてお話しをしていくんですね。


そしてだんだんと府に落としていっていただきます。


2)パニック障害になってから感じている、過去からずっと
                感じている、感情の消化をうながす



感じている感情を消化させていく、感情を直視せず、
自分でコントロールしていくプロセスをお話しします。


人間は感情の生きものですので、感情をある程度
制することができると、それだけで生きやすくなります。


パニック発作も感情の強化によって起こりますので、
それを強化させないようにセルフコントロールや、
実際に対処する術をお話しします。


また、小さなころからこころの片隅に残っている、
未消化の感情というのもときにより存在しています。


それらを見極めさせていただきながら、
うまく解消させていけるようお話をしていくんですね。


3)未来は変えることができる、自分には乗り越える力がある、
             というマインドを整えながらセットしていただく



自分の眠る力を知ってもらい、それを活用する。


パニック障害を完治できる、乗り越えることができることを
理解していただき、そして新たな未来を作り上げるため、
最終調整に入っていきます。


人間には無限の可能性があります。


貧しいとか、勉強ができないとか、スポーツが苦手とか、
ものごとのとらえ方がネガティブだとか。


そういうことの一切とは関係なく、
人間には望むこと、希望することを叶える力が
備わっているんですね。


それをしっかりと認識していただくようお話しをして、
いままでの苦しさなどを吐き出していきながら、
完治していく自分をセットしていただきます。


これらのことをその人に応じて使い分け、
お話をしっかりと聴かせていただきながら、
完治までともに歩かせていただいています。


私三木が特別な力がありその人のパニック障害が
完治や改善するわけではなく、その人が取り組んだ
結果として、完治や改善というゴールにたどり着くんですね。


どのくらいの期間カウンセリングを受ければ良くなるのか?


というのは、残念ながらすぐにお答えすることはできません。


ですが、自分を信じ、カウンセリングを信じていただく
ことで、大きく未来は誰にでも開かれます。


あなたも今一度勇気をもって、パニック障害の
完治・改善に特化したカウンセリングを
うけてみませんか?


私三木へのカウンセリングのご依頼は、
下記からどうぞ↓↓↓

http://ur0.pw/oSlQ



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作をすぐに解消するにはコツがいります
◆パニック発作を脱力で消し去ってしまう方法とは?
◆パニック障害から身を守る自己暗示とは?
2016.06.10 10:00 | パニックのカウンセリング | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害を完治させるため、
とても重要な2つのポイントがあります。


今回お話しするポイントをしっかりと把握し、
それを行動に落とし込んでいくことで、
パニック障害の完治がより身近なものになります。


違う言い方をすると、これまでパニック障害を完治させた
人たちは、ほぼ無意識にこれを実践していた、
といえるものなんですね。


完治にいきつくまでには個人差がありますが、
今回お話しすることを知っているか?知らないか?
では雲泥の差がありますので。

ぜひ、
あなたのこころに落とし込んでいただければと思います。


では、パニック障害を完治させるため重要な
2つのポイントとはなにか?


それは、


・考え方やとらえ方を変えていく、修正する

・発作を起こしている事柄を深堀し解消する



ということなんですね。


ひとつずつご説明していきましょう。


・考え方や感じ方を変えていく、修正する


「また発作が起きてしまったら・・・」

「永遠に予期不安は消えないのかも・・・」

「なぜ自分ばかりがこんな苦しい目にあうのか・・・」


というようなことを普段から考えていたり、
感じてはいませんか?


普段から考えていたり感じていたりすると、それは、
自らその考え方に集中してしまっている状態です。


違う言い方をすると、嫌な気分を感じていく、
それを優先させるよう自己暗示をかけている、
と言えるんですね。



人は不思議なもので、他者の言葉や自分の言葉によって、
暗示にかかってしまいます。


そしてその暗示はその通りになるよう記憶され、
実際に現実化してしまう、ということが起こってしまいます。


また、普段から、「できない」「無理だ」「難しい」
というような否定的な言葉や考え方も、
その通りに現実化してしまいます。



そういう意味では、言葉や考え方って怖いですよね。


普段の言葉使いや考えていること、感じていることを
いま一度見直し、こころから思えなくても、


「発作を起こしているのは自分あくまで自分。
              すすんで起こす必要はない。」

「いまは予期不安で苦しいけども、
            必ず改善する道はある。」

「苦しくてツライのはいまだけ。
    完治や改善した人たちと私は何ら変わらない。」



というような感じに考え直す、修正する、感じ方を変える。


最初は抵抗があったり難しく感じていても、
それを実践し続けていくことが大切です。


・発作を起こしている事柄を深堀し解消する


パニック発作が起きるというのは、
ひとつの結果です。


結果にいきつくまでには原因や要因というのが存在します。


その原因や要因はピンとくるものもあれば、
なかなか見つからない、もしくは見ないように
しているものが含まれるんですね。


そのあたりを深堀していく整理し無くしていくことで、
改善へとすすんでいきます。


例えばですが、


・いま自分にとって思い当たるストレスはなんだろう?

・自分のなかにどのようなトラウマがあるのか?

・完璧、完全にものごとをこなさないといけない、
 と感じていないか?

・自分の気持ちを置き去りにして他者を優先させていないか?



など、よければ紙に書き出してみて整理する。
そしてなにかしら見つかったら、それを解消する
方法はなにがあるのか?自分で考えるのはもちろん、
家族やパートナー、友人などと一緒に考えてみる。


という方法が良いでしょう。


昔できていたことは、いつでもまたできる力があります


できないように縛っているのは自分だと理解し俯瞰する。
そして考え方、それが起きている事柄を解消する。


そうしていくことで、パニック障害は完治の方向へ
向かっていきます。


ぜひ、今回お話しした内容をふまえ、
完治に向けて取り組まれていただければと思います。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆感謝はパニック障害の改善に効果があります
◆怖さや不安はあなたが自分で創りだしている
◆予期不安を抑え鎮めていく方法とは?
2016.06.09 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「パニック障害を完治させたい!」


という気持ちがあったり、完治をこころから望むとき、
パニック障害について調べますよね。


・パニック障害とはいったいどういうものか?

・どういう人がなりやすいのか?

・どのようにパニック発作に対処すればいいのか?

・パニック障害の治し方は?



などなど、知識を得て、自分のものにしようとします。


「敵を知り己を知れば百戦危うからず」


ということわざもあり通り、パニック障害のことをしっかりと
把握し、自分のこともしっかりに認識すれば、必ずや
パニック障害完治への扉は開きます。


ですが、ここでひとつだけ問題になりやすいことがあります。


敵を知る、すなわちパニック障害のことを知ることは、
とても大切なことです。


敵の正体がつかめないとどのような手を打つべきか?
どのように治療をすすめていけば良いのか?
わからなくなってしまうからです。


ですがけっこう多くの人は、知識を得ることのみに
集中してしまい行動がおろそかになってしまう
ことがある
んですね。


情報をたくさん集め、多くの知識を得ているにも
かかわらず、まだ知らない知識があるのではないか?
と情報収集にいそしんでしまいます。


情報を集める、知識を有することはとても大切な
ことであり、重要なことです。


ですが、それよりもさらに重要なことは、
パニック障害完治への行動をしていくことです。


1mmずつでも一歩ずつでも、
まえにしっかりと進んでいくことなんですね。


また、世の中にはあらゆる情報が蔓延しており、
あまり情報を集めすぎてしまうと逆に行動できなくなる、
というデメリットが生じる可能性もあります。



パニック障害を完治させるために情報を集めているはず
なのに、それでは本末転倒ですよね。


今日お話した大切なポイントは、


・逆に動けなくなってしまうので情報収集はほどほどにする

・ちょっとずつでも良いので行動をする



となります。


あなたのパニック障害完治のため、知識を得るだけでなく、
しっかりと行動する習慣をつけていきましょう。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆「セルフイメージ」を持つことの重要性
◆パニック障害は自分に厳しい人を好みます
◆人が大勢いる場所が苦手なんです
2016.06.08 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の完治した姿というと、
多くの人はもとに戻る、本来の自分を取り戻すことだと考えます。


ですが実は、そうではありません。


パニック障害というのは、あなたがいままで築き上げてきた
キャラクターであったり性格であったりコミュニケーションで
あったり、その他もろもろに無理が生じて起きた現象です。


ですので、もとに戻る、本来の自分を取り戻すというのは、
改めて無理をする自分になることを意味しているんですね。



そうなってしまうといろいろ改善してきたこと、進めてきた
ことの意味がなくなってしまいます。


そうなると本末転倒になってしまいますよね。


そこに陥らないため、考え方を少し変える必要があります。


変えるといってもそれは難しいことではありません。


ただ、こころの底から、


“新しい自分になることを許す、認める”


というだけなんですね。


新しい自分になることを許す、認めるというのは、
いままでのキャラクターや立ち振る舞い、
コミュニケーションを手放していくということです。


例えばですが、


・いつも自分よりも他人を優先している

・人からどう見られているか気になってしまう

・他者へいつも気づかいをしている

・なにごとも100点をとろうとする

・自分の考えや気持ちを引っ込めてしまう

・言いたいことが言えない

・なにか漠然と自分を責めてしまう

・真面目に几帳面に考えたり行動する



というようなことをいままでおこなっていた、
考えていたのであれば、それらを手放すことです。


緩めていく、またはそれらを止めてしまうことなんですね。


今までのキャラクターを変えていく、新しいものを
取り入れていくことは、とても勇気が必要です。


あなたのキャラクターや性格、コミュニケーションで
あったからこそ、できたきたことや築けたことがあるでしょう。


ですが、新しい自分を認めていく。勇気をもってNOと言ってみる。
嫌なことは断る。満点ではなく60点を許す。


一気にではなくできることから変えていく。


わざとできない、わざとしない自分を許していく。


その積み重ねが、新しい自分の獲得につながり、
いつしかパニック障害を撃退させる力にもなっていきますので。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害を一人で抱え込んでいませんか?
◆「巻き戻しイメージ」でパニック発作を消してしまう方法とは?
◆パニック障害に「ある感情」で強く対抗する方法とは?
2016.06.05 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


じつは、身体の動きからパニック発作が誘発される、
引き起こされてしまうことがあります。


これは発作が起きる前の状態にヒントがあります。


予期不安を感じていたり、ソワソワしたり動悸がしてきたりと、
パニック発作が起きる前にはいろいろな兆候がありますよね。


その兆候が起きているとき、実は知らず知らずのうちに、
身体はある姿勢を続けていることがほとんどなんですね。



その姿勢が引き金となり、どんどん発作へと導かれて
いってしまいます。



この姿勢というのは個人差があり様々なのですが、
ほぼ無意識でおこなっていることです。


発作に陥らない、引き込まれないためには、
兆候があるときの姿勢を把握し、そこから
抜け出すことがとても大切なんですね。


無意識でとりやすい姿勢、動きなど一例をあげますと、


・身体が前傾姿勢、丸まっている

・貧乏ゆすりやせわしない動き

・落ち着きなく歩き回る

・ハッハッハ、と呼吸が短い

・顔を下にむけ一点を見つめる

・頭や顔をやたらとさわる



などですね。


上記にあげたのは一例ですので、
すべてに該当するわけではありません。


大切なことは、あなただけのパターンを見つける、
そのパターンを把握することです。


そして、あなたのパターンを見つけたら、
それとはまったく違う動き、姿勢をとってみることです。


できるだけ真逆の姿勢、動きをすることでパターンを
打ち崩し、発作に飲み込まれない、引き込まれない
ようにしていくことです。



上記の一例から動きや姿勢を変えてみると下記のようになります。


・身体が前傾姿勢、丸まっている

⇒背筋を伸ばし顔を若干上げ気味にする


・貧乏ゆすりやせわしない動き

⇒できるだけおおざっぱに、ゆっくりした動きをする


・落ち着きなく歩き回る

⇒できるだけ大股でゆっくりと歩く


・ハッハッハ、と呼吸が短い

⇒8秒ずつ息を吐き出したり息を吸う


・顔を下にむけ一点を見つめる

⇒顔を上げ周囲をぐるっと何度か見回す


・頭や顔をやたらとさわる

⇒さわっていた手を外し、ゆっくり何度か手拍子する



動きや姿勢のパターンを真逆にしたり、
テンポをゆるめたりしていますよね。


あなたがもっているパターンを打ち崩していくと、
パニック発作に引き込まれることはまず無くなります。


あなただけのパターンを見つけ出し、
それを打ち崩す新たなパターンを取り入れてみてくださいね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆あなたは予期不安を自ら生みだしています
◆パニック発作を気にせず美容院に行く方法
◆徹底的に○○○することでパニック障害は消えていく
2016.06.03 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害と不安という感情は、いわばコンビ
みたいなものです。


パニック障害というのは不安神経症のひとつに
分類されているので、不安というキーワードは
セットになっているんですね。


そんな不安という感情のなかでも、


“予期不安”


に頭を悩ませていることは多いものです。


いかがでしょう、あなたも現在、
予期不安に悩まされていませんか?


発作は起こらずとも「起きるのではないか・・・」
という予期不安は煩わしいものですよね。


さて、そんな予期不安ですが、
あるちょっとした行動によって解消させることができます。


ある意味「奇想天外な」行動といえるかもしれません。


ではいったい、その奇想天外な行動で予期不安を
解消する方法とはなにか?


それは、


「背筋をただしその場で10回ほどジャンプする」


という方法です。


背筋を伸ばして、その場でピョンピョンと10回ほど
ジャンプしてしまうだけです。


なぜこの方法で予期不安が解消されるのか?
それには2つの理由があります。


まずひとつめの理由は、感情は行動から変えることができる
という理論にそった方法であるということ。


どのような感情を感じるか?なにを感じて自分を気持ちよく
させるか?気分悪くさせるか?それらはすべて自分自身で
決めています。



感情は勝手に感じるのではなく、自分自身で取捨選択して、
感じるものなんですね。


そしてそれは行動(アクション)からいかようにも
変えることができると言われています。


不安感情とまったく結びつかない「ジャンプする」という
行動をとることで、予期不安を遠ざけることができます。


そしてふたつめの理由は、身体を動かすことでスッキリ感が
入り不安を寄せ付けなくなる
ということ。


ウォーキングやジョギング、ジムのトレーニングなど、
身体を動かすと心地よい疲れとともにスッキリした
感覚を味わいます。


そして、このスッキリ感というのは同じく不安という
感情と真逆のものですので、不安が入り込む隙が
なくなるんですね。


そこをうまく利用したものです。


もし人込みなどでジャンプが難しい場合は、
かかとを上げ下げするだけでも多少の効果があります。


なにげない不安や予期不安を解消するために、
うまく活用してみてくださいね。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆「焦らずゆっくり」行動することでパニック障害は後退していく
◆薬を飲まなくてもパニック障害は改善します
◆パニック障害の現状を打開する最善策とは?
2016.06.02 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害は頑固な人を好む傾向にあります。


以前ですが、パニック障害が良くなっていく人と、
あまり良くならない人を研究していた時期があります。


私のカウンセリングデータやその他もろもろを分析
してみたんですね。


その結果、頑なであり頑固の要素が高い人ほど、
パニック障害から抜け出しにくい
ということがわかりました。


この「頑固な要素」というのは、本人が気がついていない、
ある場面やできごとにだけ頑固になってしまう、
ということも含みます。


ついつい意固地になったしまったり、こころを閉ざしてしまったり。


そのあたりをうまく和らげる、手放していくことが、
パニック障害完治のひとつのポイントになります。


ではなぜ、頑固の要素が高い人、頑なな人ほど、
パニック障害から抜け出せなくなるのか?


それは、


“「パニック障害は治らない」という気持ちを
           頑なに信じ込もうとしてしまうから”



なんですね。


どういうことか?と言いますと、


「私がパニック障害を治せるわけがない」

「パニック障害が完治する、改善するなんて信じられない」



ということをほぼ無意識で感じている、ということなんですね。


頑固の要素が高い人、意固地な人というのは、
完治や改善にすすんでいることを無視する傾向にあります。



昨日よりもすすんでいる、以前よりもできている
ことにあまり目を向けず、「できない、できない」と
そこばかりに執着してしまうんですね。


結果、できないことだけを信じようとするので、
できていることさえも無きものになってしまいます。


これではなにをしてもなにをこなしても、
できないことだけに目を向けている限り、
「パニック障害を完治させる」という考え方は遠くなってしまいます。


なかなかパニック障害が改善していかない、
パニック障害の完治がほど遠く感じている場合は、
いちどこのあたりを見直してみるのが良いでしょう。


治らないほうを信じ込んでいないか?


すすんでいることを無視してしまっていないか?


振り返りながら、改めていくこともときには大切です。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治を成功させた人の共通項とは?
◆「予期不安」を解消したくありませんか?
◆見捨てられ経験でもパニック障害は発症する
2016.06.01 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |