パニック障害「完治」の秘訣。2016年02月

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

2016年01月 | 2016年02月の記事一覧 | 2016年03月

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作への不安や怖さが常にあると、
身体が緊張をキープするので疲れてしまいますよね。


とくに首筋、背中、腰、などは緊張でこり固まりやすいので、
疲れが溜まってしまいます。


緊張で筋肉がこり固まると、それが刺激となり、
新たなパニック発作を呼び込む可能性もあります。


ですので、できるだけコンスタントに筋肉を
和らげる、疲れを取り除いていく必要があるんですね。


そして実は、
そんな緊張からくる筋肉のこりを解くリラックス法があります。


とくに場所を問わず時間もかからないため、
空いた時間にできるのでおすすめです。


そのリラックス法とは、


“筋弛緩法”


といい、誰でもすぐにできるエクササイズなんですね。


これはその名のとおり、「筋肉を弛緩させる」
というもので、固まった筋肉を柔らかくすることで、
緊張疲れを取る、というものです。


実際の方法ですが、


1)まずは深い呼吸を3~4回おこなう

2)おもむろに身体全体に「ギュー!」っと力を目一杯入れる
 
3)5秒くらい力を入れたら一気に脱力し10秒ほど筋肉を緩める

4)2と3を5回ほどくり返す



というものです。


ポイントとしては、力を入れる時は歯を食いしばるくらい、
目一杯力を入れること。


脱力するときは身体全体がガックン、となるように、
ほぼ全身を脱力してしまう、ということです。


「毒をもって毒を制す」


という言葉がありますがそれに近く、
筋肉の張りには筋肉を張ることで制する、
という感じですね。


その他に、大きく伸びを5秒くらいして、
一気に脱力する、というのも良い方法です。


できるだけ日々緊張を取り除いていく、
筋肉を緩めていくことが、将来的な
パニック発作の予防につながっていきますので。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作を減らすのに役立つリラックス法とは?
◆パニック発作は焦りで止まらなくなります
◆パニック障害と併発する「うつ病」の特徴とは?

2016.02.29 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の完治を成功させるためには、


「ある3つのポイント」


を意識しておく必要があります。


これまでパニック障害の完治を成功させた人たちは、
無意識に今回お話するポイントをおさえていました。



ですが最初から、
その3つのポイントを意識できていたわけではないんですね。


「パニック障害をなんとかしたい!」

「どうすればベストなのか?」


ということをこころから真剣に思ったとき、
自然と腑に落ちていった感じです。


では、
完治を成功させた人たちが意識していた「3つのポイント」
とはなにか?


それは、


“'意識(マインド)+考えかた+行動”


というものです。


ひとつずつ説明をしていきますね。


“意識(マインド)”


ここでいう意識(マインド)とは、


「私にはパニック障害を完治できる力がある」

「私はパニック障害を完治できるのを知っている」


というような、自分には現状を打破できる力があり、
それを知っている、というマインドのことです。


最初からこの意識(マインド)を持つのは難しい、
本当にそんな力が自分にあるのかな?
と疑問に思うかもしれませんね。


際よはピンとこなくても、それを意識し続ける。
それを頭の片隅においておくことで、
意識は自然と自分のものになっていきますので。


“考えかた”


考えかたとは、マイナスな考えに傾けすぎない、
ネガティブ思考に浸かりすぎない、ということです。


人間はバイオリズムの生きものですので、
日によっては落ち込むときも、マイナスな
考えばかり頭に浮かぶときもあります。


マイナスな考えかた、ネガティブ思考がいけない!
ということではありません。


大切なことは、
マイナスな考えをもったらプラスの考えも意識してみる。
どうすればネガティブ思考から抜け出せるか?
考え、それを実行することです。


“行動”


行動はその名のとおり、パニック障害を完治させるため、
パニック発作を解消させるための行動を起こすことです。


薬による対処療法を続けるのではなく、
パニック障害の根本からの改善を目指すこと。


これまでパニック障害の完治⇒改善を成功させた
人たちは、カウンセリングを受けるという選択、
行動をしてきました。



カウンセリング形態は、実際の対面でも良いですし、
出張できてもらう、電話やメール相談でも良いでしょう。


大切なことは未来につながる一歩を踏み出すことです。


そしてその一歩は、
確実にあなたの未来を創り上げていきます。


パニック障害を完治させるのに、
無駄な行動はなにひとつありませんので。


勇気をもって、カウンセリングの扉を叩く
ことも必要なんですね。


パニック障害を完治させる、解消させていくため、
ぜひ上記3つのポイントを意識してみてくださいね。


>>カウンセリングのご依頼はこちらから



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら



==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治には「客観的な見かた」が有効です
◆「ゼッタイ無理」を覆した奇跡
◆2回のカウンセリングでパニック障害が完治した理由とは?
2016.02.28 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


以前ですが、


「私の子どもがパニック発作のような状態に
なってしまったのですが、子どもも発症するのですか?」


ということを聞かれたことがあります。


そうですね、実はパニック発作、パニック障害は
大人だけではなく子どもにも発生することがあります。



それほど多くはありませんが、
早ければ小学校2年~3年生のころには表れます。


症状はパニック発作そのもので、動悸がしたり呼吸が
乱れたり汗をかいたり震えがでたり、などですね。


こういった子供のパニック発作、パニック障害の
ひとつの特徴として、


“親や祖父母、親せきの誰かがパニック障害であることが多い”


と言われています。


これはひとえに、親族がもともと不安体質もしくはそれに
近い状態であり、遺伝的な要因が考えられると
言われていることによるものです。


また、子どものパニック発作は身体的な症状から
発生することがあり、腹痛や胸痛、小児ぜんそく、
などが要因となることがあるんですね。


パニック発作自体は大人も子どもも違いはありませんので、
対処は同じです。


まずは深い呼吸を意識させる、発作のことに意識を
向け続けない、自己改善法を実施する、などですね。


そしてやはり、子どもといえど薬だけにに頼ってしまう
のはよろしくありません。


できるだけパニック障害の専門家に相談する、
カウンセリングを利用するのも早めの改善に効果が
ありますので。


「私の子どもって、パニック障害かも・・・」


と感じたら、早め早めに専門家に依頼してみましょう。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆「希望」ではパニック障害は完治しません
◆リラックスしていてもパニック発作が起こる!?
◆パニック障害完治へ山もあれば谷もあります
2016.02.24 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「医者の話は聞いてはいけません!」


と言われたら、あなたは驚きますか?


もちろん、すべての話を聞いてはいけない、
ということではありません。


医療をほどこす医師であるからこそ見える
部分もあり、伝えられることもありますので。


ですが基本、医者というのはある理由から
耳が痛いことを伝える、話をすることがあります。



それは本来であればクライアントに伝えなくてもいい、
むしろ伝えないほうが良いことでもあるんですね。


ではいったい、医者の何の話を聞いてはいけないのか?


それは、


“未来の希望を壊す、落ち込ませる発言”


にたいしてなんですね。


良くも悪くも医者というのは、
現状にたいして説明をする義務があります。


言葉を選んで伝える医者もいますが、
なかには落ち込んでしまうようなこと、
気分が沈んでしまうようなことを言う医者もいるんですね。


例えばですが、


「あなたのパニック障害は絶対に治らないよ」

「薬は一生飲み続けなければいけないものだ」

「治るなんて希望はもたない方がいいよ」

「カウンセリングで治るわけがない」


というような発言を平気でする医者もいます。


ネガティブな発言を聞くというのは、
こころにかなりの負担になります。


せっかく回復への兆しが見えてきた、
完治への希望が湧いてきた矢先、そのようなことを言われたら・・・


どのような人でも傷つき、落ち込んでしまいますよね。


医者の発言にはもちろん、大切であり、
重要なこともあります。


ですがあえて、そのようなネガティブな発言には
耳を貸さない、聞いてしまったとしても、


「この医師はパニック障害が治るということを知らない」


というような考えをもつ、意識を切りかえることが必要です。


なかにはとても真摯に対応してくれ、
親身になってパニック障害を闘ってくれる医師もいます。


一握りですが、このようなわざわざ言わなくてもいいことを
伝える医師もいますので。


大切なことは、あなたがパニック障害を完治させる、
完治できる自分を信じている、というマインドを持っていることです。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆摂り続けるとパニック障害が悪化してしまうものとは?
◆過呼吸で窒息すると思っていませんか?
◆パニック障害に怯えない毎日を過ごすために
2016.02.22 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害と予期不安は併発しやすく、
同時に抱えている人はとても多いものです。


ちなみに余談なのですが、予期不安というのは単体で
表れることがあります。


“パニック障害=予期不安”


というようなイメージをもたれている方も多いと思いますが、
パニック障害は無くても予期不安だけが起こる、ということが
あるんですね。



元来が不安が強い、心配性である、なにをするにもオドオド
してしまう、というような方は比較的「予期不安」のみという
場合があります。


さて、いま現在予期不安に苦しんでいる、ツラい思いを
している方は多いでしょうが、予期不安を軽減させるため、
3つのポイントがあります。


このポイントを把握し、自分のものにしておけば、
いざというとき予期不安に飲みこまれず足を踏ん張れる、
受け流すことが可能です。


では、その3つのポイントとはなにか?


それは、


1)予期不安にこだわり常に強化しているのは自分である

2)不安というのは空想であって実際には起こらない

3)他に集中できることに意識を向ける



というものです。


ひとつずつご説明をしますね。


1)予期不安にこだわり常に強化しているのは自分である


これはそのとおりで、予期不安にこだわっていて、
それを強くさせているのは自分だと知ることです。


常に発作のことを頭におき、おのずと発作のことを
考えている状態のことですね。


「こだわっているのは自分であり別に考えなくてもいい」


というような切り分けが大切です。


2)不安というのは空想であって実際には起こらない


不安というのは感情ですが、同時にイメージでもあります。


あくまでイメージで最悪の姿を想定し自分を煽っている
状態ですので、自分が発作は起こらないと決めれば、
起こることはありません。



逆に起こる事のほうが圧倒的に少ないんですね。


「最悪をイメージして自分を怯えされている」


と自覚することが大切です。


3)他に集中できることに意識を向ける


予期不安に意識を集中してしまうので、
予期不安が頭から離れない、という事態が起こります。


それ以外に自分がとても集中でき、時間を忘れて
しまうくらいのものがあれば、おのずと予期不安が
近づいてくることはありません。



集中できるものは何でも大丈夫です。好きな物、
昔からやっていること、安心できること、など、
なにか集中できるものを身につけましょう。


予期不安を軽減させていくことで自由が広がり、
最終的にはパニック障害の完治に近づきます。


ぜひ、今回お話した3つのポイントを意識して
過ごしてみてくださいね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村




==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害をただ完治させたいだけでは難しい
◆予期不安を無理なく楽に解消させる方法とは?
◆パニック障害の完治を本気で目指すには・・・
2016.02.21 08:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(2) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


ひとつ質問ですが、あなたは日々、
パニック障害の完治に取りくまれていますか?


呼吸法を習慣にしている、苦手な場所にあえて通っている、
不安や怖さを受け入れる練習をしている、などいろいろ
あるかと思います。


そういったパニック障害完治のための行動は、
もちろんとても大切であり重要なことです。


日々の習慣、努力が実を結ぶことは多々あり、
実際に努力を重ね、完治にいたった人もみてきました。


今回はそういった長期的にみての完治・改善方法ではなく、
比較的短期間でパニック障害の完治を達成する方法
お話しますね。


短期間とはいっても、もちろん個人差はありますので、
一概にはいえませんが、でもこの方法を自分のものに
できると、ほぼパニック障害は完治に向かいます。



それだけ強力な方法であり、
完治をうながすメソッドでもあるんですね。


ではさっそく、その方法をご紹介しましょう。


それは、


“安全策を手放し発作をわざと起こし慣れていく”


という方法です。


ようするに、発作を起こさないようにするのではなく、
あえて発作を起こしそれに慣れていこう、というもの
なんですね。


「発作を起こすなんて、そんなとんでもない!!!」


と思う方、感じる方もいらっしゃるでしょう。


むしろ、それが当たり前の反応であり、
至極自然なことです。


ではなぜ、あえてそんな一見無理そう、
恐ろしいことを提案するのか?


それは、安全策を捨てて正面からパニック発作と
向き合うことで、発作にたいするイメージを
縮小させることが目的だから
なんですね。


人間はイメージ出来る生きもの、空想や妄想が
可能な生きものです。


そしてそのイメージや空想は知らず知らずのうちに
大きくなり、本当は1だったものがイメージにより、
100くらいになってしまいます。


それほど怯えなくていいものが圧倒的なモンスターに
なってしまい、これには勝てないという思い込みを
発生させてしまうんですね。



本来、パニック発作自体はそれほど恐ろしいものではありません。


恐ろしく感じる、とてつもなく不安になる、というのは、
あくまで自分のなかのイメージが広がり過ぎているから
なんですね。


躊躇せず、わざと発作を起こしてみる。そこから、
本当はそれほど恐ろしくない発作に慣れていく。


まずはチャレンジしてみること、やってみることから、
すべては始まりますよ。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

=========================
いよいよ来週開催です!
「パニック障害完治に向けてのグループカウンセリング」

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-667.html

現在は2/21(日)、2/24(水)のみの募集です。
※2/27(土)は定員に達したため締切ました。

=========================

==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害で陥りやすい思考と行動とは?
◆あなたがカウンセリングを受けねばならない理由とは?
◆パニック障害完治を邪魔するこころのクセとは?
2016.02.19 08:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害が起きる原因や要因はさまざまあります。


ストレス過多の人、幼少期のトラウマがある人、
人間関係で疲れている人、うつを患っている人、
もとから不安が強い人、などいろいろなんですね。


そのような中でも、「ある特徴」を持っている人は、
比較的パニック障害になりやすいと言われています。



その「ある特徴」とはめずらしいものではなく、
どちらかというとその特徴を備えている人は
多いのでは?と思います。


では、その「ある特徴」とはいったいなにか?


それは、


“感受性が強く妄想をしやすい”


というものなんですね。


感受性が強い、というのは、あらゆる現象や事象にたいして、
身体やこころが敏感に感じとってしまう能力のことです。


よく些細なことでも感動や感激をしやすかったり、
他者のこころの機微に敏感に反応できる力ともいえます。


妄想をしやすい、というのは、違う言いかたをすると、
イメージ力が高いともいえますね。


良いことも悪いことも含め頭のなかでイメージが
大きく膨らんでいき、それによって嬉しがったり、
落ち込んだり、ということが起きやすくなります。


そういった人は、ある意味とても繊細、デリケートであり、
心根が優しいともいえます。


感受性が強い、妄想力が高い、というのはデメリット
ではなく、むしろ人生を豊かにできる能力でもあるんですね。


ですが、ことパニック障害においてはツラく苦しい方に
向かってしまうことが多々あります。


自分で自分を追い込み、妄想が激しくなり、
結果パニック発作が起きやすくなる、という
事態に陥りやすいんですね。


もし、あなたが感受性が強い、妄想をしやすいという
自覚があれば、ひとつ良い解決法があります。


それは、


「妄想によって発作を起こそうとしているのは自分である」


真剣に自覚をしていくことです。


発作が起こりやすい状態、発作が湧きあがってくる
状態を作り出しているのは自分自身。


自分自身を起こしているのだから、
自分自身で妄想を止めることができると知ることです。


「私は自分でパニック発作を呼んでいる。
   私はパニック発作を起こさなくていいことを知っている」


というような言葉を繰り返す、反芻し、
しっかりと自覚をしていきましょう。


ポイントは言葉を何回も何回も繰り返していくことです。


これを自覚することができれば、
パニック発作はおのずと起きることが無くなりますよ。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

=========================
いよいよ来週開催です!
「パニック障害完治に向けてのグループカウンセリング」

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-667.html

現在は2/21(日)、2/24(水)のみの募集です。
※2/27(土)は定員に達したため締切ました。

=========================

==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆不安や恐怖の感情をすべて消すことはできません
◆「泣く」ことのポジティブな効果とは?
◆パニック障害でタバコを吸いすぎると・・・
2016.02.18 08:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害と併発しやすいものとして、


「過敏性腸症候群」


というものがあります。


これは、なにかしらの刺激に腸管が敏感に反応してしまい、
下痢や便秘をくり返してしまったり、お腹が張るような状態に
なってしまう状態のことです。


私三木のクライアントさんでも、この「過敏性腸症候群」
を併発している方は多く、並行してこちらも改善を
目指しているんですね。


この「過敏性腸症候群」ですが、この状態に陥ってしまうのは、
ある理由によるものです。


その理由とは、


“悪いストレス”


なんですね。


本来は、悪いストレスが自分に降りかかっていると自覚したとき、
それを払いのける、ストレスを解消していくことが必要です。


ですが、場合によってそのストレスを見て見ない振りをしている、
気づいているがあえて対処していない人も多くいます。


あなたももしかしたら、当てはまっているかもしれませんね。


さて、ではどうしたらその悪いストレスを解消し、最終的には、
「過敏性腸症候群」を治すことができるのか?


それは、


“ストレスがあることを自覚しカウンセリングを受ける”


という方法がいちばん効果的でしょう。


意外にも自分に降りかかっている、受けているストレスに
気づいていない、自覚していない人は多いものです。


「もともと腸が弱いから・・・」

「お腹をくだしやすいんだよね・・・」


ということで片づけてしまうんですね。


ですが、もしなにかしらこころにモヤモヤしたもの、
スッキリしない感覚がある場合。


それと同時にお腹が下る、お腹が張るような状態になっていれば、
それはほぼ間違いなく「過敏性腸症候群」といえるでしょう。


自分のストレスに気がつくため、もしくは受けているストレスを
適切に解消していくためには、カウンセリングを有効利用する
のが本当に効果的です。


パニック障害を完治させていくことはもちろんですが、
「過敏性腸症候群」」を抱えているのであれば、そちらも
同時に解消させていきましょう。


↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

=========================
いよいよ来週開催です!
「パニック障害完治に向けてのグループカウンセリング」

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-667.html

現在は2/21(日)、2/24(水)のみの募集です。
※2/27(土)は定員に達したため締切ました。

=========================

==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆「対人恐怖」はパニック障害を強化させてしまう
◆パニック障害完治を実現させる確実な方法とは?
◆パニック発作を眼球運動で解消する方法
2016.02.17 08:00 | パニック障害に関わる他の病理 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害は真面目であり他者に気遣いができ、
自分ひとりでなんでも抱え込んでしまう人がなりやすい
ものです。


それはある意味、


“こころから自由になれない”


人と言えるでしょう。


もちろん、真面目であり他者に気遣いができる、
問題の解決を率先してひとりで、ということは、
ガンバリ屋さんであり素晴らしいことです。


ですが、それが知らず知らずのうちにストレス、
大きなプレッシャーとなり、自分の自由を狭めている
んですね。


ここでいう「自由」というのは、
他者の目を気にせず、自分は自分だという行きかた、
なにごとも自分を優先することができずらい、というものです。


このようなこころからの自由が得にくい人にたいし、
パニック障害は牙をむいてくるんですね。


こころから自由になりパニック障害を解消していくため、
必要なことは、


“できない、やれない自分を許す。完全を手放す”


ということなんですね。


真面目であったり他者に気遣いをする、
ひとりで問題を抱え込む、というのは、
ひとつのこころのルールです。


長年そのようなルールを守ってきているのですから、
そう簡単には変わることは難しいでしょう。


ですが、パニック障害を完治させるために自分は変わる
という決断ができれば、時間はかかるかもしれませんが、
変化がともなっていくでしょう。


「自分は変わる」と決めたあとは、


・真面目すぎるのを軽くしていく、あえてサボる

・他者への気遣いを軽くしていく

・なにか問題などは家族やパートナーと共有する



ということをこころがけていくと良いでしょう。


パニック障害を完治させるため、
自分の内面を変化させていくのは大切なことです。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


=========================
「パニック障害完治に向けてのグループカウンセリング」

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-667.html

現在は2/21(日)、2/24(水)のみの募集です。
※2/27(土)は定員に達したため締切ました。

=========================


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆強いストレスを放っておくと・・・
◆パニック障害の基礎知識は完治への助けになります
◆過去の傷はパニック障害を強力にします
2016.02.16 08:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


これまで色々なパニック発作の対処法
お話してきましたね。


例えば、自分の名前、親兄弟の名前、生年月日、住所、
誕生日、好きな物、嫌いなものを言葉にだす方法。


足し算、引き算、掛け算、割り算などの簡単な
計算をする方法。


また、フリスクなどの刺激あるものを口に含んだり、
水を飲む方法。


輪ゴムを使って痛みによって発作から逃れる方法など、
多岐にわたります。


今回はそういったパニック発作の対処法でも、
比較的簡単にでき、しかも効率よく対処できる
方法をお話しますね。


ものや場所は問わず、どこでもでき、
かなり頭を使うので発作が自然と解消されてしまう
方法です。


では、効率の良いパニック発作の対処法とはなにか?


それは、


“人と話す、会話をする”


という、たったこれだけです。


実は、会話というのはとても高度に頭を使うものです。


相手の話を聞き、それを理解し、それにあった
言葉を返すというのは、自分のなかにある
引き出しから言葉を持ってくる作業です。


これを一瞬で一連の作業としておこなうので、
心身ともに気がつけば会話に集中することになります。



人間はひとつのことにしか意識を向けることができない、
集中させることができません。


ですので、誰かと会話をする、話をする、というのは、
パニック発作の対処法としてとても理にかなっているんですね。


実際に会話を用いてパニック発作を解消させた、
自分の武器として活用している人もいます。


それほど会話というのはパニック発作の対処に
向いている作業なんですね。


話す内容はなんでもかまいません。


知り合いとだったらちょっとした雑談でもいいですし、
時事ネタや事件性もの、季節的なもので良いでしょう。


もし、近くに知り合いがおらず会話ができない、
というのであれば、あかの他人に時間を聞く、
ちょっと道を尋ねてみる、近くにお店などないか?
確認するふりをして会話する、という方法もあります。


とても不思議なことですが、最初は発作に意識が
いっているので会話するのが難しく感じますが、
数秒たてば自然に会話に集中してしまいますので。


会話に集中できたら、そのまま流れにまかさて
会話を楽しんでしまいましょう。


=========================
「パニック障害完治に向けてのグループカウンセリング」

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-667.html

現在は2/21(日)、2/24(水)のみの募集です。
※2/27(土)は定員に達したため締切ました。

=========================


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆薬がパニック障害をますますひどくする!?
◆パニック発作を効果的に解消するのに必要なこととは?
◆行動しない理由を探していませんか?
2016.02.14 08:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の完治についての情報などは、
いまでは気軽にインターネットで調べられるようになりました。


また、パニック障害についてのたくさんの本もでて
いますので、インターネットと合わせると、本当に
たくさんの情報が手に入るようになりました。


ですが、そんなたくさんの情報が、
逆にあなたのパニック障害完治を
遠ざける
結果になることがあるんですね。


どういうことか?といいますと、
いまは多くの情報が簡単に手に入る時代です。


そんな多くの情報に接していくと、
知らず知らずに混乱してしまい、
逆に完治に向けての行動ができなくなってしまう
んですね。


これは結構多くの人が陥ってしまうことであり、
情報が溢れていることの弊害ともいえるものです。


大切なことは、そんな多くの情報から、
本当に大切なものだけを吸い上げて、
それを信じ真剣にやり続けていくことです。



あの人はこう言っていた、別なあの人はこう言っていた、
でもまた違う人はこんな解釈述べていた・・・。


というようにあらゆる人の言葉などをすべてのみ込んでいくと、
結果空回りし、うまくいくことはほとんどないんですね。


完治に向けて行動すると決めていても、
それでは本末転倒ですよね。


では、なにを基準にしどのような選択をして
いけばいいのか?


それは、


・これは!と思ったことを信じとことん実践していく

・なかには間違えた情報もあることを理解しておく

・できるだけパニック障害専門家の言葉を信じる



というようなことがいいでしょう。


私三木はパニック障害の専門家であり、
カウンセリングもほとんどパニック障害だけみています。


そして、専門家ならではの視点があり、
日々パニック障害のことを考えているため、
完治に向けて必要なことを述べることができます。


逆に、多くの医師やカウンセラーはパニック障害を広く浅くは
知っていますが専門家ではありません。


日々パニック障害のことを考えているわけではないので、
考えかたや言葉がぶれている可能性があるんですね。


間違えた考えや間違えた選択をしてしまうと、
結果は間違えたとおりになってしまいます。


そのような状態を無くし真に完治に向かっていくため、
どこれこれもと情報を集めるのではなく、
できればひとつ、もしくはふたつくらいに絞ったほうが良いでしょう。


ぜひ上記でお話した3つのことを、
頭の片隅においてみてくださいね。



=========================
「パニック障害完治に向けてのグループカウンセリング」

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-667.html

現在は2/21(日)、2/24(水)のみの募集です。
※2/27(土)は定員に達したため締切ました。

=========================


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆ある言葉を使って内面から改善する方法とは?
◆パニック障害は否定的な思考を好みます
◆あなたが感じる不安や恐怖を無視してはいけません
2016.02.13 08:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「これから妊娠を考えているのですが、
やはりパニック発作は起きてしまうのでしょうか・・・?」


と、妊娠や出産を考えている方で、
パニック発作の不安を抱えている人はおおいものです。


「子どもを宿す」というのは一大イベントであり、
出産などは大変な労力をともないます。


そのようなことを考えたとき、本当に大丈夫なのか?
不安や心配が頭をよぎるのは当然のことですよね。


妊娠、出産には個人差があり一概にいえない部分も
あるのですが、あえてお伝えすると、


“妊娠、出産時にはまずパニック発作は起きない


と考えて良いでしょう。


なぜ妊娠や出産時には発作が起きないのか?


ですがそれは、母体がこれからおこなわれる妊娠、出産という
一大イベントを前にしてそれに集中するから
なんですね。


妊娠、出産というのはとても片手間でできるものではありません。


人間をつかさどる思考・感情・行動という3つが妊娠、出産に
意識が向くので、発作のが起きる余裕が無くなるんですね。



そのため、母体は妊娠、出産にほぼすべての意識を
集中させるため発作がよりつく隙がない、ということになります。


私がカウンセリングを受け持った多くの方も、
妊娠、出産を経験されています。


皆さんおっしゃるのは、


「出産のときは発作のことなんて考える余裕はなかった」

「無事に生まれることだけ考えていたので、
    発作の不安を感じるヒマがありませんでした」


というような、発作に意識が向かない、ということです。


もちろん、そうは言っても不安が頭をよぎると思います。


不安をないがしろにせず、


「私は不安を感じている、不安を拒否せず受け入れよう」


というように感情をしっかりと受け入れていく、
認めていくことも大切なことです。


また、パニック障害での妊娠、出産にたいしての疑問や
不安があれば、私三木のカウンセリングをご利用ください。


あなたの考えや感情など、
和らげてひも解いていきますので。


>>三木ヒロシへのカウンセリング依頼はこちらから<<


=========================
「パニック障害完治に向けてのグループカウンセリング」

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-667.html

2/21(日)、2/24(水)はお席に余裕があります。
※2/27(土)は定員に達したため締切ました。

=========================


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作を起こす自己暗示をかけていませんか?
◆「言霊」を用いてパニック障害を改善する方法とは?
◆「悔しさ」はパニック障害を打ち破る可能性がある
2016.02.11 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「ストレス」というのは2つの種類があり、
良いものと悪いものに分かれます。


良いストレスというのは、ある程度自分にとって刺激となり、
それがもとでやる気がでたりモチベーションが上がる
要素になったりします。


一方、悪いストレスは、嫌な感情が溜まり心身ともに疲れ、
やる気やモチベーションが下がってしまうものです。


そんなストレスのなかでも、
かなり大きな負担がかかる「悪いストレス」があります。


そのストレスとは、


“育児ストレス”


なんですね。


「育児ストレス」が原因で体調を崩したり、
精神的にダウンしてしまうことはよくあることです。


そして実は、その「育児ストレス」によって、
パニック発作が引き起こされてしまうこともあるんですね。



どちらかというと、もともとパニック発作が起こりそうなほど
ストレスを溜めていて、それが「育児ストレス」がカギとなり
引き起こされる、という状態が多々あります。


もちろん世の中にはパニック障害でありながら、
子育てをされているお母さんもいます。


そのようなお母さんも、「育児ストレス」から落ち着いていた
パニック発作が起きてしまったり、それが原因となって、
予期不安が続く、というようなこともあります。


子どもはカワイイものですが、そればかりではなく、
ときとして憎くてしかたのないこともありますよね。


そういった「育児ストレス」からくるパニック発作、
予期不安を抑えていく、解消させていくには、


“嫌な感情を溜め込まずじょうずに発散する”


という方法がベストです。


いろいろな種類のやり方、方法があるのですが、
手軽にできるものとしては、


・腹がたつこと、イライラすることを紙に書き殴る

・新聞紙や薄手の雑誌などをビリビリに破く

・頭から毛布や布団などをスッポリかぶり声の限りわめく



というのがありますね。


試してみて、自分にあったものを
日々実践してみると良いでしょう。


実践するうえでひとつポイントがあるのですが、


「罪悪感や後ろめたさは一旦置いておき実践する」


ということです。


実践していくと、


「子どもにこんなイライラしてるなんて、
                 母親失格では・・・」

「カワイイ子どもにこんなに腹を立てて
           しまうなんて、ダメな親だ・・・」


という意識が湧きあがってくることがありますが、
いったんそれを脇に置いておくことです。



お母さん、母親である前にひとりの人間です。


溜まりに溜まった嫌なストレス、嫌な感情は、
いつしか子どもに対して出てしまう可能性もぬぐい切れません。



そうなってしまう前に、自分自身のメンテナンスのため、
ストレスや感情をじょうすに発散していく。


嫌なストレスや感情をうまく発散していけると、
さらに子供に愛情をもって接することができますよ。



=========================
「パニック障害完治に向けてのグループカウンセリング」

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-667.html

2/21(日)、2/24(水)はお席に余裕があります。
※2/27(土)は定員に達したため締切ました。

=========================


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆あなたのパニック障害は両親の影響からきている
◆行動しない理由を探していませんか?
◆薬を飲み続けることによる最悪な結末とは?
2016.02.08 08:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


予期不安を消す、解消することはできないと聞いたのですが・・・」


というようなご質問をうけることがあります。


そうですね、これは約半分はあたりで、約半分は間違い、と言えます。


まずは「半分あたっている」ほうの説明ですが
人間にはいろいろな感情があります。


そんないろいろある感情のなかで、
「不安」というのは本能にすごく近い感情です。


危険なことが起こりそうなとき、身に危険が迫ったとき、
「不安感」が湧きあがり危険から回避するので、
これはなくてはならないものなんですね。


逆に不安感がまったくない状態ですと、
命がいくつあっても足らないという状況が起こります。


予期不安も自分の身になにか不吉なことが起こりそうな
気配(発作など)によって湧き上がってしまうんですね。


続いて「半分は間違い」というほうの説明ですが、
不安というのはたしかに消してしまうこと自体は
できませんが、敏感になっている不安を抑えることはできます。


些細なことでも過敏に反応してしまう不安を、
適切な不安のレベルに落ち着かせることは可能なんですね。


不安という感情は、どちらかというとネガティブなもの、
感じたくない感情として取り扱われることが多いものです。


ですがそもそも、不安感というのは身に迫った危険を知らせる
アラームのような役割ですので、本来は自分の味方になる
感情です。



でも、そうはいっても予期不安はツラく苦しいものですので、
なんとかしたい!という気持ちが湧くのは当然ですよね。


そんな予期不安を抑える、適切なレベルに落とし込んでいく
方法として、


“まったく違うこと、違うものに意識を集中させてしまう”


というものがあります。


人間はひとつのことにしか意識を集中させることができません。


予期不安に集中すれば予期不安だけ、読書に集中すれば
読書だけ、というように集中させる先を選ぶことができます。


たとえば、


・誰かとのおしゃべりに集中する

・ストレッチをする

・好きなゲームをする、映画などを観る

・好きな本やマンガを熟読する

・軽いトレーニングをする

・ウォーキングをする

・日記を書いたりブログを書く



などがありますね。


ここであげたものは一例ですので、
あなたに合ったものがあればそれを実践してください。


大きなポイントは不安に意識を集中させないということです。


また、不安を感じ始めてくると、呼吸が浅くなりがちです。


しっかりと深い呼吸を意識して、
予期不安に対処する習慣を身につけていきましょう。



==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治に近づくメソッドがあります
◆クライアントを尊敬している理由
◆不安状態はうつを招く可能性があります
2016.02.07 08:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


ちょっとだけ考えてみてほしいのですが、


あなたは、


“他者から自分はどう見られているか?”


気になってしまうことはありませんか?


他者の目に映るあなたのキャラクターを崩さず、
必死にそのキャラクターを守ろうとしていませんか?


もし、そのようなことに該当するのであれば・・・


あなたのパニック障害は、
そのまま長引いてしまう可能性があります。



なぜ?他者から見たキャラクターを崩さないことが、
パニック障害を長引かせてしまうのか?


それは、


“他者の期待に応え本意ではないキャラクターを
        演じることが大きなストレスとなっていく”



からなんですね。


パニック障害になってしまう人、陥ってしまう人は、
本来とてもがんばり屋さんだったり、他者に気遣いが
できる人です。


そういった傾向から、


「他者を困らせてはならない」

「他者を優先させなければいけない」

「周りの人の期待に応えなければいけない」



というような気持ちが働き、それが知らず知らずに
ストレスとなっていき、外面と内面とのギャップに
大きな疲れが生じてくるんですね。



ですが、応えなければいけないという気持ちが強く
働くので止めることができず、結果、ツラい状態へと
陥ってしまいます。


ここから脱出しパニック障害を改善させていくためには、


「他者の期待に応えるのを止め、
      勇気をもって弱い自分をさらけだしていく」



強さを自分のなかに構築していくことが必要です。


いきなりではなく、ちょっとずつ期待に応えない
自分をだしていく。


それが習慣になっていけば、おのずとストレスも減り、
今の現状に変化が起こってきます。


あなたのパニック障害を長引かせないためにも、
他者の期待に応えていないか?チェックすることが大切です。


========================
2/21(日)、2/24(水)、2/27(土)開催

「パニック障害完治に向けてのグループカウンセリング」

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-667.html

※集計のため2/6(土)でいったん募集を締め切ります。
参加を迷われている方はお急ぎください!

========================


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg


【関連記事】
◆感情を閉じこめたままにしておくと・・・
◆パニック障害の完治はセルフイメージで左右される
◆不安感をわずか数秒で消してしまう方法とは?
2016.02.05 08:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作が起きたとき、もしくは起きる予感がしているとき、
多くのひとは過ぎ去るのを待つ、という消極的な行動をとります。


もちろんそれは悪いことではないのですが、
あまりに消極的だと、パニック発作の気まぐれに
左右されてしまい、ストレスが溜まるものです。


できれば自分で発作を起こさないようコントロールし、
一刻もはやくそこから抜け出せるクセをつけたいですよね。


さて、実はあることに気をつけてそれを実施するだけで、
パニック発作がいとも簡単に抜けていく方法があります。


若干慣れが必要な方法ではあるのですが、
慣れればほぼ確実に発作を自分の中から抜き出すことが
できるものです。


ではいったい、その方法とはなにか?


それは、


“できるだけ胸を張り周囲にあるものに気を向ける”


と、たったこれだけです。


パニック発作が起きているときや予感がしているときなど、
身体が前傾姿勢をとりやすくなるものです。


前傾姿勢というのは自分の内面に目がいきやすく、
パニック発作のことをグルグルと考えてしまいやすく
なるんですね。


そうなるとツラく苦しいループに陥ってしまい、
発作に飲み込まれながらひたすら耐えるしかない、
という状態になってしまいます。


そこで、あえて胸を張り気味にして大きく開き、
自分の周りにあるものに意識を向けてしまう、
というものです。


自分の周りにはなにがあるのか?それはどのような形であり
どのような色をしているか?何に使うものか?名称はなにか?
どちら側に向いているか?誰か使っている人はいるか?


などなど、いろんな視覚から周りにあるもの何かに集中し、
それのことを手当たりしだい考えてみる、という方法です。


慣れてしまえば難しいことではありません。


発作が起きたとき、起きそうな気配がしたとき、
いかに胸を張り周囲に気を向かせることができるか?


日頃から注意しておくと、
いざというときに役にたちますよ。


========================
2/21(日)、2/24(水)、2/27(土)開催

「パニック障害完治に向けてのグループカウンセリング」

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-667.html

※集計のため2/6(土)でいったん募集を締め切ります。
参加を迷われている方はお急ぎください!

========================

==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg


【関連記事】
◆パニック発作をリズムをとることで解消する方法とは?
◆パニック障害を完治させるのは意識上のコツが必要です
◆脳はパニック発作を記憶してしまう
2016.02.04 08:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |