パニック障害「完治」の秘訣。2015年03月

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

2015年02月 | 2015年03月の記事一覧 | 2015年04月

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


人間が元気で健やかに生きていくため、
食事は欠かせません。


美味しいもの、好きなものを食べる、というのは、
ストレス解消につながりますので、簡単にできる
ストレス解消法でもあります。


良い面もある「食事」なのですが、
実は気をつけなければならない悪い面もあります。


これをある程度把握していないと、
あなたのパニック障害がますます悪化してしまう
可能性がある
んですね。


では、その気をつけなければいけない
内容とはいったいなにか?


それは、


“コンビニやレトルトの食品を避ける”


ということなんですね。


簡単で美味しく、なおかつ手軽に買えるので、
利用している人も多いでしょう。


ですが、なぜコンビニやレトルトの食品が
いけないのか?


それは、食品に含まれている食品添加物が
悪影響を及ぼすから
なんですね。


ある食品研究所がある調査をしたところ、驚くべきことに、
コンビニの食品などは数か月は腐らず見た目に
変化が表れない、という結果が判明したんですね。


これは、食品を製造している過程で、防腐剤や
着色料、化学物質などが多量に加えられているため、
このようなことが起こります。


そのようなものが食べものとして人体に入っていき、
血液を通し身体に行き渡っているとしたら・・・


何かしらの不都合が起きても、
なにもおかしなことではありませんよね。


パニック障害の人の食生活を以前調査したことが
ありますが、多くの人はコンビニやレトルト食品を
良く利用している、という結果がでました。


その結果から、少なからずパニック障害への
影響も避けることができないと感じます。


コンビニやレトルト食品に限らず、今の日本の
食事には、基本多くの添加物が含まれています。


大切なことは、それを踏まえたうえで、
できるだけ食品添加物の少ないものを
選ぶ、食べない、避ける、という工夫が必要です。


パニック障害の適切な完治・改善のため、
できる範囲で食生活の見直しを図ってみませんか?




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※無料メール相談は2015.3/31をもって終了いたします。

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆気分を安定させるのに役立つ食べものとは?
◆パニック発作を引き起こす食べものとは?
◆パニック発作を予防する5つの行動

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.03.29 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは最近、
こころから笑ったことがありますか?


おなかを抱えて、全身全霊で
笑った記憶があるでしょうか?


実は「笑う」という行為は、メンタル面を強化し、
免疫系を高め、身体の細胞を活性化させる
、という
効果・効力があるんですね。


ですので、こころから笑う、本気で笑う、おなかを抱えて
笑う、というのはとても素晴らしいことなんですね。


また、「笑う」という行為はガン細胞がもっとも苦手とする
ところでもあり、たくさん笑う機会があればあるほど、
ガン細胞は小さくなったり消えていく、ということが起こります。


パニック障害というのは大きくわけると、


“不安障害”


というくくりになりますので、
常に不安や緊張、怖さなどがともなってしまうものです。


ですが、あえて「笑う習慣」を持つことで、
最終的には不安さえも解消させていくことができるんですね。


頭ではわかっていても、


「常に不安を感じているのだから、
        こころから笑うなんてできやしない!」


と思っている人もいるでしょう。


もちろん、それはその通りであり、
不安という感情が付きまとっているので、
否定は一切いたしません。


ですが、なぜあえて不安を付きまとわせているのか?
ということを考える必要があります。



不安を感じることを選択するか?
それとも「笑う」という行為を選択するか?


それは選択する、決めることができるんですね。


「不安が勝手に湧き上がってきて
       しまうのだから、どうしようもない!」


と思う人もいるでしょうが、実はそれは違うんですね。


もう一度言いますが、あくまで不安や怖さというものは、
自分自身で選択しそれを感じるように決めています。


自分で決めているのですから、
「こころから笑う」という選択も、もちろんできます。


「笑う」ことを取り入れる、それによりパニック障害を
解消していく、改善していくために、


・面白くて集中してしまう漫画や本を持つ

・趣味にあうお笑い番組や動画を知る

・面白い人と接する、友達になる


というようなことを意識すると良いでしょう。


パニック障害完治のため、こころから笑えるほど
面白いことを探してみませんか?




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※無料メール相談は2015.3/31をもって終了いたします。

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆パニック障害の現状を打開する最善策とは?
◆パニック障害を完治させる人はここが違います
◆パニック障害は死と隣り合わせ?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.03.27 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害を完治・改善していくうえで、
ある一つの「カギ」があります。


「カギ」というのは、パニック障害をよりよく
完治に導いていくために核の部分になるものです。



もしかしたらこの「カギ」は、パニック障害の完治・改善を
目指す人であれば、ほぼ知っていることかもしれません。


逆に、これからパニック障害の完治・改善を
目指すのであれば、初めて知ることかもしれませんね。


ではいったい、その「カギ」とはいったい何なのか?


それは、


“感情が自分を殺すことは無いと理解する”


ということなんですね。


「殺す」という言葉はとても物騒ですが、
あなたもパニック発作の衝撃から、死を身近に
感じること、また感じたことはありませんか?


ある意味、死んでしまうのではないか?と感じる
衝撃の強さが、パニック障害の本質でもあります。


この「死」というものに直結しているものは、


感情


です。


多くは、怖さや不安という感情ですね。


自分のなかで、


「この怖さや不安には勝つことができない」


と決めてしまっていたら、永遠に「死」という
ものから免れることはできません。



ですが、自分のなかで、


「感情は自分のなか、自分で起こしていて、
          それはコントロールできるもの。」


と理解し腑に落としていれば、
「死」という概念からは抜け出ることができるでしょう。


感情はあくまで自分が湧き上がらせているもの、
という事実をきちんと把握することで、
パニック障害の完治は見えてくるでしょう。



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※無料メール相談は2015.3/31をもって終了いたします。

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆プラス面に目を向けることの重要性
◆脳はパニック発作を記憶してしまう
◆パニック発作を気にせずに行きたい所へ行く方法

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.03.26 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


人間は、同時に二つ以上のことに
集中することができません。


例えば、本を読みながら音楽を聴いている場合など、
二つのことは同時並行でできるのですが、
必ずどちらかに意識を優先しているもの
です。


本を集中して読んでいれば、音楽は耳に残りませんし、
音楽に集中しているときは、本の内容は頭に
入ってきません。


これは試していただくとすぐにわかりますよね。


この、「意識は一つのことにしか集中できない」
という性質をうまく利用し、パニック発作を
意図的に避ける方法があるんですね。


その方法というのは、


“意識を集中させられるものを身につけておく”


というものです。


あなたが意識を集中させられるものであれば、
なんでもかまいません。


例えば、


・お気に入りの漫画や本

・好きな動画や音楽

・携帯用のナンクロ、パズル

・携帯用のゲーム機

などがありますね。


不安が強くなったり発作が起きそうになるのは、
そちらに意識を集中させてしまっているからです。



ですので、まったく別なものに意識を集中させることで、
不安は強くならず、発作も起きそうになることは
ありません。



真剣に漫画や本を読むことに没頭してみる。
スマホなどで好きな動画を見る。携帯用の
ナンクロを真剣に解く、ゲームを思いきり
楽しむ、など。


まったく他のこと、できれば楽しめる何かに
意識を向けてみるのが良いでしょう。


これも若干慣れていないと難しいかも
しれませので、日頃から習慣付けしておく
ことをおすすめします。




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック



← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※無料メール相談は2015.3/31をもって終了いたします。

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆予期不安を今すぐ収めてしまう思考法とは?
◆あなたが完治を目指す理由はなんですか?
◆「不安」という感情を0にすることはできません

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.03.22 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


〇○をうまくつかって、パニック発作を回避する、
起こさないないようにする方法があります。


〇○に入るものは、ある感情です。


その感情はとても力が強くエネルギーがあり、
適切な使いかたをすることで、発作自体を
逆に飲みこんでしまうものなんですね。


ではいったい、〇〇という感情はなにか?


それは、


“怒り”


という感情です。


“怒り”という感情は、どちらかというと否定的、
出してはいけないもの、というような認識が
ありますよね。


「怒りを抑える方法」

「アンガーマネジメント」

「怒りを感じない生きかた」


というような内容でたくさんの本が売り出されており、
売れ続けています。


ですが、パニック発作を回避する、抑えていく
ための“怒り”は他者への攻撃や周りに迷惑を
かけるものではなく、ただ自分の中で感じて、
消化していくものですので、害はありません。



ここで、“怒り”という感情にピンとこない人も
いるでしょう。


パニック発作と“怒り”というのがつながらない、
と感じるかもしれませんね。


ここでいう“怒り”というのは誰かに対してではなく、


パニック発作という存在


に対しての“怒り”なんですね。


・なぜ自分がパニック発作で苦しまなければいけないのか?

・こんな理不尽なことがなぜ自分に起きるのか?

・自分だけになぜ発作が起こらなければならないのか?


とういような、パニック発作が自分に起きたことに対する
理不尽さ、自分だけがなぜ!?というような思い。


そういったものを自分の中から取りだし、
それをただ感じ尽くす、という方法なんですね。


次回は実際の方法についてお話をしますね。



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※無料メール相談は2015.3/31をもって終了いたします。

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆恐怖感や不安感をサッパリ無くす方法とは?
◆パニック障害になって責められたり怒られたりしている人へ
◆パニック発作をリズムをとることで解消する方法とは?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.03.21 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


本日は一つお知らせがございます。


これまでおこなっておりました


「無料メール相談」


ですが、今月3月末を持ちまして一身上の都合により、
終了させて頂くことになりました。


これまで本当に多くのご相談を頂きまして、
たくさんの回答をさせて頂きました。


それにより、お礼のメールを頂くことも少なくなく、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


3月末以降、4月からは「有料メール相談」として、
これまで以上に頂いたご相談に対して真摯に、
真正面から取り組み、ご納得頂ける回答を
心がけていく所存です。


3月末までは無料メール相談は引き続きおこなって
まいりますので、ぜひご相談を頂ければと思います。


また、最終日が近くなりましたら、
ご案内をいたしますので。


どうぞ、よろしくお願いいたします。



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.03.15 18:00 | スウィーニーのサービス | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害には、それが引き起こされた
原因や要因というのが存在しています。


自分自身で気がつくほどの大きな原因や要因
というのもありますが、気がつかない、もしくは
それにあえて触れずにいるということもあります。


パニック障害を完治・改善させていく一つの
キーワードとして、


“原因、要因を明確にし解消していく”


というのがあげられますが、
それをある程度気がついていながら触れない、
隠しているのは、パニック障害そのものを
長引かせてしまうことにつながってしまいます。



気がついていながら誰にも言えず隠し通すというのは、
そうせねばならない理由があるのものです。


例えばですが、


・カウンセラーに打ち明けたら嫌われてしまうのでは・・

・あんな恥ずかしいことはとても言えない・・

・変な目で見られてしまうかも・・・



というような、自分の身を守るためや傷つかないために
隠すことが考えられます。


ですが、パニック障害の完治・改善には、
こころに抱えていること、潜んでいること、
見たくないものをあえて開示する、見せる
勇気が必要にもなる
んですね。


完治・改善を目指すためにカウンセリングを
受けたり、専門家に相談していても、
内面の扉が開かない限り、手の施しようが
なくなってしまいます。


こころの傷になっていること、とても恥ずかしい
思いをしたこと、考えたくもないトラウマなど。


今すぐにでも忘れてしまいたい、記憶から消して
しまいたい、という気持ちがあるかもしれません。


ですが、それをあえて開示する勇気を持つ、
専門家を信じることで完治・改善への
新たなステージに立つことができます。


あなたがもし、ある程度パニック障害が改善していても、
その先に行けない・・と思っているのであれば、
何かを隠していないか?確認してみましょう。



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆あなたが完治を目指す理由はなんですか?
◆それを見落とすとパニック障害完治は難しい!?
◆「ゼッタイ無理」を覆した奇跡

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.03.15 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


人間はイメージができる生き物です。


そしてそのイメージは、湧き上がらせるイメージに
よって、毒にも薬にもなる
んですね。


毒というのは、例えば先が見えない不安を感じたり、
希望が見えないと感じたり、一生パニック障害と
付き合っていくのか・・と考えたりしてしまうことですね。


それにより自分の中で具体的なイメージが出来上がり、
どんどんと力を失っていってしまいます。


逆に薬となる場合ですが、パニック障害は今だけで将来は
きっと明るいと感じたり、完治している自分を空想したり、
パニック障害を撃退する力があると信じたり。


それにより、こちらも具体的なイメージが出来上がり、
どんどんと力や勇気がわいてきます。


今日これからお話することは、イメージをうまく
使って、パニック発作を起こさない、予期不安の
予防になる、というものです。


これはNLP(神経言語プログラミング)という、
心理療法を用いた方法なんですね。


場所を選ばすに1人ででき、時間もさほど取られません。


ではいったい、それはどのような方法か?ですが、
それは、


「できごとの逆回転イメージを使う」


という方法です。


全てのできごとには始まりというスタートがあり、
そして結果というゴールがあります。


「逆回転イメージ」というのは、ゴール(発作が起きた)
から徐々にスタート(発作が起きる前)に向かって、
イメージを逆回転させていく、という方法なんですね。


元のなにもない状態にイメージで巻き戻していく、
という感覚です。


これはコツをつかめば、
発作をコントロールできる武器になりますので。


次回、具体的な実践方法についてお話をしますね。



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆パニック発作は日頃のシュミレーションで回避できます
◆パニック障害を完治させたくない人はいますか?
◆無理しないことがパニック障害完治には必要です

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.03.13 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


小さな頃の何かしらの体験や経験というのは、
パニック障害において重要な意味を持っている
ことがあります。


そのなかでも、


“見捨てられた経験”


というのは、パニック障害の大きな要因になる
ことがあるんですね。


“見捨てられた経験”というのは、例えば、親がどこかに
行ってしまった、おいてけぼりにされた、家で1人に
されることが多かった、スキンシップがまったくなかった、
などの経験から生まれることがほとんどです。


この“見捨てられた経験”が自分のなかに刻まれて
しまうと、


「見捨てられ不安」


という不安感情に変化していきます。


小さな子どもにとって、見捨てられた感というのは、
非常にショッキングであり脅威です。


大人は最初から見捨てる気などなくても、
子どもは色々なことを敏感に察知し、
見捨てられないように常に気を張っているんですね。


小さな子どもは、大人に見捨てられてしまったら、
生きていく術を無くしてしまいます。


ですので、


見捨てられる = 死んでしまう


ということが、強烈に印象に残ってしまうんですね。


あなたがもし、過去に見捨てられたことや見捨てられた感が
あるのであれば、もしかしたら「見捨てられ不安」が
こころにあるのかもしれません。


根底にある「見捨てられ不安」を上手に解消していくで、
あなたのパニック障害は完治に向かっていくでしょう。



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆あなたのパニック障害はこころの傷が原因?
◆前に進めなくなってしまいそうなあなたへ
◆パニック障害で自分を責めていませんか?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.03.10 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あまり多くはありませんが、時として、
SEXの最中にパニック発作が引き起こされることがあります。


愛を営む、育んでいる最中での発作は、
精神的にもつらいものがありますよね。


SEXの最中に発作を経験すると、多くの人は、
SEX自体が不安になり、行為そのものを楽しむ
ことができない、という状態に陥ります。


SEXというのは一つの行為、行動ですので、
考えかたとしては、広場恐怖が持つ
不安感、恐怖感と同じなんですね。


広場恐怖と同じで大切なことは、
自分の中で、


SEX = 発作が起こる


というように関連付けをしないことです。


SEXを楽しんでいる、愛を営んでいる行為と
発作が起きたというのはまったくの別物として
認識をしていく必要がある
んですね。


行為、行動の最中に発作を経験した人は、
それ自体をずっと意識してしまい、自分の
なかで関連付けをしてしまいます。



大切なことは、それはそれ、これはこれ、
というようにうまく区切りをつけていくことなんですね。


こういった上手く区切りをつけていく、認識を
変えていくにはカウンセリングがとても有効です。


自分ひとりではなかなか切り離せない思考や
意識でも、専門家と一緒にすすめていくことで、
新たな道筋を発見することも少なくありません。


また、実はSEX自体に嫌悪感がある、嫌な感覚がある、
ということもあります。


自分自身で気がついていれば別ですが、
そうでない場合は、嫌悪を抱かねばならない
理由を解明し、それを解消していくことが
必要になる
んですね。


ここでもやはり、こころの内面を掘り下げて
いくため、専門家の力を借りることが良い選択でしょう。


とかくSEXというのはデリケートな部分であり、
他者にすすんで相談をしづらいものです。


専門家、カウンセラーは秘密保護や保持の
プロですので、ぜひ構えることなく、
ご相談をしてくださいね。



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆恐怖感や不安感をサッパリ無くす方法とは?
◆パニック発作解消に役立つ疲労回復法とは?
◆パニック障害の罠に進んではまっていませんか?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.03.08 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


今日は一つお知らせがあります。


実はこのたび、


「パニック障害カウンセラー三木ヒロシ公式Twitter」


を始めました。


この公式Twitterでは、このブログと同じように、
パニック障害についてのことをつぶやいています。


もしかしたら、ブログに書かないことも、
ポロっとつぶやくかもしれません。


まぁ、それは見ていただいてからの
お楽しみということで^^


実は2ヵ月くらいまえから始めてはいたのですが、
お知らせはしていませんでした(^_^;)


もしあなたが現在、Twitterをやっているのであれば、
ぜひお気軽にフォローしてくださいね。


もしかしたら今後、フォロワーさん限定の
プレゼント企画を考えるかもしれませんので。


Twitterはパソコンからでもスマホからでも無料で
登録でき、すぐに使うことができますので。


ぜひ、Twitterというツールを使って、
私三木とつながりませんか?


三木ヒロシ公式Twitterにご興味があれば、
下記のバナーからおすすみくださいね。


バナーはこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


bn_twitter-1.jpg



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.03.05 19:30 | スウィーニーのサービス | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


ベッドや布団に入ったとき、
あなたは普段から早く眠りにつけますか?


それとも、しばらく経たないと
眠りにつけないでしょうか?


ベッドに入ってから眠りにおちるまでの時間には
個人差があり、すぐ眠りにおちる人となかなか
眠りにおちにくい人に分かれます。


今日は、どんなに寝つきが悪い、眠れない人でも、
ほぼ一瞬で眠りにおちる方法をご紹介しますね。


眠る前に身体を動かしたり、ホットミルクを飲んだり、
という、今までのものとはちょっとだけ違う方法です。


ですが、何も難しいことはなく、


「“ある”ことを意識」


するだけで、誰でも簡単にできる方法ですので、
安心してくださいね。


意識する必要がある“ある”ことですが、それは


呼吸


なんですね。


呼吸を簡単な方法で意識をしながら、
何回か繰り返す、というだけの方法です。


ある意味「呼吸法」の別バージョン、というところでしょうか。


では実際の方法ですが、


1)口から息を全て吐き出す

2)吐き出したら口を閉じ、4秒かけて鼻から息を吸う

3)吸い終えたら7秒間息を止める。

4)今度は8秒間かけて口から息を全て吐き出す

5)1~4を3回ほど繰り返す



という流れになります。


深い呼吸を意識する、3回ほど繰り返すことで、
副交感神経の働きを上げることができるんですね。


普段からなかなか寝つけないとき、眠りにおちれないとき、
気軽な気持ちで試してみるのが良いでしょう。



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック

← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆予期不安を今すぐ収めてしまう思考法とは?
◆パニック発作をコントロールするには呼吸を意識することです
◆パニック障害は死と隣り合わせ?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.03.04 10:00 | パニック障害に関わる他の病理 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害を撃退する、完治・改善していくためには、
ある程度の自信が必要です。


色々な本を読んだり、カウンセリングを受けたり、
自己改善法などを実施していても、


「やっぱりパニック障害を完治させる自信がない・・」


と考えてしまうこともあるでしょう。


元からあまり自分に自信がない場合は、
さらにそれが深刻になる可能性もありますね。


ですが一つ、これからお話する方法を試して頂ければ、
ある程度の自信を自分にセットすることは可能です。



あるアイテムは必要になるのですが、
とくに時間も場所も選ばずできる方法なんですね。


この方法を実践して頂いた多くの方は、
ある程度自信が持てるようになり、
パニック障害の完治・改善まですすんだ方もいらっしゃいます。


それほど「自信」というのは大切な要素でもあるんですね。


ではいったい、あるアイテムを用いて自信をつける
方法とはなにか?


それは、


「ミラートレーニング」


という方法なんですね。


私の無料レポートをダウンロードし、
見て頂いた人はおわかりになるかもしれません。


この方法は「鏡」というアイテムを用いながら、
無限の可能性を秘めた


“潜在意識”


にダイレクトに落とし込んでいくものですので、
難しくなくそれほど苦労することなく、
自信をつけることができる、というものです。


実際の実践方法ですが、


1)顔全体が映る鏡を用意する

2)鏡に映る自分に向かって肯定的な言葉をかける

3)一つの言葉につき3回ほど繰り返す


となっています。


では、一つずつご説明をしていきますね。


1)顔全体が映る鏡を用意する


手鏡でも全身鏡でも、顔全体が映るものであれば、
なんでもかまいません。


身近にある鏡をご用意ください。


2)鏡に映る自分に向かって肯定的な言葉をかける


鏡映った自分の顔に対して、前向きであり肯定的な
言葉を投げかけていきます。


例えば、


「あなたは自信に満ち溢れている」
「あなたはパニック障害に打ち勝つパワーがある」
「あなたはパニック発作を撃退する勇気がある」


というような感じですね。


一つ注意が必要なことなのですが、
あくまで「もうすでに自分のなかにそれはある」
という感じに鏡の中の自分に語りかけることです。


「~だといいなぁ」「~になったらいいな」


というような希望的観測な言葉は一切禁止です。


あくまで、それはもう達成される、されている、
というような現在進行形な言い方を用います。


3)一つの言葉につき3回ほど繰り返す


一つの肯定的宣言について、3回は繰り返し
鏡の中の自分に伝えます。


できるだけ力強く言い放ち、自分のなかにそれが
落とし込こまれていくのをイメージしながらが良いでしょう。


できれば毎日、3回くらいは続けていくことで、
徐々に力強さ、自信が湧いてくるのを感じると思います。


パニック障害を完治・改善していくために、
ぜひ活用してみてくださいね。



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック



← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆過呼吸から早急に抜け出す方法とは?
◆カウンセリングはパニック発作に効果があります
◆イメージできるとパニック障害は完治する

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.03.02 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは日頃から常に不安を感じていますか?


それとも、時として不安が強くなってしまうのでしょうか?


もし現在、あなたのなかで不安が強いのであれば、
下記にあげることが理由かもしれません。


その理由とは、


1)アルコールを摂取する機会が多い

2)ものごころついたときから不安感が強かった

3)両親が心配性、不安が強かった

4)過去に大きなトラウマ、辛い経験をした


というものです。


では、一つずつご説明をしていきますね。


1)アルコールを摂取する機会が多い


意外なことかもしれませんが、アルコールというのは、
不安を高めてしまう要素があります。



なかにはお酒好き、飲むのが好きな人も
いるかもしれません。


お酒を飲んでいる最中は良いのですが、
翌日などお酒が抜けてきたときに、
不安が一時強くなってしまうことがあるんですね。


絶対にお酒はダメ!ということはありませんので、
適量でほどほどに嗜むことが、不安を強くさせない
一つの解決策になります。


2)ものごころついたときから不安感が強かった


幼児期から、もしくは小さな頃の記憶がある
時点から不安を感じやすい体質だった、
という可能性があります。


これは遺伝が強く反映されているとも言われ、
DNAレベルで受け継いでいる
のでしょう。


もちろん、良い悪いではありませんので、
もし小さな頃から不安感が強かったかな?
と感じたときは、日頃から不安をゆるめていく
アプローチが必要になります。


3)両親が心配性、不安が強かった


これは上記の遺伝的な要素と少し絡むのですが、
両親のどちらか、もしくは両方が心配性であったり、
不安が強かったのであれば、それを受け継いでいる
可能性があります。


これは遺伝というよりも、心配性の態度や姿勢、
声色などを見たり聞いたりしていた、もしくは
不安が強いのを同じく見たり聞いたりしていた
ことで、自分にインストールされている
んですね。


ようは、モデリングしている可能性が高いです。


「この心配性、不安性は自分のものではない、
親のものであり、モデルとして取り入れているだけだ」


というような状態へ思考を修正していくことで、
不安感をコントロールできるようになっていきます。


4)過去に大きなトラウマ、辛い経験をした


肉体的、精神的、性的な虐待やイジメ体験、
死をまじかに見た、親類に自殺者がいる、
というようなことがあれば、もしかしたら、
トラウマ的なものが隠れている可能性があります。


もし、こういった記憶があるのであれば、
トラウマを適切に解消していくアプローチを
とることで、不安が弱まることは多々あります。


もし、不安が強い、自分の中から抜けづらい、
と感じているのであれば、上記を意識し、
確認してみるのが良いでしょう。



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆これではパニック障害を悪化させてしまいます
◆パニック障害で陥りやすい思考と行動とは?
◆怖さや不安を上手に解消する方法(感情消化)

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

2015.03.01 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |