パニック障害「完治」の秘訣。2013年02月

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

2013年02月 | 2013年02月の記事一覧 | 2013年03月

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


私たちが普段何気なく口にしている食べ物ですが、
その中には気分(精神状態)を安定させるのに
役立つものがあります。


日頃から出来るだけ意識して摂取すると良いものですね。


気分の安定がはかれると、それだけパニック発作を
回避する状態を作れ、将来的にパニック障害完治を
後押ししますので。


気分の安定に役立つ食べ物はこのようなものです。


・豆、たまねぎ、にんにく、ヨーグルト(メチオニン)

・レモングラス(精油)、オレンジ、レモン(シトラール)

・にんじん、かぼちゃなど緑黄色野菜全般(ベータカロテン)

・豚肉、牛乳、豆類(ビタミンB1)

・ホウレンソウ、バナナ、さつまいも、生野菜(カリウム)

・チョコレート、ココア(GABA)

・海藻、小魚、牛乳、大豆食品(カルシウム)

・ナッツやアーモンド(マグネシウム)

・レバー、鶏のささみ、マグロ、カツオ、たらこ(ビタミンB3)

・うなぎ、(魚介の)カキ、肉類(亜鉛)

・果物全般、生野菜(ビタミンC)

・さんま、マグロ、サバ(DHA)



以上、ざっとあげてみました。


これが全てではありませんが、身近にある
代表的なものをあげました。


また( )内は成分の名称ですが、食べ物によっては
一つのものにいくつかの成分が混合されている
場合もありますので。


普段からバランスの良い食事を心がけるのが良いですね。


ただし、あまり意識しすぎてしまうのもしんどく
なりますので、ちょっと気にしてみる位が
ちょうど良い方法ですね。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg
2013.02.28 22:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは日頃、何か身体を動かすことをしていますか?


身体を動かすことはストレス解消効果があるのはもちろん、
身体にとって良い効果をもたらします。


実はパニック障害に効果のある運動方法があります。


それはズバリ、


有酸素運動


なんですね。


有酸素運動とはウォーキングやジョギング、
軽めの縄跳びなどのことですね。


有酸素運動を継続するメリットは、



・心肺機能が強化される

・基礎代謝が上がる

・血液の循環が良くなる

・中性脂肪が落ちる



などがあります。


なぜパニックには有酸素運動なのか?ですが、
人間は身体をある程度動かすと「乳酸」という
物質が体内に溜まっていきます。


そして「乳酸」はパニックを引き起こす要因とも
言われている
んですね。


この「乳酸」というのは疲労物質であり、
パニック障害の人はこの「乳酸」が比較的
溜まりやすいと言われています。


言い方を変えるとパニック障害の人は
疲れやすい体質と言えます。


肉体トレーニングなどの過度の運動は「乳酸」が溜まりやすい
のですが、適度な有酸素運動は逆に「乳酸」を溜めるのを
少なくすると言われています。


ですので、日頃から適度な有酸素運動を取り入れ、
「乳酸」が溜まりにくい身体にする。


仕事疲れなどではなく、適度な肉体的疲れがあると
睡眠の質もあがります。


パニック障害をバッチリ撃退していくため、
適度な運動を取り入れる習慣づけをおススメします。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg
2013.02.28 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは今、突然のパニック発作に襲われたとき、
すぐに活かせる対処法を持っていますか?


予期不安があり、そろそろ来るとわかっていても
いざ来るとパニック発作は苦しいですよね。


そこで、普段の生活の中ですぐに活用できる
対処法があります。


それは発作が始まったとき、


「頭を動かすことを意識してみる」


という方法です。


例えば、


・自分の名前と生年月日を口で言う

・自分の周りの音を聞く

・今日は何年の何月何日か口で言う

・簡単な暗算を解く

・親兄弟の名前を一人づつ口で言う



というものです。


パニック発作が始まったとき思考回路は
恐怖に乗っ取られがちです。


頭の中が恐怖で一杯になってしまい、
自分が抑え込まれてしまうんですね。


そこで、暗算でも名前でも良いのであなたがすぐに
実践できることを4~5ほど小さなメモに書いておき、
パニック発作が始まったときそれを実践してみることです。


メモはもしものために見ると考えておき、
出来れば頭の中でパニックがきたらこれを
やる、とシュミレーションしておくのをおススメします。


予期不安があれば別ですが、万が一何もなく突然パニックに
襲われてしまったときのために、クセにしてしまいましょう。


ここまでの方法をまとめると、


1、自分が実践したいものを4~5あげる

2、メモにそれを書き、意識して覚える

3、頭の中でシュミレーションをしてみる



となります。


普段の生活の中で小さなことから意識していくと、
思わぬところで良い結果が得られます。


ぜひ、自分の武器として活用しましょう。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg
2013.02.27 22:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の完治・克服の目的は人により様々です。


例えば、


・パニック発作に怯えることなく急行電車に乗りたい

・家でパニックのことを考えることなくリラックスしていたい

・減薬して断薬して良くなっても元に戻ってしまうのが嫌

・何も考えることなく普通に美容院で髪を切りたい



全てではありませんが、上記のことがあげられます。
今、あなたはどのような目的がありますか?


パニック障害の完治・克服に向けて大切な事として


「完治の目的を常に意識する」


というものがあります。


これは、これからパニック障害と闘っていくための
心構えと呼べるものなんですね。


目的の意識を持つことで、やる気や気力が継続されて
諦めることが無くなります。


人により治療の完治までの経過は様々であり
一概には言えませんが、絶対に言える事として、


パニック障害は必ず完治します。


途中色々なことでやる気や気力がゲンナリして
しまうかもしれません。


ですが、諦めなければ必ず勝ちます。


スポーツなどの試合はやってみるまで勝敗は
わかりませんが、これは別なんですね。


諦めることが無い限り、必ず完治・克服をしていきます。


唯一の罠、“諦める”というものに完勝するため、
まずは完治の目的意識を持ちましょう。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

2013.02.27 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


カウンセリングをしていると、薬についてのことを
聞く機会があります。


「もう薬には頼りたくない」

「副作用があるので、薬は飲みたくない」

「薬そのものに抵抗感がある」


というように、パニックをお持ちの方は
どちらかと言うと否定的な意見が多いと感じます。


あなたはいかがですか?


この病気を完治させていくには段階がありまして、
初期のほうでは実は薬物療法が効果的なんですね。


ずっと投薬し続けるのを防ぐために、
初期のほうはお医者さんからの指示を守り
服用することが必要となります。


初期の頃は、とかくマイナスな思考に陥りがちです。


「自分はなんて弱いのだろうか・・・」
「パニックになる自分はダメだ・・・」


と自分を否定してしまうことも多いでしょう。


まずはパニック発作を抑え込む、マイナス思考から
抜け出すことを考えましょう。


パニック発作が頻発すると、精神的にも体力的にも
身体が悲鳴を上げてしまいますよね。


疲労が蓄積されると、それだけで
やる気の喪失にもつながります。


パニックの代表的な薬として


SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)があり、
種類としては、


・パキシル
・ルボックス
・ジェイゾロフト


などがあります。


そのときの状態などにより量は様々ですが、
まずはお医者さんの指示にしたがい服用していきましょう。


これは、これから先この病気と闘っていくための
準備段階と考えてくださいね。


将来的に本来の自分を取り戻す、パニック障害完治に
向けての第一歩ですから。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg
2013.02.25 10:00 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは、


「パニック障害は本当に完治するのか!?」


と疑問に思っているかもしれませんね。


パニック発作は突然、もしくは何かしらの兆候があり
発症します。


そして強烈ですよね。


「このまま死んでしまうのでは!!」


と思ったことも1度や2度ではないと思います。


そんな強烈な発作がいつくるか?と不安を感じていたら


「自分は一生このままではないのか???」


と疑問に思われ、完治の望みを捨ててしまう
こともしょうがない事だと思います。


このブログではあらゆる角度からパニック障害完治・克服に
向けてのお話しをしていきます。


ですが、まず、その方法や療法を実践していくにあたり
ちょっとしたコツというものがあります。


そのコツというのは、


「あなた自身を諦めない」


ということです。


これはどういうことか?と言いますと、人間は何回か
トライしてみて上手くいかないと止めてしまうものです。


今までやってきたことをパタッと止めてしまい
諦めてしまうものです。


なぜ止めてしまうのか?諦めてしまうのか?


それは、


「欲しい結果がすぐに手に入らないから」


なんですね。


パニック障害など、こころの病気の完治・克服については
おいそれと良好な結果は出ずらいものです。


ですが、ここで大切なことは


「諦めず継続して行動する」


ということ、ただ一つです。


このただ一つのことがコツであり、あなたが
素晴らしく快適な未来を手にするための
ポイントになります。


ですが、時には休憩も必要です。


気負い過ぎず、焦らず、諦めず、着実に。


私と一緒に歩いていきましょう。


↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

2013.02.24 22:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
こんにちは。

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


当ブログにお越し頂きましてありがとうございます。


今日から「パニック障害」の完治・克服するための方法や
パニック障害について知っておくべきこと、カウンセラーとしての
観点からお伝えすべきことを色々と綴らせて頂きますね。


まずは簡単に私、三木ヒロシは何者なのか?
ということをお話しします。


私は個人開業の心理カウンセラーを生業としてまして、
カウンセラーとしての経歴は約5年になります。


それまでは約13年ほど某人材派遣会社でサラリーマンを
してまして、3年ほど営業所の所長代理を務めていました。


開業してからこれまでパニック障害のカウンセリングはもちろん、
様々なこころの病気をお持ちの方や日頃ストレスを
多く抱えている主婦やサラリーマン、学校の先生、
楽器演奏家、病院の先生など実に様々な人達の
カウンセリングをしています。


そして現在、その数は約1900人ほどです。


特にその中でも「パニック障害」をお持ちの方が
カウンセリングにいらっしゃることは少なくありません。


パニック障害のカウンセリングにいらっしゃった方々が
よく口にされる言葉に


「パニック障害は治らない」


というものがあります。


もしかしたら、あなたもそう感じていらっしゃいますか?


もしそうだとしたら、このブログに出会ったのは
必然かもしれません。


なぜなら、パニック障害は


「治る」


こころの病気だからです。


「治らない、完治はしない」


と感じてしまうのは、薬を飲み続けても改善しない、
何年も治療しているが一向に改善の兆しが見えない
というところからくるものでしょう。


実は「薬物療法」というのは一次的に楽にするための
対処療法にしかすぎません。


こころの中の奥深い部分、根本から治療する必要があります。


私の心理カウンセラーとしての様々な観点から、根本から治す
ことに焦点を当て、薬だけに頼らない快適な改善に向けて
色々な事や改善法などお話ししていきたいと思います。


どうぞ、よろしくお願いいたします。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

2013.02.24 10:29 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(2) |