パニック障害の完治に向けて

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害を改善していくのに、
実は意外な即戦力があります。


この即戦力をうまく活かしていくことで、
よりよく改善に向かう、というものなんですね。


パニック障害は緊張感や不安感を常に身近に感じ、
疲労も蓄積されていきます。


もちろんそれは個人差がありますが、
ほぼ毎日ツラい状況にあると思います。


今回お話する即戦力とは、この緊張感や不安などから
蓄積される疲労をとる働きがあり、リラックス効果を
高める方法でもあるんですね。


とくに必要なものなどもありませんので、
おススメの方法です。


ではいったい、パニック障害改善に向けての
意外な即戦力とはなにか?


それは、


“いかに良質な睡眠をとるか?考えこころがける”


というものなんですね。


睡眠というのは身体が休まるのはもちろんですが、
とても大切なことは、


「脳が休まる」


というところなんですね。


この「脳」という臓器は日中せわしなく働いており、
ほぼフル稼働しています。


日中いろんなものを見たり感じたり触れたりといった刺激を
脳の働きによってコントロールし、人間の身体は動きます。


とてつもないほどの膨大な作業を複数こなしていますので、
一日起きているだけでも「脳」は疲弊しているんですね。


そして、良質な睡眠をこころがけていくことにより、
脳と身体が休まり、結果パニック発作の頻度が
劇的に解消されていきます。


パニック発作が頻発していたり、不安や怖さ、緊張が
なかなか抜けない人の多くは睡眠に問題がある
場合が多いんですね。


あなたも自分を振り返ってみると、もしかしたら
良質な睡眠がとれていないのかもしれません。


さて、ではどのようにしたら良質な睡眠がとれるのか?


ちょっとしたコツもお話しましょう。


1)眠る最低1時間前にはTV、スマホ、パソコンを見ない

2)眠る最低2時間まえには食事を終わらせる

3)日中できるだけ身体を動かしておく

4)半身浴などして身体をゆるませておく

5)眠る前に簡単なストレッチなどして伸ばしておく



というものです。


では、ひとつずつご説明をしていきますね。


1)眠る最低1時間前にはTV、スマホ、パソコンを見ない



TVやスマホ、パソコンを眠る前に見ている人は
けっこう多いものです。


ですが、実はTVやスマホから表出されている明るさ
(ライト)は脳を興奮させてしまう働きがあります。


身体は疲れていていくら眠ろうと思っても、
脳は興奮しているので眠りに入りづらく、
良質な睡眠はほど遠くなってしまいます。


できれば2時間前、最低でも1時間前には見るのを止め、
読書に切り替える、ぼーっとするなど画面から離れる
ようにしましょう。


2)眠る最低2時間まえには食事を終わらせる



いざ眠ろうと思っても胃の中に消化中の食物が
あると、眠りに入れなかったり深い眠りにつけません。


実は胃が食物を消化するには、人間でいうところの
フルマラソンを走っているのと同じ運動量をこなして
いるんですね。


それだけ胃が活発に動いているのですから、
こころからリラックスして眠ることはできませんよね。


食事は最低2時間前には終わらせておくのが良いでしょう。


3)日中できるだけ身体を動かしておく



身体を動かすのは、できれば軽めのウォーキングや
散歩などをこなすのが良いでしょう。


外出が難しいのであれば、家のなかでの長めのストレッチ、
軽めのトレーニングなどが良いですね。


人間はある程度日中身体が疲れていると、
夜の眠りに入りやすくなります。


逆に身体の疲れがそれほどでもないと、
快適な眠りに入ることがなかなかできない可能性があります。


できる範囲で身体を動かす習慣を身に着けるのが
良いでしょう。


4)半身浴などして身体をゆるませておく



お風呂に浸かる、というのもリラックス効果があり、
身体をゆるませる働きがあります。


肩までしっかり浸かるより、できれば半身浴くらいが
おススメです。


入浴時間もできれば40分~1時間とれれば良いですね。


入浴はリラックス効果もありますが、逆に
心地よく身体を疲れさせる働きもあります。


その心地よい疲れが良い睡眠を手助けしてくれるんですね。


こちらもできるだけ、お風呂に入る習慣を持てると
良いでしょう。


5)眠る前に簡単なストレッチなどして伸ばしておく



お風呂上りにストレッチをおこなうことで、
身体がゆるやかになりリラックス効果を高めます。


お風呂上がりのストレッチはがっつりとおこなう必要は
なく、軽めのストレッチで十分な効果がありますので。


身体を適度に伸ばしておくことで日中の緊張も外れ、
良い睡眠に入りやすくなります。


いかがでしょうか?


上記の方法を実践して、すぐに効果が現れる人もいれば、
なかなか効果が現れない人もいると思います。


なかなか効果が現れないというのは、それだけこれまで
身体がリラックスしていなかった、と言えますので。


できるだけ良い睡眠をとることを意識していき、
パニック障害の改善をすすめていきましょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆自宅で楽にできる有酸素運動はこれです
◆コーピングをうまく使ってやり過ごす
◆パニック発作の恐怖に打ち勝つこころを作る方法とは?
2017.04.23 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたにひとつお聞きしたいことがあります。


それは、


「今現在、パニック障害の改善をガンバっていますか?」


ということです。


いかがでしょうか?


この質問に対し、いろいろと考えてしまうことも
あるかもしれませんね。


「もちろんガンバってます!」

「言われるほどにはガンバっていないな・・・」

「まだまだ、全然ガンバっていない・・」


などなど。


一生懸命にガンバっている人もいれば、
調子が悪くガンバれない人もいるかと思います。


さて、実は今回お話したいのは、


“パニック障害の改善をガンバっている人は危険”


ということなんですね。


もう少し正確に言うと、


パニック障害の改善にしゃかりきにガンバり過ぎている、
動き過ぎている人は逆に改善に向かわない



ということです。


「そんなバカな!!こんなにガンバっているのに??」


と大きな疑問をも持つ人もいるでしょう。


疑問を持つのは当たり前のことですよね。


パニック障害改善のためにガンバっているのに、
それが逆に改善に向かわないと言われたら・・・・


必要なことなのですが、ここで一度、パニック障害の
基礎に戻る必要があります。


パニック障害に陥ってしまうことには様々な要因や
原因があります。


そして、そのなかのひとつに、


“普段から無理してガンバり過ぎてしまう人”


というのも含まれています。


普段からガンバり過ぎてしまう人は、
自分のガンバり過ぎになかなか気づきません。


ガンバり過ぎてしまうことには、いろいろな理由があるんですね。


例えばですが、


・いつもガンバっていないと自分には価値がない

・ガンバって期待以上の答えを出さなくてはいけない

・人から注目されるとガンバらなければいけないと感じる

・ガンバることに生きている意味がある



など。いろいろな理由を持ってほぼ無意識でガンバっています。


ガンバることは悪いことではありません。


それによって報われること、助かることもありますので。


ですが、パニック障害のひとつの原因である「ガンバり過ぎ」
ということに対し、またここでもガンバり過ぎてしまうと、
いつもと同じストレス負荷がかかり改善に向かうことはありません。


まさに本末転倒、という事態に陥ってしまうんですね。


そうならないためにも、改善に対しあなたが普段から、


「ここまでできたからもっとやらなければ!」

「毎日改善の行動ができていない、これではダメだ・・」

「もっともっと私はできるはず!!ガンバらないと!」



というように、ある意味自分に対し喝を入れていたら、
すぐにそれを止める必要があります。



逆に行動をしない、しっかりと休むことを念頭におく
必要があるんですね。


パニック障害の改善は、たくさん行動したから
たくさん改善にすすむ、というものではありません。



たくさん行動をしていても、それに対しての充実感や
しっかりできている自分を認め褒めていかなければ、
改善のレベルは上がっていかないんですね。


逆に、ちょっとしか行動していなくても、充実感に満ちていたり
認めて褒めることが普通にできていれば、こちらのほうが
改善のレベルが上がります。


無理してガンバり数をこなすのではなく、
逆にガンバり過ぎている自分を止め、
60点くらいの出来を目指す。


もしあなたが周囲から「ガンバり過ぎている」
と言われたり、身体は疲れているのにガンバろうと
しているのであれば、しっかりと休息し休むこと。


もしくは軽い行動だけに努めてみること。


そのあたりのバランスをうまく取ることが出来てくると、
自ずとパニック障害は改善に向かっていきますので。


まずはガンバり過ぎていないか?
チェックすることから始めてみましょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック障害が逃げ出すカウンセリングの効果とは?
◆「パニック障害完治」とは新しい自分になることです
◆パニック障害歴5年以上の人がハマリやすい罠とは?
2017.04.21 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害を劇的に改善させるための


「必殺技」


があるとしたら・・・


あなたはそれを知りたいですか?


この「必殺技」はパニック障害にとても有効であり、
効果が高い方法です。


ですが、実はこの「必殺技」、
できる人を選ぶという性質があるんですね。


基本的にやろうと思えば誰でもができる方法なのですが、
途中で挫折してしまったり、最初からできないと感じて
しまうことがあります。


そういう意味で「人を選ぶ」というものなんですね。


この「必殺技」を使いこなし、自分のものにしていく
ためには、自分のなかの「勇気と覚悟」が問われます。


絶対に挫折しない覚悟と一歩踏み出してみる勇気。


この「勇気と覚悟」が備わっていれば、恐れることはありません。


ではいったい、「勇気と覚悟」を必要とし、
パニック障害を改善させる「必殺技」とはなにか?


それは、


“ファスティング(ぷち断食)”をおこなう


というものなんですね。


その名の通り「断食」ですので、
ある程度の覚悟がないと踏み切ることができません。


「食を摂らないなんて、考えられない!」

「断食なんて私には無理!」


と考えている人には、正直おススメできる
方法ではありません。


ですが、それらの考えをうまく自分のなかで解消し、
ファスティングに踏み出すことができれば、
大きな対価を得ることができるでしょう。


このファスティング(ぷち断食)という行為は、
身体の各症状などにたいして万能な力があります。


ちょっとした風邪から各種の精神的なもの、
ガンまで治すと言われているんですね。


私もファスティングは定期的におこなっていますが、
身体が軽くなったり、免疫力が上がったり、
気分が爽快になるなど、良いことが多いんですね。


ぜひ、できる覚悟があれば挑戦してみて欲しいな、
と思います。


一口にファスティング(ぷち断食)とは言っても、
いろいろなやり方があります。


私三木がおススメするファスティング(ぷち断食)は、


“3日間ファスティング(ぷち断食)”


というものです。


3日間、基本は水と塩だけで過ごすというものです。


私がおこなっているのは、日中は水と塩分を摂り、
夜は具の無いお味噌汁を一杯いただく、というものです。


お腹が空いて苦しくなってしまうのでは・・・と心配
されるかと思いますが、慣れてくるとお腹は空きません。


逆に身体の軽さ、爽快感に驚くと思います。


では、実際の方法をご説明していきましょう。


1)まずはファスティング(ぷち断食)をおこなう日程を決める

2)決めた日程の3日前になったら、朝、昼、夜の食事を
できるだけ軽めにしていく

3)ファスティング(ぷち断食)当日になったら朝から固形物を
摂らず、日中は水を多めに飲み精製塩(卓上塩)ではなく、
質の良い塩を時々なめる。夜は具の無いお味噌汁を
摂っても良い

4)初日から最終日まで、上記3をおこなう

5)ファスティングが終わった翌日からの3日間はいきなり
固形物を摂らず、おかゆや具の入ったスープなどを摂る

6)回復期間の3日間が過ぎたら、普通に食事を摂る



となっています。


これを3~4か月に一回おこなっていくだけで、
いろいろな症状が改善されていきます。
(※改善には個人差があります)


食べない勇気を持つだけで、いろいろな症状が改善
されたり身体が軽くなるのであれば、お金もかかりませんし、
とても良い方法ですよね。


もちろんこの方法を強制するつもりはありません。


ファスティング(ぷち断食)でなくても、
他の方法でパニック障害の改善は問題なく可能です。


ですがもし、「ちょっとやってみようかな・・・」
と思うのであれば、私はとてもおススメしますので。


ひとつの改善法として、ぜひ覚えておいてくださいね。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック発作を解消させる確実なトレーニングとは?
◆パニック障害はあなたの弱さにつけ込んできます
◆筋肉量が増えるとパニック障害は改善する!?
2017.03.22 21:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害のことで周囲の人がいまの状態を
理解してくれない、わかってくれない、と感じては
いませんか?


とくに近しい人、親や兄弟、パートナー、会社の人
などがわかってくれず、ツラい思いをしている
ことがないでしょうか。


パニック障害はなかなか理解されないことが多く、
仮病だとか怠けているだけだ、なんてことを
言われてしまうことがあります。


いまの状態をわかってくれない苦しさやツラさは、
本当にこころが傷つきますよね。


近しい人が理解してくれない苦しさから自分の殻に
閉じこもってしまい、改善がすすんでいかないと
いうこともあるかもしれません。


このような状況に陥ってしまったとき、
ではいったいどうすればいいのでしょうか?


まず、ひとつ大切なポインとなのですが、


“パニック障害、パニック発作はなった人にしかわからない”


という前提をふまえておく必要があるんですね。


基本、人間というのは他者をこころから理解する
ことはできません。


自分のことさえもある程度しかわかりません。


あまりにも苦しいことやきついこと、ツラいことがあると、
こころを閉ざしてみないようにしてしまうため、
自分のことがわからなくなってしまうんですね。


自分のことさえそうなのですから、
他者のことを理解することは、まずできないものです。


周囲の人から理解されない苦しさ、ツラさから
抜け出していく解決策は、


“たとえ周囲から理解されずわかってもらえなくても、
        私はそれでもパニック障害を改善する力がある”



自分自身を徹底的に信じぬくことです。


パニック障害というのは最終的に、他人は関係なく、
自分を信じ抜き自分で治していくという勇気が必要になります。


私三木のような専門家は、パニック障害を改善させて
いくための伴走者でしかありません。


専門家が治すわけではなく、自分のなかにある葛藤を
崩していく、パニック障害になってしまった原因や要因を
突き詰め、それを解消していく。


それができるのは周囲の人ではなく、
あなた自身なんですね。


そしてそれは、周囲の人にたとえ理解されなくても、
自分を信じ抜く勇気を持つことで自分のなかに備わっていきます。


たとえ周りの人に理解されない、わかってくれなくても、
それでも改善をすすめていける自分自身を信じる。


それらを積み重ねていくことで、あなたが思い描く
自由を手にすることがきっとできるでしょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆【動画】睡眠の質を上げることでパニック障発作は解消する?
◆過呼吸発作の確実な対処法
◆パニック障害完治を促進させる言葉の使いかたがあります
2017.03.19 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の完治や改善は誰でもが
成し遂げることができますが、それには
ちょっとした条件があります。


その条件はそれほど難しいことではないのですが、
少々「覚悟」をする必要があることなんですね。


ここでいう「覚悟」というのは、
それをやり続けていく覚悟になります。


とはいっても、めちゃくちゃ緊張を強いられたり、
がんばらないとできないようなことではありません
ので、安心をしてくださいね。


さて、では完治や改善をしていくため、
ちょっとした条件とはなんでしょうか?


それは、


“常に粘り強く完治や改善の道を歩んでいく”


というものなんですね。


「粘り強く」というのは、例えば10回転んでも
11回起きる、というような打ち砕かれない精神的な
強さのことです。


これまでパニック障害を完治させた、うまく改善させた
人たちは、この粘り強さが違いました。


不安に負けそうになっても、それでも前を向いて
すすんでいく。


突然発作に襲われて、意気消沈してしまっても、
それはそれと割り切り新たな気持ちで取り組んでいく。


そして、一回転んでもただでは起きず、
さらに深く完治や改善に向けて取り組んで
いったんですね。


人間ですので、正直こころがへこむことがあります。


気分が下がってしまい、どうしても
行動できなくなってしまうときもあります。


それでも、そういった気持ちは一瞬だけ感じ、
次の日に持ち越さず自分を信じ、また新たに
前にすすんでいったんですね。


逆に言うと、この「粘り強さ」をしっかりと自分に
セットし、逆境がきても前にすすんでいく心持ち
があれば大丈夫です。


「私にはパニック障害を完治させる力がある」


と自分をこころから信じ、勇気をもって
前にすすんでいく。


そして、たとえ10回転んでも11回起き上がる。
100回転んでも101回起き上がる気力を持つ。


それを繰り返していくことで、いつしか
パニック障害はあなたから逃げていくでしょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆あなたがパニック障害に陥ったのには理由があります
◆予期不安はある方法で解消させることができます
◆パニック障害を改善させようとガンバっているあなたへ
2017.03.13 21:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |