パニック時の対処法

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


いざパニック発作が起きたとき、
あなたはそれを止めることができますか?


多くの人はそのまま発作に飲み込まれてしまい、
苦しくツラい思いを経験するかと思います。


中には発作の対処法を学習し、うまく
対処できる人もいるでしょう。


パニック発作自体は10分~30分ほどで止まる
ことがほとんどですが、それまでの間、発作の
脅威に怯えているのはツラいことですよね。


今回はパニック発作を止めるため、
とても重要なことについてお話をしていきます。


パニック発作の対処法を実践してもうまく
止まらない、解消できないときは、今回
お話する内容が役立つかもしれません。



発作を止めるためにはなにが必要なのか?



パニック発作の対処法、例えば姿勢を正し
深い呼吸をくり返す。


または簡単な計算などをして意識を発作
から外すなど、いろんな方法があります。


パニック発作の対処法は正しく使えば
発作を抑える武器になり役立つのですが、
人によってはうまく使えないときもあります。


うまく使いこなせる人と、なかなかうまく
使いこなせない人。


この違いっていったいなんだと思いますか?


実はその違いとは、


“自ら発作に飛び込む覚悟の差”


なんですね。


パニック発作の対処というのは、いわば
能動的な行為です。


待ちではなく進んでいく、静ではなく動の
状態のことなんですね。


違う言いかたをしますと、怖くても不安でも、
その発作に真正面から突っ込んでいける
「覚悟の差」と言えるでしょう。



発作を止める「覚悟」の持ちかたとは?



「覚悟」というとなんだかとてつもなく
強い意志が必要な感じがしますよね。


実は、発作を止めるための「覚悟」は、
ものすごい決意が必要なわけではありません。


ちょっとだけ勇気をだしてその先に行って
みよう、その先を見てみよう、というちょっと
の気持ちだけです。


パニック発作の対処がうまくいく人、
それが功を奏してパニック障害自体を
完治、改善させた人たちは、そのちょっとの
気持ちを常に持っています。


発作を真正面から受け止め対処するには、
堂々とした姿勢と強気な気持ち、そして必ず
発作を止めるという覚悟。


それらが一体となったとき、発作はあなたに
恐れおののき、解消されていくでしょう。


逆に、


「本当にうまくいくのかな?」

「これで発作が解消されるのかなぁ・・・?」


と半信半疑で取り組むと、あなたの潜在意識は
「出来ない」ほうを選択し、結果発作が続くという
流れが起こってしまいます。


発作に負けない気持ち、発作を止めるという
覚悟をしっかりと持つこと。


それが出来てくると、発作はあなたに恐れ、
襲い掛かってくることは無くなるでしょう。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック発作を解消させる確実なトレーニングとは?
◆「完治させたい」という気持ちだけで終わっていませんか?
◆「思考は現実化する」は本当です
2017.09.28 21:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「過呼吸発作」という、呼吸困難な状態に
陥ってしまうことがあります。


これはパニック障害だからとか、なにかの
神経症だからとかは関係なく、過呼吸発作は
誰でもが陥る可能性があるもの
なんですね。


過呼吸発作とは、いわば空気の吸い過ぎに
よって起こる混乱状態のことです。


そのほとんどはなにかしらの焦り、緊張状態
からくるものであり、自分の呼吸がコントロール
不可になってしまったような状態になります。


人間は焦れば焦るほど、いつもは当たり前に
できることもできなくなってしまうことがあります。


その一つが「呼吸」であり、焦りが高まれば
高まるほど「呼吸の仕方」を忘れてしまうんですね。


呼吸そのものがうまくできないわけですから、
死んでしまうのではないか?というような
怖さも膨らんでしまいますよね。


今回はパニック障害とも深い関係性のある、
過呼吸発作の適切な解消についてお話を
していきましょう。



過呼吸発作が起こってしまう仕組み



過呼吸発作は突然、わけもわからず呼吸が
乱れ、気持ちは焦り、どんどんと深みに
はまってしまうという特徴があります。


呼吸が突然乱れコントロールできなく
なってしまうのだから、それは怖いですよね。


なぜ過呼吸発作が起こるのか?という
仕組みをしっておくことはとても大切です。


過呼吸発作が頻発してしまう、定期的に
過呼吸に陥るのであれば、まずはこの
仕組みを知っておくことはとても有効でも
あります。


過呼吸発作がなぜ起こるのか?というのは、
実は、


“身体の緊張+焦りという感情”


によってそのほとんどが発生するんですね。


それも、そのほとんどは身体の緊張状態に
気がつかず、焦燥感にも気がつかない
ケースばかりです。


緊張によるストレスの高まりが自分のなかで
気がつかない場合、自分では気がつかなく
ても身体はそれに反応します。



身体の緊張というのは身体のあらゆる
ところに力が入り、気持ちも動揺している
状態ですので、自然と呼吸自体も
圧迫されてしまいます。


そうなると自然な呼吸をすることもおそろかに
なり、浅い呼吸だけをすることになり、結果
身体は「呼吸ができていない!」という
勘違いをはじめてしまう
んですね。


人間は呼吸ができていないと感じると、
基本的に息を吸おうとします。


ですが、すでに息自体は吸っているので、
肺のなかに入る余裕がありません。


でも吸おう吸おうと無理をするのですが
入らず、余計に焦り深みにはまる、という
構図になってしまいます。


そのような状態が過呼吸発作の仕組み
と言えるものなんですね。



適切な過呼吸発作の対処方法



上記では過呼吸発作に陥るまでの仕組みを
お話しましたが、ここからは実際の過呼吸
発作の対処についてお話をしていきましょう。


過呼吸発作の対処は、実はそれほど
難しくありません。


ポイントをしっかりと把握して理解し、
それを実践することで解消できてしまいます。


さっそくですが、対処の方法は、


1)まずは息をすべて吐き出すことに集中する

2)吐き出したら6秒くらいかけて息を吸う

3)吸い終わったら8秒かけて息を吐き出す

4)落ち着くまで1~3をくり返す



となっています。


いわゆる呼吸法の流れを取り組むだけです。


しかし、多くの人はいざ過呼吸に陥ったとき、
焦りで頭が真っ白になってしまいなにも
考えられなくなってしまいます。


過呼吸発作の対処の大きなポイントは、


・苦しくなったら息をすべて吐き出すことに専念する

・日ごろから自分を焦らせない練習をしておく



となっています。


「焦り」という感情をいかに抑えるか?普段から
いかに焦りを抑制するか?


難しく感じるかもしれませんが、人間は
習慣の生きものですので、自分を落ち着かせる、
焦らないことに慣れていく、習慣にしていくことが
とても大切です。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック障害はあなたの弱さにつけ込んできます
◆内臓が冷えるとパニック障害は治りづらい?
◆パニック障害が逃げ出すカウンセリングの効果とは?
2017.09.07 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害と共に「過呼吸発作」
併発している人は多いものです。


「過呼吸発作」とは突発的に呼吸がうまく
できなくなってしまい、場合によっては
死の恐怖を感じるほどの呼吸障害のことです。


人間はもちろんですが、動物は「呼吸」によって
生命を維持していますので、これがうまくできず
死への恐怖を感じてしまうのは、無理のない
ことかもしれませんね。


さて、多くの人が陥り苦しい思いをしている
「過呼吸発作」ですが、これをうまく解消
させるために、


“2つのポイント”


を知っておく必要があります。


今回お話する内容は、過呼吸発作を正しく
落ち着かせるために必要なポイントですので。


ぜひ、今回の内容を意識していただきまして、
過呼吸の対処に役立てていただければ、
と思います。


ではさっそく、2つのポイントについて
お話をしていきますね。


いかに焦らないか?



まず1つ目ですが、


「いかに焦らないか?」


というのがポイントになります。


いきなり呼吸がうまくできず、息を正しく
吸えなくなると、まず十中八九混乱し、
「焦り」という感情が生じます。


「焦り」という感情は自分の本来の力をダウン
させ、正常な働きを抑えてしまいます。


過呼吸発作が起きてもいかに焦らないか?
コントロールできるようになると、過呼吸に
対する怖さも減ってきますので。


では、どのように「焦り」という感情を
湧きあがらせず、コントロールすれば
いいのでしょうか?


それにはひとつのコツがあります。
それは、


「普段から意識をそらす練習をしておく」


ということなんですね。


意識をそらすとは、例えばですが、


・自分はもちろん、親や兄弟、家族、友人、知人などの
名前と生年月日を思い出しながら口にだしてつぶやく

・足し算、引き算など簡単な暗算をとく

・ミンティアやフリスクといった刺激のある
ものを口に含む

・誰でもいいのでいろいろな会話をする

・周囲にあるものを見ながら、なんという名称か?
思い出しながら口でつぶやく


といった、自分の意識をまったく他のところへ
向けてしまう方法です。


「焦り」に集中してしまうとますます混乱
してしまい、自分のことがコントロール
できず、過呼吸に飲み込まれてしまいます。


そうならないため、まずは意識をしっかりと
他に向けることを身につけることが大切

なんですね。


過呼吸発作が起きそうな感覚というのは
経験するとある程度わかってきますよね。


少々嫌な感じがするかもしれませんが、
その感覚をすこし思い出し、頭のなかで
シュミレーションしてみる。


「焦り」という感情を湧きあがらせず、
うまく対処できると、2つ目のポイントに
入りやすくなりますので。


息をまずすべて吐き出すことに専念する



「過呼吸」というのは、違う言いかたをすると、
息を吸おう吸おうとしてしまう状態のことです。


人間は息がうまくできないと、咄嗟に息を
吸う習性があります。


これは酸素が体内に入っていかないと身体機能
が停止してしまうため、ある意味本能的な行為です。


ですが、「過呼吸発作」のときはあえて
息をすべて吐き出すことに専念することが
重要
なんですね。


肺のなかにあまり空気が入っていなくても
かまいません。


まずは出来うる限り、息をすべて吐き出します。


すべての息を吐き出し終わったら、あとはほぼ
勝手に空気が入ってきますので、存分に
空気を吸いましょう。


そしてまた、目いっぱい息を吐き出します。


何回かこれをうまくくり返すと、過呼吸は
起こらずだんだんと落ち着いてきますので。


そうなったとき、はじめて身体の緊張が解け、
楽になっていきます。


いかに「焦り」という感情に集中させず、
まったく違うことに意識を向けてしまうか?


意識をほかに向け焦りが落ち着くと、
思考を働かせることができるようになります。


そうして、息をまずはすべて吐き出してから
息を吸うことをうまくくり返していくと、
過呼吸発作に飲み込まれませんので。


いま現在、過呼吸発作で苦しんでる方。


ぜひ本日お話をした内容を意識して、
普段から取り入れてみてくださいね。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック発作を起こさないとても簡単な方法とは?
◆親への怒りをそのままにしていませんか?
◆あなたはパニック障害完治に疑問をもっていませんか?
2017.05.29 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作の対処法にもいろいろなものがあります。


このブログでもいくつかお知らせしていますが、
その中でも即効性があり、とても使える発作の
対処法がある
んですね。


発作のときや起きそうな気配のときは
余裕がないので、難しい対処法ではありません。


発作の対処だけはなく、ちょっと気分を変えたかったり、
頭をスッキリさせたいときなどにもおススメの方法
なんですね。


この対処法は、あるものを用意し、それを使うことで、
いとも簡単に発作の対処ができてしまう優れもの
でもあります。


さて、ではいったい、あるものを使って簡単に
発作が解消できる対処法とはなにか?


それは、


“フリスク(ミンティア)+炭酸水を口に含む”


対処法なんですね。


フリスク(ミンティア)を食べたことがある方は
多いと思います。


コンビニやスーパーで売っている錠剤形の
お菓子のことですね。


様々なフレーバーがあり、スーっとするものから、
スッとし過ぎてとても辛いものまで様々です。


パニック発作の対処で用いるのは、そのなかでも
黒いパッケージのとても辛いものです。


フリスクブラックミント



ミンティアドライハード



フリスクは「ブラックミント」という種類。
ミンティアであれば「ドライハード」という
種類を使います。


このどちらかを食べたことがある方はわかると
思いますが、スッキリを通り越してかなり辛いです。


このタブレットを口に含むだけでもかなりの
対処法になるのですが、さらにここに、
炭酸水を加えてしまうんですね。


タブレットと炭酸水を混ぜてしまうことで、
かなりの刺激となり意識はそちらに飛びますので、
発作や予期不安から抜け出すことができます。


実際の口に含むまでですが、


1)発作が起こってしまったとき、もしくは起こりそうな
気配がしているとき

2)おもむろに口にまずタブレットを1~2錠入れ、
その直後すぐに炭酸水を口に含む

3)タブレットの刺激と炭酸水の刺激が合わさり、
口のなかがかなりの刺激となり発作から意識が
外れる

4)落ち着いてきたらできるだけ深い呼吸をする



となっています。


このふたつを合わせると、本当に強い刺激があります。


ひとつだけ注意点なのですが、本当に強い刺激ですので、
口に含んでツラかったり痛すぎる場合には、しばらくしたら
飲み込まずにすぐに吐き出したほうが良いでしょう。


一瞬だけガツン!とくる痛みに似た刺激を受けた
あとは、苦しかったら無理して飲み込む必要は
ありませんので。


本来はタブレットだけでもそうとう辛いので、
身体の様子と相談しながら服用することを
おススメします。


この対処法を使う、使わないは別として、
知っておくだけでも気持ちに余裕が生まれるでしょう。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆人生を生きやすく素晴らしいものにする方法
◆パニック障害完治への最終段階とは?
◆ふりをし続けると本物に変わる
2017.02.17 21:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作の対処は、


“いかに意識を発作から逸らすか?”


にかかっているといっても過言ではありません。


パニック発作というのは意識をそこに集中させて
しまえばしまうほど、抜け出せなくなっていきます。


ですが、うまく意識を他に逸らしていくことで、
比較的短時間で発作から逃れることができるんですね。


今回は、数あるパニック発作の対処法のなかでも、
人を使った方法をご紹介します。


人を使った、というのはそのとおり、
自分以外の他者を使って意識を逸らす方法です。


自分ひとりでの対処でももちろん良いのですが、
ひとりでの対処だと体調の良し悪しに左右されて
しまうことがあり、うまくいかない可能性もあります。


ですが、自分以外の他者を使うことで、相手の意識も
必然的に加わるので強制的に意識を逸らすことが
可能なんですね。


ではいったい、ほぼ強制的に意識を逸らすことになる、
他者を使ったパニック発作対処法とはなにか?


それは、


“発作で苦しくなったりツラくなったきたら、
           誰かに話しかけおしゃべりをする”



というものなんですね。


この「話しかけておしゃべりをする」
というところがポイントです。


おしゃべりというのは実は、非常に頭を働かせる行為です。


相手とのリアルタイムな会話はそこだけに意識を
集中する必要があるので、発作に意識を向ける
ことができなくなるんですね。



発作の対処はいかに意識を逸らすか?ですので、
これは大きな武器となります。


また、話しかける相手は知り合いでなくても構いません。


どちらかというと、まったく知らない人に道を聞いてみる、
場所を訪ねるなどして、会話をできるだけ膨らませて
いくことで、気づいたら発作の波は消えています。


知らない人に話しかけるのは勇気がいるかもしれませんが、
そのちょっとの勇気を持つことで、ほぼ確実に発作から
逃れることができます。


知らない人に話しかける練習をしておくと、
いざというときに案外できるようになるものです。


発作の対処のひとつの方法として、
ぜひ頭の片隅においてみてくださいね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆乗り物恐怖を改善するシンプルなコツとは?
◆内臓が冷えるとパニック障害は治りづらい?
◆予期不安を解消する奇想天外な?方法があります
2017.01.24 21:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |