パニック時の対処法

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作の対処法にもいろいろなものがあります。


このブログでもいくつかお知らせしていますが、
その中でも即効性があり、とても使える発作の
対処法がある
んですね。


発作のときや起きそうな気配のときは
余裕がないので、難しい対処法ではありません。


発作の対処だけはなく、ちょっと気分を変えたかったり、
頭をスッキリさせたいときなどにもおススメの方法
なんですね。


この対処法は、あるものを用意し、それを使うことで、
いとも簡単に発作の対処ができてしまう優れもの
でもあります。


さて、ではいったい、あるものを使って簡単に
発作が解消できる対処法とはなにか?


それは、


“フリスク(ミンティア)+炭酸水を口に含む”


対処法なんですね。


フリスク(ミンティア)を食べたことがある方は
多いと思います。


コンビニやスーパーで売っている錠剤形の
お菓子のことですね。


様々なフレーバーがあり、スーっとするものから、
スッとし過ぎてとても辛いものまで様々です。


パニック発作の対処で用いるのは、そのなかでも
黒いパッケージのとても辛いものです。


フリスクブラックミント



ミンティアドライハード



フリスクは「ブラックミント」という種類。
ミンティアであれば「ドライハード」という
種類を使います。


このどちらかを食べたことがある方はわかると
思いますが、スッキリを通り越してかなり辛いです。


このタブレットを口に含むだけでもかなりの
対処法になるのですが、さらにここに、
炭酸水を加えてしまうんですね。


タブレットと炭酸水を混ぜてしまうことで、
かなりの刺激となり意識はそちらに飛びますので、
発作や予期不安から抜け出すことができます。


実際の口に含むまでですが、


1)発作が起こってしまったとき、もしくは起こりそうな
気配がしているとき

2)おもむろに口にまずタブレットを1~2錠入れ、
その直後すぐに炭酸水を口に含む

3)タブレットの刺激と炭酸水の刺激が合わさり、
口のなかがかなりの刺激となり発作から意識が
外れる

4)落ち着いてきたらできるだけ深い呼吸をする



となっています。


このふたつを合わせると、本当に強い刺激があります。


ひとつだけ注意点なのですが、本当に強い刺激ですので、
口に含んでツラかったり痛すぎる場合には、しばらくしたら
飲み込まずにすぐに吐き出したほうが良いでしょう。


一瞬だけガツン!とくる痛みに似た刺激を受けた
あとは、苦しかったら無理して飲み込む必要は
ありませんので。


本来はタブレットだけでもそうとう辛いので、
身体の様子と相談しながら服用することを
おススメします。


この対処法を使う、使わないは別として、
知っておくだけでも気持ちに余裕が生まれるでしょう。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆人生を生きやすく素晴らしいものにする方法
◆パニック障害完治への最終段階とは?
◆ふりをし続けると本物に変わる
2017.02.17 21:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作の対処は、


“いかに意識を発作から逸らすか?”


にかかっているといっても過言ではありません。


パニック発作というのは意識をそこに集中させて
しまえばしまうほど、抜け出せなくなっていきます。


ですが、うまく意識を他に逸らしていくことで、
比較的短時間で発作から逃れることができるんですね。


今回は、数あるパニック発作の対処法のなかでも、
人を使った方法をご紹介します。


人を使った、というのはそのとおり、
自分以外の他者を使って意識を逸らす方法です。


自分ひとりでの対処でももちろん良いのですが、
ひとりでの対処だと体調の良し悪しに左右されて
しまうことがあり、うまくいかない可能性もあります。


ですが、自分以外の他者を使うことで、相手の意識も
必然的に加わるので強制的に意識を逸らすことが
可能なんですね。


ではいったい、ほぼ強制的に意識を逸らすことになる、
他者を使ったパニック発作対処法とはなにか?


それは、


“発作で苦しくなったりツラくなったきたら、
           誰かに話しかけおしゃべりをする”



というものなんですね。


この「話しかけておしゃべりをする」
というところがポイントです。


おしゃべりというのは実は、非常に頭を働かせる行為です。


相手とのリアルタイムな会話はそこだけに意識を
集中する必要があるので、発作に意識を向ける
ことができなくなるんですね。



発作の対処はいかに意識を逸らすか?ですので、
これは大きな武器となります。


また、話しかける相手は知り合いでなくても構いません。


どちらかというと、まったく知らない人に道を聞いてみる、
場所を訪ねるなどして、会話をできるだけ膨らませて
いくことで、気づいたら発作の波は消えています。


知らない人に話しかけるのは勇気がいるかもしれませんが、
そのちょっとの勇気を持つことで、ほぼ確実に発作から
逃れることができます。


知らない人に話しかける練習をしておくと、
いざというときに案外できるようになるものです。


発作の対処のひとつの方法として、
ぜひ頭の片隅においてみてくださいね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆乗り物恐怖を改善するシンプルなコツとは?
◆内臓が冷えるとパニック障害は治りづらい?
◆予期不安を解消する奇想天外な?方法があります
2017.01.24 21:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたはパニック発作が起きたとき、もしくは
予期不安が強くて不安定なとき、それに対処
する方法を心得ていますか?


もしくは的確に対処することができているでしょうか?


パニック発作の対処法はいろいろな方法、やり方があり、
自分にあった対処法というのもあるでしょう。


的確に対処できていれば別なのですが、
焦ってしまったり混乱をしてしまうことで、
そのまま発作に飲み込まれてしまうことも少なくないでしょう。



今回は、発作にたいし的確に対処するとき、
重要になる3つの注意点についてお話しをしますね。


発作が起きやすくなっているときは、この注意点を常に意識し、
発作への対処へと役立てていくのが良いでしょう。


ではさっそく、3つの注意点ですが、


1)焦らずに構える

2)深い呼吸をし混乱しないようにする

3)「必ず対処できる」という自信をもつ



となっています。


ひとつずつ説明をしていきますね。


1)焦らずに構える


予期不安が強くなってきたり、発作がいざ起こると、
多くは「焦り」という感情に支配されます。


焦ってしまうと、いままでできていたことや、まず間違いなく
こなせていたことさえもできなくなり、コントロール不能の
状態に陥ってしまいます。


そうならないためにも、そういうときこそ背筋を伸ばし、
「なにも焦る必要は無い。すべては問題なく解消できる」
という気持ちをもつことが大切です。


また、実はこういうときこそゆったりと構える、
自分を追い込むのを止めて自然に構える、
ということもポイントのひとつです。


2)深い呼吸をし混乱しないようにする


先ほどの焦りが大きくなってしまうと、そのまま、
「混乱状態」に入ることは多々あります。


混乱してしまったとき、
実はそれこそパニック発作の思うつぼなんですね。


パニック障害、パニック発作はありとあらゆる手段をつかい、
あなたから気力を奪い取り、「お前はパニック障害に勝てない」
という気持ちを埋め込んでこようとします。


パニック障害、パニック発作の術中にはまることなく、
そこに陥らないためにはまず、深い呼吸をくり返すことです。


呼吸が浅かったり無呼吸状態になると、脳に酸素が届かないので、
考えたり頭を適切に回転させることができません。


そうなるとスピーディーな対処ができなくなり、
パニック発作からのサンドバック状態になってしまいます。


混乱をさけるためにも、日ごろから咄嗟に深い呼吸が
できるよう、意識しておくと良いでしょう。


「必ず対処できる」という自信をもつ


パニック発作は誰でもが必ず対処でき、解消できるものです。


パニック発作に思うがまま飲み込まれてしまうのは、
上記でお話した「焦り」と「混乱」がネックになって
いるからなんですね。


「焦り」と「混乱」をコントロールすることは必ずできます。


そして、その2つをコントロールしていくための大きな
ポイントは、


“私は確実に対処できる”


という揺るぎない自信をもつことなんですね。


「パニック発作に対処できなかったら・・・」

「焦ったり混乱してしまうことから抜け出せない・・」


と思ったり感じたりするかもしれませんが、
それらはすべて思い込みです。


自分自身に暗示をかけているとも言えるんですね。


そういった暗示を自分にかけないよう、根拠が無くても
良いので、普段から、


「私は発作を確実に解消できる力がある!」


という気持ちをもつため、うまくアファメーションなどを
活用していくと良いでしょう。


いかがでしたか?


なかなかパニック発作の対処法がうまくいかなかったり、
すぐに飲み込まれてしまう場合、上記に原因がある
ことがほとんどです。


パニック発作を逆にコントロールし、最終的には、
パニック障害に打ち勝つため、今回お話をした
3つの注意点を意識しておくのが良いでしょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆予期不安を軽減させる3つのポイント
◆パニック障害完治の近道は人の話を聞かないこと!?
◆集中してしまうと発作は起きてしまいます
2016.09.25 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


実践すると、パニック発作があなたから思わず
逃げ出してしまう秘策があるとしたら・・・


その秘策とはなにか、知りたいですか?


これはなにも、大げさな言い回しではありません。


実際のその秘策は存在します。


そして、その秘策を自分のものにし、
思うがまま扱うことで、将来的には
パニック障害の完治を成し得るもの
なんですね。


やること自体はカンタンであり、
ものすごく労力を必要とするものではありませn。


また、なにかしら無理をしなければいけなかったり、
強く合を入れてのぞまなければならない、
という類のものでもありません。


誰でもができることであり、パニック障害を完治した多くの
人達は、この秘策をほぼ使いこなせるようになっています。


さて、ではいったい、誰でもができるパニック発作が
逃げ出してしまう秘策とはなにか?


それは、


“「あるがまま」の状態を受け入れる”


というものなんですね。


少々わかりにくいかと思いますので、ご説明しましょう。


まず、「あるがまま」というのは、


「身に起こるすべての状態のまま、そこにいる」


ということを指します。


なにかをおこなう、なにかを動かすなどでその状態から
脱しようとするのではなく、


そのままの状態で時の過ぎゆくままに任せる


というような意味なんですね。


違う言いかたで「開き直り」という言葉がありますが、
それに良く似ています。


パニック発作が起きそうな気配がしたときや、実際に
パニック発作が起きてしまったときに、


「私は一切抵抗しない。好きなようにすれば良い」


という気持ちを持ちながら脱力する、抵抗せずすすんで諦める
ことで、逆にパニック発作が起こらないという経験ができます。


とても不思議なことですが、パニック発作というのは、抵抗しよう、
対抗してやろう、と意気込んでいる人に対して猛威をふるって
きます。


逆に、起こるに任せる、抵抗せずに上手に諦める人には、
パニック発作は興味を無くし、スッと消えていく、
というものなんですね。


この方法はたぶん、パニック発作の対処法として
考えた場合、最強のものでしょう。



この方法を試してみた多くの人は、
パニック発作が遠のいていく感覚を経験されています。


「本当にスーっと消えていった」


というようなことを口々におっしゃっています。


最初は「こんな方法、とんでもない!」と考えたり、
感じてしまうかもしれませんね。


なんといっても、「発作に抵抗せずに諦める」と
言っているのですから。


ですがもし、あなたが劇的にパニック障害を改善したい、
パニック発作をすぐに解消する術を手に入れたい、
ということであれば、試してみる価値は十分あるでしょう。


もっと具体的におこなう方法や実践の手順などを
お知りになりたければ、どうぞメール相談や、
三木のカウンセリングを受け、お聞きください。


余すところなく、発作が逃げ出す秘策について、
アドバイスしますので。


カウンセリングのご依頼はこちらから↓↓↓↓

http://goo.gl/xF5ir6




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害を劇的に改善させるのに必要な事とは?
◆パニック障害完治を実現させる確実な方法とは?
◆焦ってしまうと失敗してしまいます
2016.08.31 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作の対処法にはいろいろな種類があります。


たとえば、深い呼吸を意識して整えたり、
意識そのものをまったく違うところにそらしたり、
身体を動かしたりと様々です。


そんななかでも、確実にすぐパニック発作を解消できる
方法がある
としたら、興味がありますか?


これは、自分でなんとかパニック発作をやり過ごすという
よりも、ある行動をすることによって解消につながる、
という方法なんですね。


この方法は本当に強力なもので、
早ければものの数秒で発作から解消されます。


あなたの今後のパニック発作の解消法として、
新たに付け加えていただければと思いますので。


では、数秒で発作が解消できるとは、
どのような方法なのか?


それは、


“自分から人に話しかけ会話をすすめる”


という方法なんですね。


パニック発作というのはいかに意識を違うことに向けるか?
発作や不安状態に目を向けないか?というのがカギになります。


そして、他者と会話をするということは、
かなり頭を使う行動となるので、必然的に
パニック発作から意識をそらすことができるんですね。



ただ何気ない会話を続けているだけでも効果がありますが、
さらに深い効果を得られる方法があります。


それは、


「自分からたくさん相手に質問をして会話の幅を広げる」


という方法なんですね。


相手に質問をするというのは、とても頭を回転させる行為です。


相手の話を聞き内容を汲みとらないとできない行為ですので、
必然的に頭をとても回転させることになるんですね。


どのようなことでもいいので、相手に質問を投げかける
ことができれば、会話は止まることがありませんので。


そして、会話に集中していると、自分の中から発作の感覚が
消えていることに気が付くでしょう。


そうしたらタイミングを見て、会話を終わらせれば
いいんですね。


また、会話をする相手はあまり馴染みのない方で
あればあるほど良いでしょう。


もちろんご家族やお友達、知り合いや会社の同僚でも
良いのですが、できればまったく知らない赤の他人に
話しかけ、会話をつなげるのがベストです。


赤の他人に話しかけるのは当然勇気が必要であり、
緊張もするものです。


ですが、パニック発作から意識をそらすために、
ものすごい勢いで頭も回転を始めますので。


パニック発作でしんどいとき、もしくは予期不安で
つらいと感じるとき、誰かに話しかけて会話をする
ことで、パニック発作の解消を有効にすすめることが
できますよ。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆「予期不安」を解消したくありませんか?
◆パニック障害を撃退する自信をつける方法とは?
◆あなたがパニック障害完治を望むのであれば・・・
2016.08.24 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(2) |