パニック障害の薬の知識

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


前回は向精神薬におけるメリット・デメリット
のうち、メリットについてお話をしました。


※参考
薬物療法の3つのメリット・デメリットを知っていますか?


メリットは大きくわけて3つほどあり、それに
ついてある程度細かくお話しましたね。


パニック障害の完治、改善を目指す際、
どこかで必ず断薬しなければなりません。


ですので、本当は向精神薬を服用
するのではなく、対処法や自己改善法
などで対応するのが適切です。


ですが、どうしようもなく苦しいときで
あったりツラいときは、できるだけ少量で
期間を適切に設けての服用は必要かな、
とも思っていますので。


今回は少々耳が痛いかもしれませんが、
向精神薬についての3つのデメリットをお話
しましょう。


3つのデメリットですが、


1)依存性が高く抜け出しずらい

2)脳機能に不具合が起こる

3)副作用でパニック発作が起こる



となっています。


では、デメリットについてもひとつずつ
ご説明をしていきましょう。



1)依存性が高く抜け出しずらい



向精神薬に限ったことではありませんが、
薬物というのは依存性が高いものです。


不安や怖さといった感情を抑えるため、
抑制するために服用しているはずなのに、
今度は飲まないと不安になってしまう、
ということが起こりえてしまいます。


そうなると、どんどんと向精神薬から
抜け出すことができず、深みにはまって
いってしまうんですね。


先ほども少しお話しましたが、少しの
量で適切な期間であれば問題ありませんが、
長期にわたる服用は依存のリスクがありますので。



2)脳機能に不具合が起こる



向精神薬というのは脳の働きをほぼ
強制的に低下させるものです。


人間が感じる「感情」というものは、
脳のメカニズムによって生み出されます。


ですので感情を抑制させる、落ち着かせるには、
脳の働きを低下させることが早いんですね。


詳しく言いますと、セロトニンやノルアドレナリンと
いった脳内神経伝達物質をコントロールして、
必要以上に感情を感じなくさせる方法です。


ですが、この方法は非常に脳機能に負担を
強いることになります。



例えると、フルスロットルで走っている車に対し、
サイドブレーキをいきなり引く感じです。


最初のうちはなんとかその衝撃に耐えられる
かもしれません。


しかしそれが何度も続くとなると、さすがに
脳機能に不具合が起こる可能性があります。


そのあたりを考慮しながら服用していかないと、
感情を強制的にシャットダウンする方法は、
リスクがそうとう高いと言わざるを得ません。



3)副作用でパニック発作が起こる



日本で処方される薬の説明には書いていませんが、
実は薬の副作用としてパニック発作的な症状が
起こることがあります。



発作を抑えるため、不安や怖さを軽減させる
ために服用しているはずなのに気がついたら
発作が頻発している、ということもあり得ます。


そうなると、本当になんのために服用しているのか?
わからなくなりますよね。


日本ではかなり薬の処方に対し甘いところ
があり、海外では禁止にしている向精神薬も
あるくらいです。


それはやはり、薬の怖さや抜け出すときの
大変さ、いろいろな障害が起こることがあるので、
それを考慮しての決断なんですね。


向精神薬を服用していても、なぜか?
パニック発作が起きてしまうとき。


そこには薬の副作用による発作が
表れているのかもしれません。


前回は薬についての考えられるメリットを
お話しました。


今回はデメリットについて考えられる
ことをお話しました。


薬の服用については個人差がありますので、
すべて私が考える状況に当てはまらない
こともあるでしょう。


ですが、多くの人がいわゆる薬害という
ものに苦しんでいる事実もあります。


メリットを考えながら、デメリットもしっかりと
把握し、そして自分の考えで服用するか?
服用せず自己改善法で進むか?


それをしっかりと決めたほうが良いでしょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆「嫌われる勇気」を持つとパニック障害は改善する
◆自分に素直になることがパニック障害完治には必要です
◆考えはいつしか現実になってしまう
2017.09.02 10:00 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


精神科や心療内科は基本、向精神薬を投与して、
パニック障害の改善を図ろうとする機関です。


向精神薬にはいろいろな種類があり、
パニック障害の第一認薬としては、


“パキシル”


が有名ですよね。


パキシルは抗うつ薬ですので、もしパニック障害
の他にうつが併発しているのであれば、その
治療にも使えるとされています。


いろいろな種類がある向精神薬ですが、医師が処方して
薬物で治療にあたることを、


「薬物療法」


と言い、これは精神科などの基本治療となっています。


私三木は、向精神薬は使わないほうが良いと思っています。


メリットよりもデメリットのほうが強く、できる限り
薬ではなく対処法で乗り越えたほうが良いと思って
いるんですね。


また、パニック障害の完治、改善というのは、
薬の服用をしていない状態のことを指しますので、
であれば最初から服用しないほうが良い、という
考えかたをしています。


さて、医師が使う「薬物療法」ですが、実はメリット
もあればデメリットもあり、そのあたりをしっかり
把握しておかないと身体に大きな負荷をかけること
になってしまうんですね。


今回は「薬物療法」をテーマとして、それにまつわる
メリット・デメリットをお話していきたいと思います。


まず、向精神薬の3つのメリットからお話しましょう。


向精神薬の大きな3つのメリットとしては、


1)プラシーボ効果が期待できる

2)脳をシャットダウンするので不安が軽くなる

3)医師が服用を考えて指導してくれる



となっています。


では、ひとつずつご説明をしていきましょう。



1)プラシーボ効果が期待できる



「プラシーボ効果」という言葉を聞いたことが
あるでしょうか?


プラシーボ効果を簡単に説明すると、


“本来効果の無いものが思い込みにより、
             効果を感じ得た状態のこと”


となります。


例えば、薬ではなくまったく関係の無いビタミン剤を、
さも向精神薬として医師がクライアントに渡したとします。


クライアントが医師を信じ、「この薬で楽になれる」
という気持ちが伴えば、たとえビタミン剤といえど、
不安や怖さを抑えることがある
んですね。


本来の向精神薬は脳の働きをシャットダウンして
しまい、強制的に感情を感じないようにしています。


ですが、この「プラシーボ効果」というのは
単なる思い込みですので、脳機能に負担が
かかることもなく、ある意味良心的な方法では
ありますね。


決して多くはありませんが、向精神薬に疑問を
持つ医師がときとして薬でないものを渡し、
プラシーボ効果を期待することもあるようです。



2)脳をシャットダウンするので不安が軽くなる



向精神薬の非常に大きなポイントは、


「脳機能を強制的にシャットダウンさせる」


というものです。


強制的にということは、ほぼ自動的に
感情を感じなくさせるということになります。


人間は感情の生きものですが、パニック障害で
不安や怖さが極端に強くなってしまい自分で
自分をコントロールすることが困難なこともあります。


そのようなとき、最小限の量と期間を設け、
服用することも良いかもしれません。


ただし、向精神薬は依存性がありますので、
最小限の量、期間はしっかりと設定する
必要がありますので。


一時的な服用ということを念頭におき、
うまく使うのが良いかもしれませんね。



3)医師が服用を考えて指導してくれる



病院の医師は基本、その人にあった
薬を確認し、種類、量、期間を設けて
処方します。


そして、服用後にその薬で良いのか?
量や期間は適切か?ということを考え、
ときによりアドバイスをしていきます。


基本、薬の服用は医師が責任もって処方
していますので、それを聞き入れ服用
していくことになりますね。


いまは西洋医学で用いる薬ではなく、
漢方医も増えてきました。


体質や体調、アレルギーなどをチェックし、
もしかしたら漢方のほうが合っている
場合などもあります。


「薬が自分の体質に合わない」

「アレルギー反応が出て服用できない」


ということがあれば、一度漢方医に
相談してみるのも良いかもしれません。


また、医師は増薬の知識はありますが、
減薬や断薬の知識が無い、もしくは
少ないこともあります。


パニック障害の完治、改善は将来的には、
薬の服用をゼロにしていくことが必要です。


ですので、減薬や断薬の知識がある医師を
できるだけ探すのが良いでしょう。


今回は薬の服用についてのメリットを
お話しました。


次回は薬の服用についてのデメリットを
お話していきますね。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック障害は自由になれない人に発生しやすい
◆薬の怖い事実とは?
◆パニック発作を起こす自己暗示をかけていませんか?
2017.08.31 12:00 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


ワイパックスやデパス、パキシルなどの
精神薬については、いろいろと諸説あります。


薬は絶対に必要だ!と唱える人もいれば、
薬は不要だ!と唱える人もいて、千差万別です。


私三木は、各々の自己責任のもとに
服用すれば良いかな、という考えかたをしています。


ですが、煙の無いところに火はおきないもので、
薬に対して否定的な見解を述べる人にも、
それ相応の理由があるんですね。


私三木もこれまで薬について、服薬することについて
いろいろと調べてきました。


調べてきたなかで、やはり服薬における
メリット、デメリットと呼べるものがありました。


今回はパニック障害を適切に完治、改善させて
いくためにぜひとも知っておいたほうが良い
服薬についてのお話をしましょう。


まずは服薬についてのメリット、デメリットを
簡単にお話しますね。


服薬のメリットとしては、


・医師から言われ薬を飲むことによる安心感

・プラシーボ効果



の2つです。


まず、人はなにか不安なことがあったり、心配ごとが
あったりすると、安心できるなにかを探したり、
安心できる材料を探し求めます。


そんな不安や心配のなか、病院の医師から安心する
言葉を言われ、薬の服用をすすめられたら、
なにも考えず服用すると思います。


また、日本人というのは権威に対して弱い部分があり、
それに従属してしまう性質があるので、


“医師の言うことに間違いはなく正しい”


という考えをもつことも少なくありません。


医師の言葉や態度により安心感を感じて、気持ちが
スッキリするのであれば、それはこころの状態にも
良いことでしょう。


また、医師から言われた安心感から薬というのは
万能薬的にも思い、その結果プラシーボ効果という、
ものが発生します。


プラシーボ効果(プラセボ効果)は簡単に説明すると、
それを信じ思い込むことで効果が上がる、といった
概念です。


「信じる者は救われる」ではありませんが、そのように
考えていただいて良いでしょう。


服用における精神薬の効果は、この
プラシーボ効果で成立していると発表されている
論文や学説などもあります。


精神薬自体には完治や改善の効果は無く、
このプラシーボ効果や医師から言われる安心感
などが、服用するうえでの大きなメリットですね。


次に服薬のデメリットをお話しましょう。


デメリットとしては、


・副作用

・離脱症状



が大きく取り上げられますね。


個人差はありますが、服薬はほぼ必ず
副作用が発生します。


そしてその副作用には、パニック発作の症状と同じような
ものが多数あります。



長年の服用で副作用なのか?パニック発作なのか?
わからなくなってしまい、パニック障害の改善自体が
滞ってしまう
ということもあり得ます。


日本ではそれほど厳しく義務化していませんが、
海外での精神薬はすべての副作用の明記を
ほぼ義務化しています。


その副作用の数は、ゆうに70を超えているんですね。


日本では多くても20くらいでしょうか。


そしてその中には、発汗や震え、ドキドキ感、
めまい、睡眠障害、口が渇く、冷や汗、離人感、
などパニック発作の症状的なものも含まれています。


離脱症状は、薬を減らしたり絶ったりしたあとに
起こる症状で、副作用とほぼ同じ状態となります。


こちらも個人差がありますので一概には言えませんが、
やはりパニック発作と似たような症状が表れて
しまうんですね。


最終的にパニック障害を完治させていくためには、
薬を絶つことも含まれます。



服薬の代わりに自分をコントロールする方法を身につけ、
いつどこにいても何があっても対処できる強さを手に入れる。


そして、コントロールできるようになってからは、身体は
徐々にパニック発作を忘れていき、いつの間にか
パニック障害の完治が成し遂げられていきます。


また、これは私三木の考えですが、最終的に断薬を
目指していくのであれば、最初から薬に頼らず、
自分をコントロールすることに集中したほうが良いと感じます。


服薬による対処療法でとりあえずパニック発作が
出ないようにするか。


もしくはカウンセリングなどを受けながらセルフコントロールを
覚え、根本からパニック障害を解消するか。


メリット、デメリットを踏まえながら考えてみる
必要がありますね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆自意識過剰ではありませんか?
◆親の心配からパニック障害は発症している?
◆パニック障害にカウンセリングが効く4つのポイント
2017.02.05 10:00 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の完治を目指していくとき、
とても重要なことがひとつあります。


それは、


“断薬”


なんですね。


断薬とはその言葉とおり、「薬を絶つ」ということです。


抗不安薬、抗うつ薬など、パニック障害に使われる
薬はいろいろな種類があります。


パニック障害の初期、またはパニック発作が頻発している
時期であれば薬の服用はある程度必要ですが、
薬は長くずっと飲み続けるものではありません。


また、本来は多くても2種類、基本は一種類の処方が
当然なんですね。


何錠も処方され、服用するのはデメリットが多くあり、
実は必要なことではありません。



アメリカなど海外は薬の処方について厳しく、
基本は一種類処方が原則なんですね。


それは、個人差はありますが薬には必ず副作用が
働くものであり、たくさんの種類を飲んでいると、
どれが原因の副作用かわからなくなるからです。


そして結果、パニック障害の症状なのか?薬の
副作用が原因の症状なのか?特定できず、
パニック障害の完治、改善が大幅に遅れてしまう、
という可能性があるためなんですね。



また、種類にもよりますが、どのような薬にもある程度の
依存性があります。


パニック障害の緩和を目的としているのに、
薬を飲むことが目的になってしまっては、
本末転倒になってしまいます。


薬に対しての基本的なことをあげますと、


・何種類もの薬の服用には疑問をもつようにする

・どこかのタイミングで断薬を始めることを理解する

・できるだけ薬の処方をしない、断薬について理解ある
 医師を探す

・薬は緩和させるものであって、完治や改善させる
 ものではないことを理解する



となっています。


大切なことは、薬の使いかたです。


薬の服用は、本来は2か月が目安となっており、
長くても半年ほどです。


そして、ある程度パニック発作の症状などが緩和されて
きたら、薬の服用だけではなく、カウンセリングを受ける、
パニック障害の改善法を学ぶ、などして本来の治療に
専念する必要があります。


私三木は、薬の断薬や減薬についても積極的に
取り組んでいますので、もしご質問や疑問など
ありましたら、ぜひご相談いただければと思います。


ご相談につきましては、下記からどうぞ。↓↓↓↓

http://goo.gl/9mFGf7



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆【動画】精神科医はパニック障害を治せない?
◆予期不安はある方法で解消させることができます
◆パニック障害が改善しづらい人の特徴とは?
2016.08.07 10:00 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


減薬や断薬がなかなかうまくいかず、
離脱症状や副作用に苦しむ人は多いものです。


副作用や離脱症状は薬を服用するのであれば、
ある意味避けては通れない道です。


脳の働きを抑制させ不安や怖さを軽減させるので、
そのしわ寄せとしての状態ですので、
いたしかたない部分でもあるんですね。


ですが、パニック障害を完治させていくため、
どこかの時点で薬を止め、身体から成分を
抜いていく作業が必要になります。


薬の成分が抜けきらず、それにより
何年も離脱症状に苦しむこともありますので。


今回は減薬や断薬を成功させ、
身体から薬の成分を抜いていくために
効果的な方法をご紹介しますね。


減薬や断薬のポイントとしては、


「汗をかくことで汗と一緒に薬の成分を抜いていく」


ということです。


たくさん汗をかくこと、汗をかく作業をすることが、
大きなキーワードとなります。


そこで、たくさん大量に汗をかく方法として、


“低温サウナを利用する”


というのがおススメです。


低温サウナは一般的なサウナと違い、
ゆっくりじっくりと身体を心から温めていき、
大量の発汗をうながします。


一般的なサウナだと熱さのため長く入って
いられず、薬の成分が身体から抜けていかないんですね。


薬の成分は時間をかけながらゆっくりと汗に
溶け出すように体外に排出されていくので、
低温のサウナが理にかなっています。


また、同じではありませんが岩盤浴でも
ある程度の効果は期待できますので。


昔に比べて低温サウナや岩盤浴を提供する
ところは増えました。


減薬や断薬のため、ぜひ上手に低温サウナや
岩盤浴を利用してみてくださいね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆薬がパニック障害をますますひどくする!?
◆薬物療法でパニック障害は治りません
◆脱力するとパニック発作は遠ざかる?
2016.03.20 10:00 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |