こころのコラム

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


人間の思考(考えかた)には大きくわけて2つあります。


それは、


ポジティブ思考とネガティブ思考


です。


ポジティブ思考というのはその名の通り、
考えかたが前向きであり、ものごとを良い方に
とらえ、自分を落ち込ませない考えかたですね。


一方ネガティブ思考というのは、どちらかというと
考えかたが後ろ向きであり、ものごとを悪い方にとらえ、
自分を落ち込ませてしまう考えかたです。


人間は基本、どちらかの思考に寄っているものです。


あなたはいかがですか?


ポジティブ思考でしょうか?
それともネガティブ思考でしょうか?


これはひとつのとらえ方なのですが、
2つの思考に良い、悪いはありません。


あくまで考えかたに特徴がある、というだけですので、


「私はポジティブだから良い」


とか、


「私はネガティブだからダメだ・・・」


ということは一切ありません。


また、基本的に人間はどちらかの考えかたに寄っては
いますが、場面に応じてポジティブ、ネガティブが
切り替わるようになっています。


いくらポジティブ思考の人でも、数万円が入った財布を
落としてしまったら、しばらくはネガティブ思考に陥ると
思います。


また、いくらネガティブ思考の人でも、臨時ボーナスが
入ったり、めちゃくちゃ嬉しいできごとがあったら、
ポジティブ思考になりますよね。


そういうような感じに、日々ポジティブとネガティブを
行き来しているんですね。


パニック障害に陥っているほとんどの人は、
ネガティブ思考です。


ネガティブ思考であるがゆえ、どんどんとネガティブの
深みにはまっていき、自分を苦しくさせていってしまいます。


先ほども言いましたが、大事なことは、
ネガティブ思考だからいけない、ということではありません。


「私は考え方がどちらかというとネガティブだ。
だけどそれは私の特徴であって、悪いわけではない。」


といった自分の見かた、客観的に自分を
見てみることが大切です。


ネガティブ思考であることを受け入れる。


無理やりポジティブになろうとせずに、
ありのままの自分を許す。許容する。


ありのままの自分をこころから許すことができると、
フッと気持ちが楽になります。


自分を卑下するのではなく、
自分を認める、許すことを始めていきましょう。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害は自由になれない人に発生しやすい
◆「自分のことが嫌い」だとパニック障害完治は遠くなる
◆パニック障害の完治は小さな一歩の積み重ねです

2016.11.07 10:00 | こころのコラム | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


幸せに包まれた人生を歩みたい、大きな幸せを感じながら生きたい。


多くの人が願うことではないでしょうか。


パニック障害であるなら、パニック障害を解決し楽に生きたい、
パニック障害を完治させ思い切り自由になりたい、
と感じるかもしれませんね。


ですが、どうしたらそのように幸せを感じながら、
楽しく生きていくことができるのか?


それにはちょっとした抑えておくべきポイントがあります。


それは、


“自分を愛する”


ということなんですね。


ひとくちに自分を愛すると言っても、抑えておくべき
重要なポイントがあります。


これからお話するポイントを意識していくことで、
上手に自分を愛することができるでしょう。


そのポイントというのは、


1)自分を責めない

2)他者を優先せずに自分を優先させる



という2つです。


まず、「自分を責めない」というのは文字通り、
自分で自分を否定しない、傷つけない、ということです。


結構多くの方は、知らず知らずに自分自身を
責めています。


「私はなんてダメな人間だ」「生きている価値がない」
「なんて私はバカなのだろう」


などなど、様々な考えをもち、自分を責めてしまうんですね。


それを止めること。自分を責めるのではなく、


「そういうこともあるよな~」


くらいの気持ちで考えること、もっとだらしなく、
力を抜いていくことです。


そして、


「他者を優先せずに自分を優先させる」というのは、
自分の本心を殺さず、抑え込まず、自分を出していく
行為のことです。



「こんなことをしたら嫌われてしまうかも」

「私は後回しでいいから相手のことを考えなければ」


というようなことが常に頭をよぎり、自分の本心とは
まったく逆のことをしてしまう。


これは、自分自身を否定してしまう行為でもあり、
自分は自分のことを優先させるだけの価値がない、
と言っているようなものなんですね。


もちろん他者優先、気を回す、といった美学はあります。


ですが、いつもいつも他者を優先し自分の本心を出せないのは、
心身共に良いことではありませんよね。


この世界の主役はあなた自身です。


会社の同僚でも、友達でも、親でも兄弟でもありません。


その人たちはその人たちなりの主役を感じ、
人生を歩いています。


「この世界の主役は私なんだ」という気持ちを持ちながら、
自分を責めず自分を優先することで、さらに楽しくさらに
素晴らしい生きかたを獲得することでしょう。


いきなりは難しいと感じたら、ちょっとずつちょっとずつ
意識して変化させていくのが良いですね。


また、“自分を愛する”というのは、パニック障害を
完治・改善させていくうえでの大きなテーマでもあります。


ぜひ「自分を愛する」ということを意識して、
日々を過ごしてみてくださいね。





↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆あなたは催眠術にかかっているのかもしれない
◆クライアントを尊敬している理由
◆できない自分を責め続けると・・・
2016.09.11 10:00 | こころのコラム | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害を完治させようと努力しているあなたへ。


パニック障害を改善させようとガンバっているあなたへ。


不安や怖さに押しつぶされそうになっているあなたへ。


簡単なこともできなくなり自分に不甲斐なさを感じているあなたへ。


ちょっとしたことでイライラしてしまうあなたへ。


ガンバっても裏目にでてしまうことが多いあなたへ。


いろいろなことがある、そんなあなたへ。


ひとつの詩をご紹介します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


笑えるのは、楽しんでる証拠。


怒るのは、真剣だった証拠。


喧嘩するのは、一緒だった証拠。


つまずくのは、進んでいる証拠。


裏切られるのは、信じていた証拠。


失恋は愛していた証拠。


「疲れた」は、頑張った証拠。


「失敗した」は、挑戦した証拠。


「もう止めようかな」は、
 まだ希望を捨てずにいた証拠。


「素直になれない」は、
 それだけ愛している証拠。


もう良いは、
全然よくない証拠。


大丈夫は、
全然大丈夫じゃない証拠。


いつもヘラヘラしてる人は、
過去に何かあった人


よく笑う人は、
よく泣いた人


よく大丈夫と言う人は、
よく無理をする人


よく強がる人は、
よく我慢する人


幸せな人は、
幸せを知っているから
優しくなれる。


強くなれる。


努力する人は希望を語り、
怠ける人は不満を語る。


泣きたかったら泣けばいい


辛かったら頼ればいい


我慢できなくなったら我慢しなくていい
笑うのが疲れたら無理しなくていい


「明日笑えるかな」


 って思うより


「明日少し笑ってみよう」


 って思う方が辛くない。


立ち止まることは、
悪いことなんかじゃない。


辛いとき。


苦しいとき。


少し休憩して
またもう一度歩きだせばいい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この詩は以前にもとりあげたことがあるのですが、
こころに響くので、改めて掲載してみました。


この世界で、
ガンバっていない人なんていません。


なにかしらの形で皆、ガンバっています。


ちょっと肩の力を抜いて、少し休んで、
また歩きだせばいいんですよね。


いまのあなたのこころが、
少しでも楽になることを願って。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆過呼吸をコントロールする、その方法とは?
◆あなたは悲観的ですか?楽観的ですか?
◆その薬はあなたを壊してしまうかもしれない
2016.03.02 10:00 | こころのコラム | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


今日は、とある詩をご紹介しようと思います。


私三木が、この詩と出会ったのは、
今から約2年ほど前です。


本当の意味での温かさ、ゆくもり、
安心というのを教えられた気がしました。


まずはどうぞ、お読みください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


「 わたしにふれてください Please Touch Me 」

Phyllis K. Davis 訳;三砂ちづる


もしわたしがあなたの赤ちゃんなら

どうぞ わたしにふれてください


今までわたしが知らなかったやさしさを

あなたからもらいたい


おふろにいれてください

おむつを替えてください

おっぱいをください

きゅうとだきしめてください

ほおにキスしてください

わたしの体をあたためてください


あなたのやさしさとあなたのくれる快楽が

わたしに安心と愛を伝えてくれるのです


もしわたしがあなたのこどもなら

どうぞ、わたしにふれてください


いやがるかもしれないし、拒否するかもしれないけれど、

何度もそうしてください

わたしがどうしていやがるのかわかってほしいから


おやすみなさい、だきしめるあなたの腕が

わたしの夜を甘くしてくれる


昼間にみせてくれるあなたのやさしさが

あなたの感じる真実を伝えてくれる


もし、わたしがあなたの思春期のこどもなら

どうぞ、わたしにふれてください


もう大きくなったんだから、なんていわないでください

あなたがわたしにふれるのをためらうなんて

思いたくない


あなたのやさしい腕が必要です

あなたのおだやかな声を聞きたいのです


人生は困難なもの、とわかった今、

わたしの中の小さなこどもがあなたを必要とするのです


もしわたしがあなたのともだちなら

どうぞ、わたしにふれてください


あなたがだきしめてくれると、

わたしはあなたにとってたいせつな人だとわかるから


あなたのやさしさが、おちこんでいるわたしを

かけがえのない存在であることを

思い出させてくれるから

そしてひとりではない、と思い出させててくれるから


私にやすらぎをくれるあなたのありよう、

それだけがわたしが信じられるもの


もし、わたしがあなたの愛のあいてなら

どうぞ、わたしにふれてください


あなたは、情熱さえあれば、十分と思うかもしれない

でも、あなたの腕だけが、わたしのおそれをとかしてくれる


あなたのやさしくおだやかな指先をください


あなたにふれられて、わたしは愛されているということを

思い出すことができる

わたしは わたしなのだ、ということを

思い出すことができる


もしわたしがあなたの大きくなった息子なら

どうぞ、わたしにふれてください


わたしには、抱きしめるべきわたしの家族は
もういるのだけれど

それでも、傷ついたときには、

おかあさんとおとうさんに抱きしめてほしい


おとうさん、あなたといるとすべてがちがってみえる

わたしが、大切なわたし、であるとおもいだすことができる


もしわたしがあなたの年老いた父親なら

どうぞ、わたしにふれてください


あなたがちいさかったときに

わたしがあなたにふれたと同じように

わたしの手をにぎり、わたしのそばにすわって、

わたしを力づけてください


わたしの疲れた体によりそい、あたためてください


わたしは随分しわくちゃになってしまったけど、

あなたのやさしさに力づけられる


どうぞ、何もおそれないで

ただ、わたしにふれてください


↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

いかがでしたか?


私三木は、最初この詩を読んだとき、
不覚にも泣いてしまいました。


なんだか、とてもこころの琴線に触れたんですね。


そして、温かくて優しい気持ちに包まれました。


もし、今あなたが疲れている、ストレスフルに
なっている、辛い気持ちを抱えている、など、
どうぞ、この詩を何度も読んでみてください。


きっと、あなたのこころがホンワカした
温かさで包まれますよ。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆たった5分で自然にリラックスできる方法とは?
◆効率よくパニック障害の改善を促す方法とは?
◆パニック障害完治に向けて必要な条件とは?
2014.06.09 10:00 | こころのコラム | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


先日ですが、とある本を購入し、
一気に読みました。


職業柄、コンテンツにこだわらずに各種様々な
本を読むのですが、今回はちょっと変わった?
感じの本です。


その本とは、


「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて
           慶応大学に現役合格した話。」


というものです。


金髪ギャルの女子校生「さやかちゃん」が、
学年でビリの成績であるにも関わらず、
慶応大学の現役合格を目指す・・・


という内容の本でした。


この物語はフィクションではなく、実際のお話を
ベースにしており、読みすすめるたびに、
どんどん「さやかちゃん」のガンバリに惹きこまれて
いきます。


この本の出だし部分、冒頭に、とても感動した
言葉があったので、お伝えしますね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

====================

あなたには「自分にはゼッタイ無理」って
いつしかあきらめてしまった夢がありませんか?


この物語は、そんな、ゼッタイ無理に挑んでみた
ある女の子のお話です。


彼女は最初、周囲に言われました。


「お前にできるわけがない」

「恥ずかしいヤツだ」

「身のほどを知れ」


でも、僕は、人間にとって一番大事なのは
この、ゼッタイ無理を克服した体験だと
思っています。


大丈夫。ちょっとしたコツ知るだけで
あなたにもそれができます。


この奇跡は、あなたにもきっと起こります。


そのコツを知って欲しくて、
僕はこの物語を書きました。


子どもや部下だって同じこと。
ダメな人間なんていないんです。
ただ、ダメな指導者がいるだけなんです。

====================

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あなたも、この「ゼッタイ無理」という言葉、
いつしか当てはめてしまっていませんか?


知らず知らずのうちにあなたは、


「パニック障害を完治させることはできない・・」

「何年も続いているのだから、完治は無理・・」

「パニック障害は一生消えるわけがない・・」


と、自分自身に「ゼッタイ無理」を
押し付けていませんか?


人間は、感情と思考の生き物です。


頭で「ゼッタイ無理」と考え、こころで「ゼッタイ無理」
と感じたら、それは100%「ゼッタイ無理」になります。



ですが、少しでも自分を信じ、少しでも明るさに目を
向けたのであれば、「ゼッタイ無理」は崩れ落ちて
いきます。



実は、この世界には「ゼッタイ無理」というのは
ほとんど存在しません。


出来ない理由を探し、それを自分に当てはめている
だけなんですね。


ちょっとの勇気と、少しの自信で、驚くほど
世界は変わる可能性に満ち溢れています。





●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治のための究極のマインドセットとは?
◆「セルフイメージ」を持つことの重要性
◆完治を目指すカウンセリング
2014.05.22 10:00 | こころのコラム | トラックバック(-) | コメント(0) |