カウンセラーとして思うこと

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


私三木は、パニック障害と闘っている人はもちろん
ですが、実は、カウンセリングを受ける、クライアントさんを
こころの底から尊敬しています。


ちまたではよく、


“カウンセリングは敷居が高い”


なんて言葉を聞くことがあります。


その高いと言われている敷居を乗り越え、
カウンセリングを受けるわけですから、
それは本当にすごいことだと思います。


これは私三木のもとに来て頂いている
クライアントさんだけでなく、他のカウンセラー
のカウンセリングに踏み込んだクライアントさん含め、
全員に対し、思っていることです。


世の中のカウンセリング形態には、
色々な種類があります。


例えば、私三木が提供しているような、
カウンセリングルームでのカウンセリング
であったり、出張訪問形式であったり、
電話やメールであったりと、様々です。


色々なご事情がありますので、
どのような形態を選んで頂いても、
それはクライアントさんの自由でもあります。


では、私三木がクライアントさんをなぜ尊敬しているのか?
その最たる大きな理由は、


“カウンセリングを受ける勇気”


を持っているということなんですね。


この「勇気を持つ」ということを
難しいと感じる人は多いものなんですね。


多くの人は、勇気を持たなくても良い方法、
やらない理由をまず探そうとします。


「カウンセリングは敷居が高いから・・」

「まだ今はガマンできるから大丈夫」

「お金の都合がつかない・・」


上記はちょっとした例ですが、
こういったことを理由に、勇気を閉じ込め、
やらない理由づけをしてしまうんですね。


やる、やらない、というのは選択肢です。


選択肢というのは決断するためのもの
ですので、そちらを選んでも、それは
その人の自由に他なりません。


ですが、もし「やる」という選択肢を選んだ場合、
それは大きな第一歩を踏み出したことになります。


やらないという選択肢はその場にとどまる、
ということですので、何も変わることはないんですね。


カウンセリングの効果には個人差が影響しますので、
一回で効果を感じる人もいれば、数回受けて初めて
効果を感じる人もいるでしょう。


だけど一つ言えることは、カウンセリングを受けてみる
ことで、完治・改善へのレールに乗ることは確実です。



あなたが欲しいと思う未来へのゴールに続く、
レールに乗ることは可能なんですね。


やらない理由を探さず、カウンセリングを受ける
勇気を持つことで、意外にそれは早く手に入る
ことかもしれません。


私はこれからも、クライアントさんを尊敬し続けていきます。




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆完治するためのカウンセリングの受けかたとは?
◆パニック障害に冷やし過ぎは逆効果です
◆あなたがカウンセリングを受けねばならない理由とは?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.07.19 11:00 | カウンセラーとして思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


もしあなたが今現在、外出が難しい、もしくは
外出できずお金を稼ぐ手立てがない、
とお困りであれば・・・


実は、在宅でも簡単にできるアルバイトがあります。


もちろん、怪しかったり、何かしらのいかがわしい
ものではなく、真っ当なアルバイトとして、
がんばれば月に数万円くらいは稼ぐことができます。


カウンセリング時、必要とあればクライアントさんに
お伝えしているもので、定期的にそれで稼いでいる
方も多くいらっしゃるんですね。


在宅のアルバイトではありますが、どなたでも
できるものですので、時間があり、ご興味があれば、
比較的簡単に報酬を得ることができますので。


その在宅で出来るアルバイトですが、それは、
インターネット環境があればできるものであり、
一番簡単なものであれば、既定の文字量の文章を
書けば報酬が発生する、というものです。


現在はインターネット、WEBサイト通じ、
色々なことができる時代です。


そんな、色々できるインターネットですから、
ぜひそんなサービスを活用して頂ければと思います。


私三木がおすすめするサービスとしては、
ザグーワークスランサーズ、という
WEBサイトです。


簡単な作業では、300文字から600文字くらいを、
規定の書きかたに乗っ取り、その通りに書き上げる
だけのものや、少々難しいものでは、デザイン作成や
WEBサイトの作成などがあります。


仕事内容や業種によって金額が変わり、安いものですと、
300文字の文章作成で50円くらい、デザイン作成ですと、
5万円~30万円くらいと多数あります。


とても沢山の業務内容がありますので、
見ているだけでも楽しいものですよ。


作業をするには個人情報などの登録が
必要になりますが、登録したからといって、
怪しいところから連絡などは一切きませんので。


今現在、収入が不安定であれば、
工夫次第でひと月に10万円くらいは稼ぐことが可能です。


必要と感じたら、
ぜひ活用してみてくださいね。


ザグーワークスのWEBサイトはこちら

ランサーズのWEBサイトはこちら



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆パニック障害で出産が不安なあなたへ
◆パニック発作の耐性を作る「イメージ呼吸法」とは?
◆「希望」ではパニック障害は完治しません

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.02.03 10:00 | カウンセラーとして思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の場合はもちろんですが、
精神科や心療内科に行く際に覚えておくと
良い治療が受けられるコツというものが
あります。


治療自体には良い・悪いは無いのですが、
医師との関係が良くなったり、治療の
流れがスムーズになるコツですね。


このコツを身につけるためにはまず、


「知識を有する患者(クライアント)」


になる必要があります。


「知識を有する患者(クライアント」とは
一体どういうものか?と言いますと、


“医師というものが何をする人なのか?”


ということを把握している、知っている
人のことです。


医師というのは基本、薬を用いて患者
(クライアント)の治療にあたる人です。


カウンセリングのように真摯にお話を聴いたり、
改善法などのアドバイスをする、ということは
まずありません。


患者(クライアント)の訴えから、どの薬を
使い、どのくらいの量、期間服用してもらい
様子を見るか?ということを考えています。


薬物療法ありき、という職業ですので、
それを知らずに医師の治療を受けて
しまうと、期待していたことが得られない
というような目にあってしまいます。


また、医師は基本プライドが高いので、
うかつに専門用語を出さないほうが
賢明でしょう。


また、その他気をつけた方が良いことは、


・自分は〇〇(病名)だと思うと打診する

・〇〇(薬の名称)が欲しいと伝える

・自分の悩みを全て打ち明けようとする

・優しい言葉をもらおうとする

・診察室に長居しようとする



となっています。


素直に現在の状態を簡潔に伝え、専門用語を
話さず、薬の知識についても触れない、
ということを守れば、適切な治療を受ける
ことは可能です。


スムーズな治療を受けるために、
少し意識しておくと良いでしょう。


===================


3月23日開催!
「パニック障害完治を目指す
         1DAYワークショップ


詳細は下記をクリック↓↓↓↓↓↓↓


☆ワークショップ詳細はこちら☆ ← クリック


===================


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆抗うつ薬と抗不安薬のメリット・デメリットとは?
◆最適な病院や医師を選ぶコツについて
◆医者の指示は絶対であり完璧なのか?
2014.03.01 14:30 | カウンセラーとして思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「お金」というのは生きていくうえで重要であり、
非常に大切なものです。


人間、とくに日本人は「お金」に対する
コンプレックスやマイナスイメージが
強いと言われています。


それは多分、あなたが受けてきた教育の中で、
「お金」に対するネガティブなイメージが
定着した為かもしれませんね。


ですが現実の問題として、莫大な資産を持って
いなくとも、日常生活を送れるくらいの
お金は必要になります。


パニック障害を完治していくのにも、
料金や費用といったものは発生しますよね。


例えば、病院での診察料や処方された薬の費用、
病院に行くまでの交通費、カウンセリングの
場合はカウンセリング料、というものです。


パニック障害は外出が困難な場合もあるので、
外に仕事に行くといったことが難しいときもあります。


では、外出をせずにお金を得るには、
どうすればいいでしょうか?


今の世の中には、各種様々な仕事がありますね。


その中でも特に、外出が困難でもできるものとして、


“在宅の仕事”


というのを私、三木はオススメしています。


以前までは在宅といえば怪しいもの、という
イメージがありましたが、今は形態が変わり、
比較的安全に仕事ができるものがあります。


仕事というよりは、文章を書いたり、自分の得意な
ことを活かせたりできる作業がメインとなりますが、
そういったものもあるんですね。


日記程度の文章が書ければ報酬がもらえる
WEBサイトがあります。


「ランサーズ」
http://www.lancers.jp/


上記のランサーズは、どなたでもエントリーができ、
登録した日から作業ができます。


報酬は安いですが簡単な文章を書くものから、
本格的な開発ものまで、本当に多くの作業があります。


フリーランスという位置づけでのお仕事に
なるのですが、一度覗いてみるのはいかがでしょうか?


コツコツしたこと、じっくり取り組むのが
好きな人であれば、きっと比較的大きな
報酬を得られると思いますよ。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆外出が困難でもできる仕事があります
◆パニック発作が不安で外出が困難なあなたへ
◆パニック発作は一生続くと考えていませんか?
2013.11.28 10:00 | カウンセラーとして思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「カウンセリング」という言葉は一昔前に比べて
だいぶ社会に浸透してきましたね。


「認知行動療法」「来談者中心療法」など、
心理療法の名称を知っている人も増えてきて
いるな、と感じています。


「カウンセラー」という職業を目指す人も
増えてきており、そういった人の相談に
乗ることも多くなってきました。


実は、カウンセラーという人種には2種類いまして、


“私が治してみせる”


という自分が解決させることを
年頭に置いているタイプと、


“一緒に考え一緒に進もう”


という、クライアントと共に歩いていこうと
するタイプです。


大学や専門学校でカウンセリングを学ぶとき、
後者の一緒に進もうという姿勢を学びます。


これは、問題を解決するのはクライアントであり、
クライアントにはもともとその力がある。


カウンセラーは、その援助をするものである、
ということを学んでいくんですね。


ですが、カウンセリングを学びカウンセリングの
経験を積んでいくと、中には


「私がクライアントを治してみせる!!」


という力を誇示する考え方になってしまう
ことがあります。


これは、カウンセリングでよくなったクライアント
を見て、自分の力でクライアントを解決させた、と
認識を間違えてしまった為に起こるもの
です。


カウンセラーとしての初心を忘れてしまい、
自分の力でクライアントは治っていくと
勘違いしていることほど怖いことはありません。


実際に、そういったカウンセラーも少なからずいます。


願わくば、十分にカウンセラーを見極めて
カウンセリングを受けて欲しい、と思います。


私も常に客観的に自分を見て、自分を律し、
カウンセラーとして精進していきたいと
思っています。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆カウンセラーを選ぶとき知っておくべき3つのこと
◆カウンセリングをためらっているあなたへ
◆カウンセリングのメリットとデメリットとは?
2013.10.05 10:00 | カウンセラーとして思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) |