パニック障害について

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


ご家族や友人、同僚や知人など、大切な人っていますよね。


大切な人はときに頼りになったり勇気づけてくれたり、
癒しを与えてくれたりする存在です。


もしも、そんな大切な人をなにかの理由で失ってしまったら・・・
そこには大きくて深い悲しみが沸き上がるでしょう。


そして、そのような大切な人を失ってしまっショック、
ストレスによりパニック発作が引き起こされることがあります。


大切な人、もしくはものを失ってしまうことを、


“対象喪失”


と言いますが、対象喪失の深さや長さはそれぞれであり、
場合によっては数年間、覇気を無くしてしまうこともあります。


大切な人、ものを失ってしまうストレスはこころに大きな
打撃を与え、元気や覇気を奪い去ってしまう力が
あるんですね。


そして、その打撃によるストレスからパニック発作が
待ち構えていたように起こることは多々あります。


もし対象喪失の状態になったとしても、
パニック発作を引き起こさないポイントがふたつ
ありますので、今回はそれをお話しますね。


さっそくですが、まずひとつ目のポイントは、


「失ったことをしっかりと受け入れ、しっかりと悲しみに浸る」


ということです。


無理して元気をよそおったり、モチベーションを
上げる必要はありません。


泣きたいだけたくさん泣いて良いんです。


悲しいことは悲しい、もしろその悲しみをしっかりと認め
悲しみに浸り続けると、いつしか徐々にこころが晴れてきて、
新たにまた前を向けるようになっていきますので。


ポイントのふたつ目ですが、それは、


「失ったしまった人やものに対し手紙を書いてみる」


ということです。


こころの中に溜まっていること、言いたかったこと、
伝えたかったことなどすべて、思い残すことなく手紙に
したためる、という方法です。


自分の中にあることを書きだしていく行為は、
内面を整理できたり自分を客観的に見れて
落ち着く、というメリットがあります。


そして書き出していくことで、自分の中の本当の
思いにも触れることができ、新しい気持ちにも気づきます。


書き出す内容は、感謝はもちろんですが、怒ったこと、
嫌だったことなども一緒に書き出していくと良いでしょう。


良かったことばかりでなく、嫌だったことなども
一緒に出していくことで、こころのもやもやも
晴れていき、スッキリとしていきますので。


今回のポイントを意識して、それを実践していくことで、
こころが落ち着き頭が整理され、気持ちが穏やかに
なっていきます。


逆に、このふたつのポイントを意識せずに無理をして
しまうと、パニック発作に陥る可能性があるんですね。


しっかりと事実を受け入れて悲しむ、そして、
失った人はものに対して手紙を書いてみる。


対象喪失によりパニック発作を引き起こさないため、
自分を守るためにぜひ活用してみてくださいね。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆「パニック障害は治るのか?」と疑問をもっていませんか?
◆あなたは予期不安を自ら生み出しています
◆「断れない」クセでパニック発作は悪化する!?
2017.01.27 21:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


明日、明後日でとうとう今年も終わりになりますね。


一年というのは長いようで、以外と早く感じるものです。


12月のこの時期は「師走」とも言われるように、


「師匠ほどの人が走るくらい忙しい時期」


という表現がされますね。


あなたもなんだかんだとバタバタしていませんか?


さて、実は年末のこの時期、なぜだかわからないけど、
急に胸のドキドキ感が強くなったり、妙にそわそわした
不安に襲われてしまうことがあります。


また、なぜか落ち着けなかったり、焦りによって
不安を湧き上がらせてしまうこともあります。


そのような感覚が沸き上がってしまうことで、
最悪はパニック発作が起きてしまうことがあるんですね。


あなたはこの時期、そのような何か嫌な感覚を
味わうことはないでしょうか?


もしこの時期に嫌な感覚になってしまうのであれば、
それにはひとつの理由があるんですね。


それはまさに年末だから、と言えるような
理由が存在します。


ではいったい、あなたを嫌な感覚に陥らせる
ものの正体とはなんでしょうか?


それは、


“せわしなく慌ただしい年末独特の空気感”


によるものなんですね。


年末というのはたしかにバタバタとせわしない
感じがします。


なぜだか急かされているような感覚に陥り、
気分が落ち着かないような感覚になることが多々あります。


これはある意味、「年末は師走であり忙しいものだ」
というイメージがあなたのなかにインストールされているからです。



そしてそれにより、なんだか落ち着かない、急かされている
ような感じがするんですね。


このインストールをされているのは、
あなただけではなく、基本的に多くの人がされています。


もちろん私三木にもありますし、あなたの周りの多くの人が
そのようなことを自分のなかにインストールしています。


そして、そういった「年末が忙しいものだ」というイメージが
空気中に蔓延しひとつの大きなエネルギーとなり、
そのエネルギーをあなたが受けているから
なんですね。


違う言いかたをすると「漠然とした威圧感を受けている」ともいえます。


人は漠然としたプレッシャー、威圧感を受けると緊張し、
それにともない不安感や怖さなどの感情が発動します。


パニック障害は不安感や緊張、怖さなどがスイッチとなり
パニック発作が起きやすくなります。


年末のこの時期、実は常にそのような状態に
さらされているんですね。


ですが、それも25日あたりを過ぎてくると、
自然と嫌な感覚が少なくなり落ち着いてきます。


これには諸説ありますが、25日がひとつの境となっていて、
今年の仕事にめどがたった、クリスマスなどのイベントも
終わった、ということでエネルギーが通常に戻っていく
ためと言われています。


ですので、もうこの時期には気分が落ち着き、
逆にゆったりとした気持ちになる人は多いものです。、


それでもまだ、なんとなく嫌な気分であったり、
嫌な感覚があれば基本に戻り、姿勢をただしながら
深い呼吸をこころがけましょう。


姿勢をただし、深い呼吸に意識を向けて
おこなうことで、自律神経も整われ、
徐々に落ち着いてきますので。


どのようなことに陥っても、まず基本となるのは呼吸です。


日頃からしっかりと呼吸を意識しておきましょう。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害を撃退する自信をつける方法とは?
◆パニック障害の裏にあるものとはなにか?
◆パニック障害完治への道に「ぶり返し」が待ち受けます
2016.12.29 20:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害が発生する理由や原因などは、
人により様々です。


100いたら100通りあるといっても過言でないほど、
いろいろな理由が存在しているんですね。


実は、パニック障害というのはそのような理由や原因を
もとにして、ある状態が重なってしまうことで、
パニック障害がガッチリとあなたを離さなくなる
ことがあります。



もちろん適切なパニック障害の改善方法、カウンセリングなどを
受けていくことでその状態から脱却することはできます。


ですが、その状態に陥ってしまうと完治までの道のりが
多少遠くなってしまう、という可能性があるんですね。


がんばってパニック障害改善の努力をしていても、
それでは本末転倒になってしまう恐れがあります。


ではいったい、パニック障害の完治を遠ざけてしまう
可能性がある、「ある状態」とはどのようなことが?


それは、


“孤独を強く感じ過ぎている”


状態のことなんですね。


以前もなんどかお話しをしていますが、この「孤独」
という状態は、とても苦しくこころがキツクなってしまう
ものです。


「孤独」がキーワードとなり、こころの病を発症してしまったり、
あらゆるこころの病が発生することは多いものなんですね。


それだけ「孤独」という状態はあなたのこころを蝕んで
しまいますので、できるだけ「孤独」状態を避ける、
そこから遠のくことが重要になります。


では、どのようにして孤独状態から抜け出せばいいのか?


ですが、


・苦しさやツラさを吐き出せる人間を近くに持つ

・なにかしらのサークルやコミュニティなどに参加する

・家族や兄弟などに絶対的な味方になってもらう

・自分自身と対話をし、責めることなく愛していく



というような方法が比較的楽にできて良いでしょう。


では、ひとつずつご説明をしていきますね。


・苦しさやツラさを吐き出せる人間を近くに持つ


人間はこころに思っていること、ツラくて苦しいことを
誰かに話すことで、気分や気持ちが軽く楽になります。


私のようなカウンセラーに話を聴いてもらうのも良い
ですし、信頼できる友達や家族など、話を聴いてくれる
環境を手に入れることは大切です。


胸にたまっていることを吐き出すことによる
カタルシス効果が、ときにあなたを助けてくれるでしょう。


・なにかしらのサークルやコミュニティなどに参加する


いまはSNS(ソーシャルネットワークサービス)が全盛の
時代ですので、これをうまく活用するのが良いでしょう。


本当は実際のサークルやコミュニティに参加して
会ってみたりするのが良いのですが、
パニックの状態が思わしくないと難しいこともあります。


Facebook、mixi、Google+、アメブロ、その他など、
いろいろなSNSがあり、そのなかには趣味的なものや
メンバー募集なども多くあります。


なにかあなたに合いそうなものを選び、
気軽に参加してみるのが良いでしょう。


・家族や兄弟などに絶対的な味方になってもらう


基本的に親や兄弟、家族などは味方になる存在です。


ですが、パニック障害に対しての勘違いや考え方の
違いなどで、ときにあなたを傷つけてしまうこともあります。


近しい親や家族など、どうしてもイマイチあなたの
味方になっていないときは、思い切ってカウンセラーや
医師からの説明を聞いてもらうことが良いでしょう。


パニック障害はとくに周囲の理解の深さで改善までの
距離が変わることがあります。


親や家族の理解を得られると、
あなたのなかの安心感は大きく膨らむでしょう。


親や家族、兄弟などに徹底した理解を
促すことも大切なポイントです。


・自分自身と対話をし、責めることなく愛していく


パニック障害になってしまったことから、
自分自身を責めてしまう、自分に嫌悪感を
いだいてしまうことがあります。


そうなると、あなたのなかの孤独は一層強まってしまい、
負のスパイラルに陥ってしまう可能性があるんですね。


あなたという存在は唯一無二の存在です。


あなたは代わりは誰にもできませんし、
あなたしかできないことがたくさんあります。


あなたはただ生きているだけで、
大きな存在価値があるんですね。


ですので、もしいま自分を責めてしまっていたり、
自分のことが嫌いな場合は、自分を好きになる、
自分は大切な存在であると認識していきましょう。


「私はこの世界のなかで唯一無二の存在であり、
                   大きな存在価値がある」


ということを常に念頭におき、
自分を好きになる努力をしていきましょう。


その努力が将来的に、
あなたを救うものになりますので。


「孤独」からパニック障害を膨らませないよう、
ぜひそこから脱却していくことを考えていきましょう。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治の近道は人の話を聞かないこと!?
◆パニック障害の完治は小さな一歩の積み重ねです
◆「断れない」クセでパニック発作は悪化する!?
2016.12.26 21:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害に代表される感情は「不安」と「怖さ」です。


パニック障害を適切に完治、改善していくには、
この感情のコントロールも必要になっていきます。


しかし、実は「不安」と「怖さ」以外にも、
気を付けなければならない感情があるんですね。



多くは「不安」と「怖さ」に飲み込まれてしまい、
その他の感情はわからなくなってしまうものです。


ですが、今回お話する感情もパニック障害にとって
大きなキーワードでもあるものなんですね。


ではいったい、大きなキーワードでもある、
感情とはなにか?


それは、


“孤独感”


という感情です。


人間は孤独に多くさらされると、
精神が不安定になりやすいといわれています。


人間にかぎらず動物の多くは、孤独を多く感じてしまうと、
精神に支障をきたしたり、死んでしまうこともあるんですね。


他の動物がそのような状態なのですから、
人間はさらに孤独にたいして弱いといえるでしょう。


孤独感を生み出す一番多い理由は、
パニック障害を理解されない苦しさからです。


例えば味方であるはずの家族からの理解がない、
親や兄弟、パートナー、親友、同僚などから理解が
得られない、ということによるものです。


パニック障害、パニック発作は経験した人にしかわからない、
なかなか理解されないものです。


その結果、必然的に孤独を強いられ、
自分の内面にこもりがちになってしまうんですね。


そうなってしまうと、パニック発作や予期不安に
飲み込まれる頻度もあがり、悪循環に陥って
しまいます。


ですが、そこから抜け出すひとつの方法があります。
それは、


「自分自身を愛すること、大切にすること」


なんですね。


孤独感からの解消は他者からもらう愛情も大切ですが、
自分で自分を愛する、大切な存在だと認識していうことも、
非常に大切です。


一概に自分を愛する、大切にする、といっても、
いまいちピンとこないかもしれませんね。


今回はひとつ、自分を愛するためのセルフ・セラピーを
ご紹介しましょう。


まず、実際の方法ですが、


1)イスに座るなどして、呼吸を安定させる

2)自分の目の前に3~4歳くらいの小さな自分がいるのを
 イメージする

3)目の前の小さな自分に、

「あなたはとてもがんばっているよ」
「あなたの気持ちはよくわかっているよ」
「とてもつらかったね、寂しかったね」

という温かな言葉をかけてあげる

4)何回か言葉をかけてあげ、目の前の小さな自分が
 楽になったと感じたら、そのまま抱きしめてあげる

5)抱きしめてあげた小さな自分を、いまの自分の中に
 溶け込ませていくような感じで受け入れる

6)場合によっては気持ちが落ち着くまで、
 1~5をくり返す



となっています。


これを何回かくり返していくと、自分のなかに温かさが生まれ、
ちょっとづつ安心感が増えていきますので。


孤独感を解消してパニック障害の完治、改善を
目指すため、ぜひうまく上記の方法を取り入れて
みてくださいね。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害から身を守る自己暗示とは?
◆薬を飲まないと完治できませんか?
◆体重増加は危険なサインかもしれません
2016.09.29 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「死生観」という言葉があります。


この「死生観」というのは、死を通した生の見かたのことを言い、
主に宗教から派生した言葉です。


あなたはこれまで、「死」というひとつの現象を、
意識したことがあるでしょうか?


「死」というのはある意味タブー的な扱いを受ける
ことがあるので、人前ではなかなか話せないかも
しれませんね。


または、「死」という現象が持つ漠然とした怖さから、
意識的に考えないかもしれませんね。


この「死」という概念はさまざまなことが言われており、
一概に説明できるものではありません。


私三木は無宗教ですが、それこそ宗教の世界では、
「死」の概念については千差万別でしょう。


実は、この「死」という概念、現象からパニック障害を
紐解いていくと、あるカラクリが見えてきます。


このカラクリを知り、理解していくことで、ひとつの
パニック発作の不安解消につながることがあるんですね。


まず、そのカラクリを知る前に、
パニック発作自体のことを理解しておかなければなりません。


「パニック発作を起こしたくない」

「パニック発作の事を考えると不安で仕方がない」


というようなことを感じたり考えることがあるでしょう。


多くはパニック発作が起きてしまうこと、起きそうな
気配がすることに不安や怖さを感じたりしますが、
本当の不安や怖さはパニック発作が起きることではありません。


本当は、その先にある、パニック発作が起こって
しまったことで起こるかもしれない「死」の怖さ、
不安に怯えています。



ひとつお約束をしますが、パニック発作によって
死ぬことはありません。


パニック発作によって命を落とすことはありませんので、
それをまずは踏まえていただければと思います。


人はこころの根底に「死」への怖さ、不安があるからこそ、
パニック発作を起こしたくない、という気持ちが
沸き上がります。


誰でも「死」という現象は怖く恐ろしく感じるものです。


ですが、よくよく考えてみれば、命をもつ生物であれば、
「死」というのは最後にたどり着くゴールでもあります。


ガンバってきた身体、魂を労わる、癒すために、
生物にとって用意された最終地点でだと考える
こともできるんですね。


その観点から考えていくと、「死」という概念から派生する
感情でパニック発作の怖さや不安があるのであれば、
「死」というものを当たり前にある最終ゴール、労り、
癒しへの旅と考え受け入れていくことで、パニック発作
への怖さや不安が薄らぐのではないかな
、と考えています。


最初にいったカラクリとは、「死」という概念があるからこその、
パニック発作への不安や怖さ。


しかし、その「死」を当たり前と感じ、恐ろしいものではなく、
魂の労りの旅なんだと感じること、考えてみることで、
パニック発作への認識が変わるのではないかな、と
思うんですよね。


“森田療法”という心理療法があります。


この森田療法の重要であり大きなポイントは、


「あるがままを受け入れる」


と説いています。


「死」という概念も同じく、あるがままを受け入れてみること、
最終地点であり魂の癒しの旅なんだと考えてみること。


そのような考え方からパニック障害を見ていくことで、
パニック発作や予期不安などの状態に、それほど
怯えることがなくなるかもしれませんね。


パニック発作への考え方として、
ひとつの参考になれば幸いです。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆過呼吸で窒息すると思っていませんか?
◆○○ことが不安の解消には有効です
◆パニック障害完治を実現させる確実な方法とは?
2016.08.10 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |