パニック障害「完治」の秘訣。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害を完治、改善させていく
ためには、絶対に必要な考えがあります。


ひとつのマインドセットになるのですが、
これを常に意識しておくことで、身体は
パニック障害を撃退しようと躍起になる
ものです。


それはパニック障害を完治、改善させる
原動力となり、あなた自身を助けてくれる
力強い存在なんですね。


そしてこのマインドセットは実は当たり
前に持っていなければならないものであり、
完治を目指していくならなおさら必要に
なるもの
です。


ではいったい、完治への原動力となり
当たり前に持っていなければならない
マインドセットとは何なのでしょうか?


それは、


“パニック障害の完治を諦めない勇気”


なんですね。


この諦めない勇気というのは、単にパニック
障害を必ず治してみせる!という強い気持ち
だけではありません。


パニック障害が起きた原因は自分の中にある
という責任を認識することでもあります。


ここでいう責任というのは、


・自分を優先せず他者を優先していた自分

・他者からどう見られているか?気にばかり
していた自分

・自分の身体とこころをいたわらず無理ばかり
させていた自分

・完璧、完全にしなければと考えていた自分

・積み重なったストレスを見ないようにして
いた自分



などなど、意識的であれ無意識であれ、
こころや感情を抑えつけ傷つけていた
自分を自覚すること
なんですね。


パニック障害は外部的な要因、例えば
ストレスやトラウマなどによって発症する
ことは多いものです。


苦しくて嫌でツラいことを味わってしまい、
それが限界を超え、パニック発作が起こって
しまうという状態ですね。


しかし、外部的な要因というのはあくまで
外部からの刺激でしかありません。


その刺激に対してツラさを感じたり苦しく
なっているのはあくまで自分自身
です。


違う言いかたをするとあらゆる刺激に
対して自分でツラさや苦しさを味わおう
としていると言えるんですね。


外部から同じ刺激を受けてもツラさや苦しさ
を感じない人もいます。


受け流す人もいれば最初から聴き入れない、
弾き返す人もいます。


何とも思わない、それはそれでこれはこれ、
と自分をコントロールできている人もたくさん
いるんですね。


そういった刺激を受け入れない、弾き返すことが、
とても大切であり、あくまで嫌な気持ちやツラさを
感じようとしているのは自分自身だと腑に落とす
ことが重要
です。


完治や改善を諦めない気持ちを持つこと、
パニック障害を引き起こしているのはあくまで
自分だという自覚を持つこと。


このマインドセットが出来てはじめて、
完治や改善への道が開かれていきます。


いったい自分はどのようなことを聴き入れ
やすいのか?どのようなことがストレス
となりやすいのか?


自分のことを分析し、自分のことをしっかり
把握しておくことはとても大切です。





↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆人を使ったパニック発作の対処法とは?
◆思い込みで完治を先延ばしにしていませんか?
◆人生を行きやすく素晴らしいものにする方法
2017.11.21 20:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


大まかに分けると根本的な人間の
性格には、


「ネガティブ」

「ポジティブ」


という2つがあります。


これは“生まれつき性格(気質)」ともいえる
もので、どちらかが良い、悪いということでは
ありません。


ネガティブ気質の人はネガティブに逆らわない
生き方が望ましいですし、ポジティブ気質の
人はポジティブな生き方が望ましいものです。


パニック障害においてポジティブ気質が良い、
ネガティブ気質が悪い、ということもありません。


ですがひとつ、


“ネガティブ思考”


だけはパニック障害、パニック発作に
大きく関係してきます。


ここでいうネガティブ思考というのは、悪い方へ
悪い方へと考えをどんどん進めていってしまう
事なんですね。


パニック障害を完治、改善させる、パニック発作
を起こさないようにするためには、この、


ネガティブ思考を変えていく


必要があるんですね。


ネガティブ思考というのは、いわば自分を
縛り付けてしまう鎖のようなものです。


この鎖に縛り付けられてしまうと、
前向きな気持ちを持てなかったり、
行動が止まってしまったりと、良い
方向へ進むことがありません。


ですのでこのネガティブ思考を反転させ、
そこに陥らないようにしていく必要が
あります。



ネガティブ思考を適切な思考に切り替えるコツ



ネガティブ思考は違う言いかたをすると、
100-0思考やマイナス思考といった
呼び方があります。


100-0思考というのは白黒思考とも
言われ、100点か0点か?という
極端な考えかたのことですね。


常に100か0かで物事を見るのはとても
疲れますし、考えかたが偏りすぎて
しまいます。


そのようなネガティブ思考を修正する、
変化させるコツについてお話していきましょう。


■身体の姿勢から思考を切り替える


前屈気味だったり猫背であったり、
下を向いていたり、姿勢が悪いと
ネガティブ思考は増殖する傾向があります。


ですので普段から出来るだけ姿勢を正す、
真っすぐにする習慣を持ちましょう。


人間は真っすぐな姿勢、胸を張った状態で
ネガティブな考えを持つことはできません。


この特徴を利用して普段から姿勢を正し、
ネガティブな考えを切り替えていきましょう。


また、姿勢を正すと呼吸もしやすくなり、
過呼吸などの予防にもなります


■100点ではなく50点を許容する


100点を取ろうというのは完璧に、完全に、
という気持ちが無意識で働いています。


また、その裏には完璧でない自分は
価値が無い、完全に出来ないと認めて
もらえない、などの心理的な葛藤が
あります。


そもそも完璧に完全に出来る人間は
いませんので、どこかの段階で無理が
生じてきます。


結果、それが元でパニック発作が起きる
ということがあるんですね。


これは練習が必要になりますが、完璧や
完全を止める。100点ではなくわざと50点を
取ることを意識していく。


完璧、完全という鎧を脱ぎ、出来ないやれない
自分を認めていく。


それを習慣にしていくことで、ネガティブ思考の
呪縛から外れていくでしょう。


■気分を変える習慣を持つ


ネガティブ思考、マイマス思考から抜け出す
には何かしら気分を変えるものを持つことも
大切です。


気分を変えるもの、例えば趣味や特技、
やっていて心地よいことや気分が上がる
ものですね。


マイナス思考にプラスのことをぶつける
ことで相殺され、マイナスがリセットされます。


ですのでマイナスな思考に囲まれたら、
出来るだけ気分が上がること、心地よい
ことをする、楽しむことが重要です。


ネガティブ思考はデメリットばかりで
メリットはなにもありません。


そしてそれにともない発作も連動して
しまう事があるので、なおさら不要な
ものです。


今回お話したことをヒントに、できるだけ
ネガティブ思考から抜け出すことを
意識していきましょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
「まさか!?」と思うことがパニック障害の原因かもしれません
◆過呼吸発作を正しく落ち着かせる2つのポイントとは?
◆パニック障害改善の意外な即戦力とは?
2017.11.17 10:00 | こころのコラム | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「生活習慣」


という言葉がありますが、これは文字通り、
日常の生活における習慣のことを指します。


習慣というのは食事や嗜好品の内容で
あったり趣味であったりと、今の生活の
なかで一部になっているものですね。


日常の生活において、あなたはどのような
習慣がありますか?


そして実は、いろいろある生活習慣が
パニック障害を助長させているとしたら。。。


ちょっと気になってしまいますよね。


いったいどのような生活における習慣が、
パニック障害を助長させてしまうのでしょうか?



意外と無視してしまいがちな生活習慣



パニック障害はこころの病ではありますが、
実は生活習慣に多々影響を受けることが
あり、無視できない問題でもあります。


ですが、それと気がつかずに何気なく
いつも通り変わらない習慣を持っていると、
パニック障害が改善どころか助長してしまう
可能性があるんですね。


そうなるといくらパニック障害の完治、改善を
目指していても本末転倒になってしまう恐れが
あります。


そうならないため、どのような生活習慣が
パニック障害に影響を与えるのか?
知っておく必要がありますね。



完治を妨げる3つの生活習慣とは?



場合によってはパニック障害の完治や改善を
遠ざけてしまう生活習慣。


それはどのようなことが該当するのでしょうか?


ここからはその種類について見ていきましょう。


1)タバコを吸うこと


タバコは百害あって一利なしとは良く言われる
ことです。


それだけ身体に大きな影響を及ぼし、
色々な臓器を傷つけてしまうんですね。


また、タバコを吸う人は吸わない人に比べて
パニック発作の発症率が4倍以上とも言われて
おり、非常にキケンとも言えますね。


タバコはストレスを軽減する働きがあるとも
言われていますが、それは一瞬のことであり、
吸い続けない限り軽減されないという事態に
陥ります。


身体の臓器や血管なども傷つけ依存性の
あるタバコ。


パニック障害の完治や改善を妨げる
ものとして、禁煙を考える必要があります。


2)チョコレートやケーキなどの甘いもの


チョコレートやケーキ、甘いお菓子なども
ストレスが軽減されたり気分転換になる
と言われています。


ですが、チョコやケーキなどに含まれる
精製された砂糖がパニック障害には
非常に悪いものとなります。


砂糖というのは非常に高い興奮作用が
あり、その興奮作用によってストレスが
軽減されたと錯覚してしまうだけなんですね。


興奮作用というのは砂糖によって脳が
刺激され、それにともない過呼吸気味
になったり心臓のドキドキ感が生まれて
きます。


また砂糖が引き起こすものとして低血糖症
がありますが、これもパニック発作の苦しみ
ととても良く似ています。


甘いものが好きな人は多いでしょうが、
砂糖の甘さではなく果物や甘酒など、
自然な甘味を摂ると良いでしょう。


3)運動をまったくしていない


運動不足というのもパニック障害と
関係があります。


適度に身体を動かす、筋肉を適度に
刺激することは脳にとっても良い刺激
となり、同時に筋肉もつき身体を適切に
保つことにつながります。


身体を動かすことは精神的な安定にも
つながるという研究データもありますので、
実はとても大切なことなんですね。


また、筋肉のつき具合というのは自信に
直結していますので、筋肉量が多い人
ほど自分に対して自信があるものです。


パニック障害が発症する人はかなりの
確立で自信が無い場合が多いので、
いかに筋肉をつけるか、維持するか、
大切な要素となります。


激しい運動は必要ないので、できるだけ
ウォーキングやジョギングなどの軽めの
有酸素運動を取り入れることが大切です。


私のクライアントさんにも上記のことをお伝えし、
すすめてもらったところ、パニック障害が劇的に
改善した例が多くあります。


それだけタバコを吸わない、砂糖を摂らない、
運動する、というのは重要なことなんですね。


いきなりすべておこなうのは厳しいかも
しれませんので、まずはできることから
手をつけてみる、ちょっとずつ進めていく
のが良いでしょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆発作が起きるタイミングに気づいていますか?
◆パニック発作の対処に重要な3つの注意点
◆パニック障害完治の大きなキーワードは3つあります
2017.11.10 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害が発症してしまう、引き起こされて
しまう原因というのは、千差万別です。


小さなストレスの積み重ねもあれば、
幼児期や幼少期のトラウマ、両親から
受け継いだ感覚など、様々です。


そのなかでも一見見落としがちな
原因があります。


専門家もあまり指摘しないところであり、
大部分の人が知らないことかもしれない
部分なんですね。


パニック障害はあらゆる角度から原因を
調べ、そしてその原因を取り除く、解消
していくことが大切です。


ですが、ちょっと特殊な原因も中にはあり、
パニック障害の完治を難航させてしまう
要因のひとつでもあるんですね。


ではいったい、パニック障害の完治や改善を
難航させてしまう可能性のある原因とは
なにか?


それは、


「遺伝」


なんですね。


「遺伝」というのはなんらかの特性や形質が
親から子どもへ受け継がれることを言います。


たとえばですが、両親のどちらか、もしくは
片方が不安を強く感じてしまう体質であったり
心配症であると、その特性が子どもに
引き継がれてしまう、ということです。


もちろん全員が全員に引き継がれてしまう
ことはありませんが、その可能性はある程度
はあります。


もしあなたがパニック障害を起こした原因が
見つからない、ピンとこないのであれば、
そこには「遺伝」という隠された答えが
あるのかもしれません。


「ええ!?もし遺伝だったとしたら治らないのでは?」


と心配になる人もいるでしょう。


ここで言う「遺伝」というのはDNAに刻み込まれて
いるとか、脳という臓器になにか問題がある、
というわけではありません。


あくまで親が持っていた特徴や特性を
受け継いでいる
、というだけです。


ちょっと違う言いかたをしますと、親の言動や
行動などを子どもは見て育ちますので、
それを模範してしまう
んですね。


両親が何事にも常に心配をアピール
していたら心配を強く模範することに
なるでしょう。


同じく何事にも不安をアピールしていたら、
不安を強く模範してしまうかもしれません。


そして親にパニック障害があり、その状態を
常に見ていたとしたら、パニック障害そのもの
を模範してしまうこともあり得ます。



子どもは親から大きな影響を受けるもの
ですが、親だけとは限らず親戚や知人、
兄弟、見た映画やテレビからも模範して
しまうことがあるんですね。


もしあなたのパニック障害が「遺伝」的な
ことから影響を受けているのであれば、
もちろんそれを解消させていくことは可能です。


親や親戚など、自分の模範となってしまった
人に対しての感情、感じていたことなどを
解消させていくことで、パニック障害の
完治、改善がスタートしていきます。


この部分は専門家のカウンセリングを
遠し、見極めて解消させていくのが
ベストです。


パニック障害を適切に完治、改善させて
いくために、親や知人などからの影響を
受けていると感じたら、ぜひ下記まで
お問合せくださいね。

↓↓↓↓↓↓↓

「お問合せフォーム」
https://form.os7.biz/f/b6065889/




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆なぜあなたにパニック障害が発生したのか?
◆話をきちんと聴いてもらえるとパニック障害は解消します
◆ストレスから逃れる3つの選択肢とは?
2017.11.05 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「自分を追い込むクセ」


がある人は結構多いものです。


一生懸命にガンバって物事をこなそうとし、
ほぼ完全完璧を求めてしまうような人
ですね。


一生懸命に物事をこなそうとしてるのは
素晴らしいことなのですが、あまりの
ガンバリは身体が疲弊しきってしまいます。


そして、そのクセによってパニック障害の
改善が遠のいている人は多いもの
なんですね。


一生懸命にガンバってやる、という行動は、
自分のこころからの意思で行っていることは
とても少ないものです。


その多くは小さな頃、両親からの影響を
受けており、本心は違うのだけど、やらざるを
得ないということが多々あります。


それは大人になればなるほど顕著に
表出し、その呪縛から抜け出しにくく
なっているんですね。


小さな頃の体験や経験が大人になって
からも影響してくるのですから、結構
恐ろしいものがありますよね。。。


一生懸命ガンバって物事をこなそうとする
人のこころの奥底には、


「一生懸命やれない自分は価値が無い」

「ガンバってやらないと認めてくれない」

「完全にできないと愛されない」



というような価値を認めてもらうため、
愛されたいという欲求があります。


そしてそれはパニック障害の人は
強くもっていることが多い
んですね。


その多くは小さな頃、何かをガンバってやると
親から認められたり、完全にできたから愛された、
という経験があります。


それを大人となったいまも懸命に守り、
やりこなそうとするんですね。


すでにもう十分大人であるのに、ここから
抜け出せず疲弊しきってしまう人は本当に
多いものです。


この一種の呪縛を解き、パニック障害を
適切に改善させていくには、


“いい加減さ、手を抜くことを覚える”


ということがとても重要になります。


100点を取るのを止めて、わざと60点を
取るように努力する。


出来ない自分でも十分愛される価値があり、
愛される資格は十分にある、ということを
腑に落としていくことが大切です。


日常のなかでいい加減さを許容する、手を抜く
ことを習慣にして新たなクセにしていくことで、
パニック障害の改善は近づきます。


もし物事を一生懸命に行っている、手を
抜けないなどがあれば、まずは手を抜く
努力をしていくのが良いでしょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック障害を完治したあと何をしたいですか?
◆「気づく」ことでパニック障害の完治は加速する
◆家族はどうパニック障害に向き合えば良いか?
2017.10.31 21:00 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |