パニック障害「完治」の秘訣。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あるひとつのストレスがパニック障害の
改善を止めてしまうことがあります。


人間はなにもしなくても、日々色々な
ストレスを受けているものです。


例えばですが、


・人間関係でのストレス

・育児でのストレス

・仕事によるストレス

・パートナーに対してのストレス

・親子関係でのストレス

・何かしらの痛みによるストレス

・気分の落ち込みなどによるストレス



などなど・・・・


上記がすべてではありませんが、
本当にいろいろなストレスにさらされています。


この世界はストレス社会とも言われるように、
ストレスが満ち溢れているんですね。


さて、そんなストレスのなかでも特に、


「パニック障害の改善を止めてしまうストレス」


というのが存在します。


これは個人差がありすべてとは言えません。


ですが、パニック障害の改善が止まっている
多くの方が経験されているのもまた事実
なんですね。


ではいったい、パニック障害の改善を止めて
しまう、弊害になる可能性があるストレスとは
なんでしょうか?


それは、


“周りの人から理解されないことによるストレス”


なんですね。


周りの人というのは例えば、親や兄弟、旦那様や
奥さま、お子さん、親戚、友人や知人という
身近に存在している人たちのことです。


パニック障害というのはそもそも、なかなか
周囲には理解されがたいものです。


場合によっては、


「ただ怠けているだけだ」

「しっかりしていないからダメなんだ」

「怖いとか不安とか意味がわからない」

「もっとシャッキリしろ!」



というようなことを言われてしまい、
余計に焦り深みにはまってしまう
こともあります。


信頼している、信用を寄せている人たちに、
そのようなことを言われては傷つきますし、
力も抜けてしまうでしょう。


モチベーションも下がってしまい、
気力自体も落ちてしまうかもしれません。


ではそんなとき、どうすればいいのでしょうか?


周りの人から理解されないストレスを解消
していくために、できることは何でしょうか?


これは私三木からの提案ですが、
方法は2つあります。


まずひとつ目は、


“理解して欲しい人と一緒にカウンセリングを受ける”


というものです。


いま現在の状態、いま身体に起きていること、
パニック障害とはなにか、など、カウンセリング
を一緒に受けてみることで、理解がとても進みます。


とくにパニック障害の専門家であれば、
より詳しい状況をお伝えすることができます。


なかにはパニック障害そのものを根本から
勘違いしている方もいるので、そういった
間違いなどを取り除く効果も望めます。


信頼している、信用している人の理解を
すすめるのであれば、一番確実な方法です。


提案のふたつ目は、


“周りに理解されなくても、
    パニック障害の改善はできることを知る”



というものです。


周りの人の理解を得られたほうがもちろん
良いですが、場合や状況によっては難しく、
厳しいときもあるでしょう。


そのようなときは無理に理解をすすめて
いくのではなく、どのような状況に置かれても、
パニック障害の改善はできる、と知ることです。



苦しいときもツラいときもありますが、
それでもなお前に進み続けていく。


自分自身のことを信頼、信用し、
パニック障害を改善できる力があることを知る。


周りの人の理解がなくても、パニック障害を
改善してきた人たちはいます。


その人たちも最初は孤独を感じ、ツラく、苦しく
前にすすんでいきました。


最後の最後は自分を信じ、すすんだ結果、
パニック障害を完治させた人もいるんですね。


理解されようと理解されまいと、パニック障害を
完治、改善させていくのは自分自身です。


それを理解したうえで徹底的に行動した人は、
最終的には完治、改善というゴールに
たどり着きます。


まずは、自分の周りの人たちは理解して
くれそうか?という確認から始めて、
動いてみるのが良いでしょう。


今回お話した提案が、あなたの未来に
つながれば幸いです。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆「○○感」を否定する必要はまったくありません
◆ひとりで出来る予期不安の解消法とは?
◆自分からパニック障害を強めていませんか?
2017.06.18 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


このブログを更新していますと、いろいろと
貴重なご意見をいただくことがあります。


いただくコメントはすべて承認制となっており、
すべてに目を通させていただいております。


日々このブログにはいろいろな方が訪問
されており、感じること、考えることなど、
千差万別といっていいでしょう。


コメントを掲載するか否か?は私三木ヒロシ
の判断とさせていただいております。


コメントなどをいただきご意見をいただく
ことは励みにもなりますし今後の参考に
させていただくこともあります。


どのようなご意見でも真摯に受け止め、
貴重なものとしてとらえております。


ですがただひとつ、


不毛な言い争いになりそうなものや、
こうすべきと持論を展開してくるもの



につきましては、コメントを掲載させて
いただくことはございません。


理由としましては、


・不毛なやり取りは何も生み出さない

・不毛なことに割く時間がそもそも無い

・ブログ上で個人的なやり取りをするのは、
 このブログの主旨ではない



という考えがあるからです。


また、コメントで激しくご意見をされる方は、


“ご自身がパニック障害を改善できない
   悲しみを怒りに反転させ、それをぶつけてくる”



ことがわかっているからです。


パニック障害が改善しない、完治して
いかないのには、それぞれ理由があります。


おこなってみたこと、やってみた改善への
行動が適切ではなかったかもしれません。


改善途中で投げやりになってしまい、
恨むほど苦しいのかもしれません。


ですが、とても大切なことは、


“そういった自分の中の悲しみに向き合い、
   怒りではなく前にすすむ原動力にすること”


だと感じています。


このブログの内容についてどう思うか?
は、読んでいただいた方の考えや感じかた、
それぞれに委ねています。


これからもこのブログを通し、いろいろな
考えを持つ方、感じる方がいらっしゃるでしょう。


すべての方の胸に響かなくても、賛同して
いただける方のみ、参考にしていただければ、
と思っています。


今回はパニック障害改善に向けての内容でなく、
コメントについての内容となりました。


貴重なお時間を使い読んでいただいたこと、
深くお詫び申し上げます。


これからも一人でも多くの方が、パニック障害
から抜け出せるよう、内容を充実させて
いきますので。


どうぞ、よろしくお願いいたします。


いつもありがとうございます。


↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック
2017.06.15 21:11 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


なにか物事が起こった、ということは、
それが起こるまでのプロセス(過程)
があり、起こらざるを得ない原因があります。


原因によって物事は生まれ結果が生じます
ので、それは当然のことでもあります。


パニック障害も原因がありその人に発生する
過程がありますので、自分のなかにある原因に
気づくこと、知ることは最終的にはパニック障害
の完治への大きな動線になる
んですね。


原因がわかれば、あとはそれをどのように
対処していくか?解消していくか?という
ことをすすめていくだけですので、ある意味
完治への道のりはそう遠くないでしょう。


ですが、原因がさっぱりわからない、まったく
身に覚えがないと完治までの道のりは遠く
感じてしまうかもしれません。


実は、パニック障害の多くの方がパニック障害の
原因がわからないという現実があります。


そして、そのほとんどが原因を見ないよう、
気づかないよう隠しているという現実が
あるんですね。



その多くは原因を直視したくないという気持ちだったり、
原因を認めたくない、という思いから発生している
ことがほとんどです。


こころの深い部分に触れていくことにもなります
ので、勇気をようすることでもあります。


さて、今回は触れてしまうのが怖い、場合に
よっては勇気を必要とする原因の探し方を
お話していきましょう。


原因をさぐり、いますぐどうこうするというのでは
なく、自分のなかで把握しておく、理解しておく
だけでも大きなメリットになりますので。


パニック障害の原因の探しかた



パニック障害の原因を探すには、
必要なものはそれほどありません。


紙やノートといった書くもの、ペンや
鉛筆といった書きだすものくらいですね。


まずはそれらを用意しましょう。


用意をしたら、


1)これまで生きていた中で嫌だったこと、
 苦しかったこと、ツラかったことを思い浮かべる

2)思い浮かべたらひとつずつ紙にどのような
 状況だったか?どういうことがあったのか?
 書き出していく

3)思い浮かぶだけ思い浮かべ、ひとつ残らず
 紙に書き出していく

4)とりあえず書き出し終わったら、書き出した
 内容をひとつずつ再度見て、そのときの
 状況や環境、思っていたことなどをありあり
 と感じてみる

5)そのなかでも特に嫌なこと、きつかったことを
 ピックアップし、なにがそれほど嫌だったのか?
 を細かく書き出していく

6)なにが嫌だったのかを細かく書き出したら、
 毎日の生活のなかで似たような嫌な感覚、
 いやな気持になるものはあるか?確認する

7)もし日常のなかで似たような同じような嫌な
 感覚があれば、それを解消する、取り除く
 ことを考え、できることであれば実行する



というように、1~7まで実践していきましょう。


パニック障害の原因の多くは、昔受けたトラウマ、
幼少期の親との関係のなかでの傷、なにかに
固執した考えかたや感じかた、などです。


自分のなかの内面を深く深く掘り下げていくと、
思ってもみなかったことに行き当たり、苦しさに
直面することがあります。


ですが、大切なことはその直面した苦しさ、
ツラさから目を背けない、逃げないことです。



人はどうしても過去のトラウマやこころの
傷からは目を背けたくなるものです。


これはこころの防衛反応ですので、
ある意味当たり前のことではあります。


ですが、パニック障害の原因を探るとき、
それを解消していくためには、あえて
苦しいものやツラいものを見る必要が
あるんですね。


また、ひとりでそこに向き合うのはツラく、
とても苦しいものです。


そういうときには、ぜひカウンセリングを
受け、一緒に解決していくことが望ましいでしょう。


パニック障害をしっかりと完治させる、
パニック障害の無い未来を手に入れるため、
原因を探りカウンセラーを使いながら進めて
いくことをおすすめします。


カウンセリングのご依頼はこちらから ← クリック




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック発作を抑える「ポージング」とは?
◆「腹が立つ」を抑えてしまうと危険です
◆パニック障害の完治には「心持ち」が重要です

2017.06.09 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の症状にはいくつか種類があります。


起こる症状というのはほとんどがひとつだけ
ではなく、複数同時に起こるものなんですね。


なかには、


「これもパニック障害の症状だったのか」

「パニック障害ってこんな状態になるんだ」


というように、自分自身がパニック障害で
ありながらも、症状自体理解していないことも
少なくありません。


パニック障害の症状を理解する、知ることは、
実はその元にあるパニック発作の解消や、
緩和に役立ちます。


「敵を知り己を知れば百戦危うからず」


という言葉があるように、敵(パニック発作)を
知り、己(どうすればいいか)を知ることで、
パニック発作自体をコントロールしやすく
なるんですね。


そのためにも、ある程度のパニック発作、
パニック障害の症状を知る、理解して
おくことは有効なことです。


ここではちょっと基礎に戻り、パニック障害の
症状についてお話をしていきましょう。



パニック障害(パニック発作)の症状一覧



身体に湧きあがる症状としては、


・激しい不安感や恐怖感

・強い動悸がする

・うまく息ができない息苦しさがある

・息が普通に吸えない(過呼吸)

・冷や汗がでる

・めまいがする

・身体全体が震える

・手や足などが震える

・口がカラカラに渇く

・手や足がしびれたりうずいたりする

・顔や身体が火照る、もしくは悪寒がする

・吐き気やお腹の痛みがある

・胸の不快感や痛みがある

・多量の汗をかく

・気が遠くなったりふらつく

・自分が自分でない、現実感を失う

・自分がコントロールできないという焦り



などが起こりやすいパニック発作、
パニック障害の症状です。


確認してみると、あなたもいくつか
当てはまっているかもしれませんね。


パニック発作、パニック障害の症状はどれも
苦しいものです。


これらが頻繁に起こるとなると落ち着かなくなり、
到底リラックスなんてできませんよね。


ここからは、なにをどうすれば?このような
苦しいパニック発作から抜け出すことが
できるのか?


ちょっとしたポイントなどをお話していこうと思います。



パニック発作から抜け出すポイント



パニック発作から抜け出すポイントとして、
大きくわけて2つあります。


それは、


1)姿勢をただし、しっかりと呼吸に集中する

2)パニック発作を強めているのは自分だと理解する



というものです。


ひとつずつご説明をしていきましょう。



1)姿勢をただし、しっかりと呼吸に集中する


呼吸のことはずっとお話していることであり、
なによりも重要なことです。


呼吸というものにしっかりと意識を向け、
呼吸によってパニック発作から抜け出せる
ということをしっかりと把握しなければなりません。



パニック発作の症状に陥ってしまうのは、
ある意味呼吸に意識が向いていないから
言えるんですね。


パニック発作が起きてしまうとそれに集中して
しまい、自分で自分をコントロールできずらく
なります。


ですが、日ごろから呼吸を意識しておくと、
いざというときに普段通りの呼吸ができる
ものです。


姿勢を正すことを忘れずに、しっかりと
呼吸を意識するようにしましょう。



2)パニック発作を強めているのは自分だと理解する


パニック発作というのはひとつの特徴が
あるのですが、それは、


“発作を意識すればするほど強くなる”


というものです。


発作の症状がだんだんと強くなってきたり、
うまくコントロールできない裏側には、
発作を強く意識していることが挙げられます。


強く意識する、というのは発作に対し、


「執着している」


ともいえるものです。


まずは落ち着き、


「発作を強めている、抜け出せないで
   いるのは自分でそうさせているからだ」


といまの自分を理解することがとても
大切です。


自分を理解することで落ち着きはさらに
強くなり、結果的にパニック発作自体は
弱まっていきますので。


ぜひ、自分に起きているパニック発作の
症状を確認し、適切に対処していく、
日ごろから考えて取り入れていきましょう。





↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆2回のカウンセリングでパニック障害が完治した理由とは?
◆「悪の感情」はパニック障害に影響を与えます
◆カウンセリングを受けても効果を得られない理由とは?
2017.06.05 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害と共に「過呼吸発作」
併発している人は多いものです。


「過呼吸発作」とは突発的に呼吸がうまく
できなくなってしまい、場合によっては
死の恐怖を感じるほどの呼吸障害のことです。


人間はもちろんですが、動物は「呼吸」によって
生命を維持していますので、これがうまくできず
死への恐怖を感じてしまうのは、無理のない
ことかもしれませんね。


さて、多くの人が陥り苦しい思いをしている
「過呼吸発作」ですが、これをうまく解消
させるために、


“2つのポイント”


を知っておく必要があります。


今回お話する内容は、過呼吸発作を正しく
落ち着かせるために必要なポイントですので。


ぜひ、今回の内容を意識していただきまして、
過呼吸の対処に役立てていただければ、
と思います。


ではさっそく、2つのポイントについて
お話をしていきますね。


いかに焦らないか?



まず1つ目ですが、


「いかに焦らないか?」


というのがポイントになります。


いきなり呼吸がうまくできず、息を正しく
吸えなくなると、まず十中八九混乱し、
「焦り」という感情が生じます。


「焦り」という感情は自分の本来の力をダウン
させ、正常な働きを抑えてしまいます。


過呼吸発作が起きてもいかに焦らないか?
コントロールできるようになると、過呼吸に
対する怖さも減ってきますので。


では、どのように「焦り」という感情を
湧きあがらせず、コントロールすれば
いいのでしょうか?


それにはひとつのコツがあります。
それは、


「普段から意識をそらす練習をしておく」


ということなんですね。


意識をそらすとは、例えばですが、


・自分はもちろん、親や兄弟、家族、友人、知人などの
名前と生年月日を思い出しながら口にだしてつぶやく

・足し算、引き算など簡単な暗算をとく

・ミンティアやフリスクといった刺激のある
ものを口に含む

・誰でもいいのでいろいろな会話をする

・周囲にあるものを見ながら、なんという名称か?
思い出しながら口でつぶやく


といった、自分の意識をまったく他のところへ
向けてしまう方法です。


「焦り」に集中してしまうとますます混乱
してしまい、自分のことがコントロール
できず、過呼吸に飲み込まれてしまいます。


そうならないため、まずは意識をしっかりと
他に向けることを身につけることが大切

なんですね。


過呼吸発作が起きそうな感覚というのは
経験するとある程度わかってきますよね。


少々嫌な感じがするかもしれませんが、
その感覚をすこし思い出し、頭のなかで
シュミレーションしてみる。


「焦り」という感情を湧きあがらせず、
うまく対処できると、2つ目のポイントに
入りやすくなりますので。


息をまずすべて吐き出すことに専念する



「過呼吸」というのは、違う言いかたをすると、
息を吸おう吸おうとしてしまう状態のことです。


人間は息がうまくできないと、咄嗟に息を
吸う習性があります。


これは酸素が体内に入っていかないと身体機能
が停止してしまうため、ある意味本能的な行為です。


ですが、「過呼吸発作」のときはあえて
息をすべて吐き出すことに専念することが
重要
なんですね。


肺のなかにあまり空気が入っていなくても
かまいません。


まずは出来うる限り、息をすべて吐き出します。


すべての息を吐き出し終わったら、あとはほぼ
勝手に空気が入ってきますので、存分に
空気を吸いましょう。


そしてまた、目いっぱい息を吐き出します。


何回かこれをうまくくり返すと、過呼吸は
起こらずだんだんと落ち着いてきますので。


そうなったとき、はじめて身体の緊張が解け、
楽になっていきます。


いかに「焦り」という感情に集中させず、
まったく違うことに意識を向けてしまうか?


意識をほかに向け焦りが落ち着くと、
思考を働かせることができるようになります。


そうして、息をまずはすべて吐き出してから
息を吸うことをうまくくり返していくと、
過呼吸発作に飲み込まれませんので。


いま現在、過呼吸発作で苦しんでる方。


ぜひ本日お話をした内容を意識して、
普段から取り入れてみてくださいね。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック発作を起こさないとても簡単な方法とは?
◆親への怒りをそのままにしていませんか?
◆あなたはパニック障害完治に疑問をもっていませんか?
2017.05.29 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |